TopRSS管理
メラノーマのパインちゃん報告
皆さまがご心配と応援を頂いておりますダックスのパインちゃん。残念ながら転移が始まってきたようで左右の首に大きなしこりが出てそれが日増しに大きく硬くなってきています。リンパ腫との事。いずれこのしこりが左右繋がって首を絞めてしまう状態になると息も苦しくなり食事も喉を通らなくなりその時には決断しなければならない時が来ると先生から言われています。昨日譲渡会場に皆様にお顔を見せに来てくださいました。つややかな毛並みになり大人しく尾も振ってくれる姿に何とか快方になるような薬がないかと願ってしまいます。今日の報告では「昨日は食事も食べずしこりがさらに大きくなってきて顔の相が変わって来てしまったようだ」との連絡を頂きました。

息苦しさから昨晩はほとんど眠ることも出来なかったそうです。何でこんな病気になってしまったのでしょう。病院の前にケージに入れられ5匹の犬と置き去りされていた子です。全員めす、繁殖に使われたようなお乳をしています。人間のために過酷な生涯を送らされてきたパインちゃんは今少しの時間をのびのびと温かいお布団の上で愛情を感じながら幸せな時間を過ごしています。少しでも苦しみが軽くなれるように祈る事しかできません。センターから引取って4か月。パインちゃんはこの時間が今まで生きてきた中で一番幸せを感じている時なのでしょう。繁殖犬達の悲惨な末路を人間は反省しなければならないと切実に思います。
[2018/01/23 05:02] | お知らせ お願い お礼等 | page top
旅立ちのお知らせを頂きました
里親様の愛情を一杯頂き安心してお空に昇って行きました卒業犬達のお知らせを頂きました。



ミックス犬「あんこちゃん」
10年ほど前に神奈川県動物保護センターに小田原市で収容された親子が保護されていました。子供の「つばさ君」はママの後ろで怖がり隠れていました。母犬アンちゃんは人懐こく寄って来てくれ2匹を引き取った思い出があります。昨年「もうお別れが近いかもしれません」とお知らせいただき12月3日推定13-14歳の生涯を終えました。麻生区のs様本当にありがとうございました。



テリア系ミックス「ミクロちゃん」
12年ほど前に家族にして頂いたミクロちゃん。先住犬のワンちゃんにお連れした時には怖がって椅子の下に入り込んでしまった記憶があります。でもそれから仲良く今まで大切にお世話していただき先月体調を崩し立ち直ると思っていたところ急変してしまい推定14歳でお星さまになりました。飼主様のMさまは「中国犬肉祭り反対の署名」「楊さん支援募金箱」等中国の犬達にもお心かけて動いてくださいました。また当会の活動にもご理解を頂き沢山のご支援を頂き感謝申し上げております。川崎市中原区のM様、Y様ありがとうございました。



シーズー「エルサちゃん」
繁殖場でリタイヤーされた犬達が「馬小屋」に入れられ病気でも治療もされず死んでいくだけの生活を送らされていた多くのシーズーを個人ボラTさんに2014年に助け出されました。当会も3匹の子を引き取りましたが皆ものすごく体が弱っていて目が飛び出ていた子「さくらちゃん」、子宮蓄膿症の子「もみじちゃん」等もうすでに亡くなってしまった中でエルサちゃんは当時4歳と言われていましたが今年1月10日心臓病で亡くなりました。息を引き取る寸前にも美味しそうにお芋を手から食べている姿を動画で見せて頂き信じられないほどの様子でした。しかしその後苦しむことなく静かに天国に向かったそうです。1年10カ月手塩にかけて育てて頂きました川崎市中原区I様。ありがとうございました。



フレブル「小梅ちゃん」
2006年東京都足立区で収容されたFブルの小梅ちゃんは今日1月19日静かに一生を終えて行きましたとご連絡を頂きました。やはりアレルギー体質の為食事に気を付けて頂きながらそれでも心臓もさほど悪くならず推定14歳の生涯を終えました。そのあともう1匹Fブルのロクちゃんも家族にして頂き幸せに毎日を楽しく過ごさせていただきました。座間市のI様、長い間可愛がっていただき心より感謝申し上げます。



シーズー「チコちゃん」
2018-1-22-1.jpg
11年前に家族にして頂いた小さな可愛いシーズーのチコちゃんが1月10日天国に旅立ちのお知らせを頂きました。S様には今まで3匹のシーズー達がお世話になりました。チコちゃんは肺水腫で危機一髪酸素室に入り4日目に退院し通院をしていたそうです。しかし10日間頑張りましたが力尽きお別れになってしまったそうです。やっと苦しみから解放されて楽になった事でしょう。世田谷区のS様。どうもありがとうございました。まだ2匹の子がお世話になりますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[2018/01/22 07:45] | お知らせ お願い お礼等 | page top
子猫里親募集中
先日、コンタの会の代表様がコンビニの前の車の激しいところで何かが走っているのを確認。慌てて探すと車の下に隠れている白い子猫を発見。相当怖い思いをしたのか胸に飛びついてきたそうです。


">1515756993778.jpg


生後2か月ぐらい、可愛いメスの子猫ちゃんです。
必ず生後6か月の時に不妊手術を受けていただく事、完全室内飼いが条件です。
お申込みは当会のアドレスへ。



2018-2-1追記

譲渡決定しました。
[2018/01/13 15:47] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
「緊急保護先、里親様求」
他団体様が8年前から多頭現場の犬達にエサやり、手術を施しお世話を続けてきました。当時70頭以上に増やしてしまった子達は今まで、里親募集などをしてきて13匹までに減りました。

しかし高齢の飼い主は病気、認知症などで老々介護の状況になっています。糞まみれの中で80歳を超える飼い主は70歳を超える奥様の世話をしています。今回もう限界とのことで13匹「1匹は引き取場所アリ」を保健所に出すとのことを言ってきたそうです。それも今まで良くある話ではありますが8年間その子達をお世話してきた団体様としては何とか1匹でも命を繋げないかと相談を頂きました。

なかなか条件が難しい子達ですがそれでもとお心かけていただける方がいらっしゃいましたらどうぞご連絡をください。

画像クリックで拡大します。

2018-1-13-1.jpg

2018-1-13-2.jpg


コン太の会
http://blog.livedoor.jp/contablog/archives/2161663.html

http://blog.livedoor.jp/contablog/archives/cat_6777.html


2018-118追記
すずちゃん」を「あにまるさぽーときずな」様が引き受けてくださいます。どこの団体様も手一杯の中で有難いです。
[2018/01/13 15:34] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
緊急署名。ゴールデンが撲殺されました。
年明けから辛いニュースが報道されました。中国で飼い犬のゴールデンの女の子「コーク」ちゃんが路上で縛られ警察官に頭が割れるほど殴られ4時間後に死亡しました。警察官は「英雄」扱いだそうです。

このように中国では「動物愛護法」がありません。どんな虐待で犬猫を殺しても罪になりません。皆様がご存知のように「玉林市犬肉祭り」もそうです。路上に大量の血が流れ警察官に人民が抗議しても止めずコークちゃんは死亡しました。

今回のこの虐待行為は今世界中から抗議が来ています。どうぞ署名をお願いいたします。1人の力が集まれば大きな動きになります。何とか中国の動物達を救うために、またこの国の動物に対する対応を変えなければなりません。せめて今出来ることは「署名」協力です。どうかお願いいたします。コメントは日本語で大丈夫です。

「ももこひめ」様のブログより転載いたします。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12342405397.html




[2018/01/10 10:39] | 当会へのお問い合せ | page top
メラノーマのパインちゃん
里親様も決まっていたダックスのパインちゃん。
メラノーマと言う事で譲渡を断念しましたが今お薬を2年半飲ませてそれで再発しなければ完治すると先生からお聞きしました。メラノーマでも薬が効けば1割ぐらいは完治するそうです。嬉しい朗報です。

メラノーマ「悪性黒色腫」と言われればもう余命数ヶ月と思っていましたがきっとパインちゃんは乗り越えてくれると願っていいます。お世話頂いていますk様。どうぞ宜しくお願いいたします。
[2018/01/08 16:36] | お知らせ お願い お礼等 | page top
新年おめでとうございます
皆様、あけましておめでとうございます。

ワンちゃん猫ちゃんとも幸せな新年の正月を迎えられたことと思います。2018年の活動が4日からまた始まりますが早速パグ「モモちゃん」のトライアルの搬送に始まり手術の子達を病院に運ぶ予定が入っています。例年のごとく変りの無い活動ですが1つ1つ丁寧に譲渡へつなげることが出来るようにスタッフ一同頑張ります。どうぞ今年もご協力をお願い申し上げます。

また昨年逃走してしまった柴犬の「まめちゃん」の捜索も引き続き行いたいと思いますのでどうぞ小さな情報でも構いませんのでお願いいたします。センターで年越しをした沢山の子達。元気でいるでしょうか?

今年も「お預協力人」の方が少しでも増えていただく事で引き取りも可能になりますのでご無理のない範囲でご協力お願いいたします。

1月の譲渡会は21日「第3日曜日」横浜市緑山霊園にて開催いたします。どうぞ沢山の御来場をお待ち申し上げます。
詳細は後日掲載いたします。
[2018/01/04 09:28] | お知らせ お願い お礼等 | page top
今年もお世話になりました
早いもので今年もあと2日。毎日忙しく追われていて気が付くともう暮れになっています。

今年は多くの「多頭崩壊」が起きてやりくりしながらの保護活動になりました。1人の飼い主の無責任な飼い方「オスメス一緒に飼育し手術もしない」のために多くの方にご迷惑をかけ挙句の果てに「飼育放棄」をする。このような「多頭崩壊」になる前に解決するような条例を作らなければ今後も増えるでしょう。ただ引きとって「譲渡」するだけでは解決にはなりません。行政の早急な改善が必要です。

今年も沢山の保護犬達が新しい家族を得て幸せな年を迎えることが出来ました。それも皆様のご協力、ご支援があってこそ実現いたしました。動物病院の先生はじめスタッフの方々、お預ボラの皆様、ご寄付、ご支援を頂きました多くの皆様、トリマーさん、搬送協力の方々、イベントを企画していただきましたボラさん、協力いただきました愛護団体様、そして何よりも多くの里親様方の暖かなご支援。皆さま、本当にありがとうございました。

来年は「イヌ年」と言う事で世界中の犬猫他動物たちが大切にされる世の中になってくれることを心より願います。それでは良いお年をお迎えください、そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
[2017/12/29 15:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
最後の日まで迷惑な話
先日ブログにも書きましたJRテリア2匹を放棄した飼い主が再度返してほしいと朝5時から毎日20件以上の電話がかかり引き取ってもいない当会は非常に迷惑を被りました。センターにも県庁にも対処してほしいと言っても何の動きもなく。終いには弁護士から電話がかかり「引き取ってないですか?」と聞いてきました。「当会は引き取りはしていない」と話しました。

しかし28日また神奈川県動物保護センターの譲渡団体全部に「飼い主が引き取った団体さんを探している。返してあげてほしい」とメールが来たため直接弁護士に電話をしました。「先日も引き取っていないと伝えたにも、またこのようなメールが送信されてきて非常迷惑をしている。今後連絡が来るようであれば警察に訴えます」と言いました。

しかし神奈川県もこの様な問題に対しどう考えているのでしょうか?放棄して数日しか経っていないで再飼育希望しているのなら引き取り団体はセンターで把握しているのですから「返してあげてくれ」と言えば終わる話です。こんなに多くの団体を巻き込み約1か月も対処できない神奈川県は今後「愛護団体と協働で生かす施設を作る」などと言っても出来るはずありません。

どこの団体様か知りませんが引き取られた団体は飼い主に犬を返してあげて下さい。そうしなければいつまでも終わりません。長年、一番、犬達にベストなセンターになってほしく頑張って来た当会は今、センターを非難するようなことになり非常に情けない思いです。最後の日まで嫌な気持ちで過ごす当会の立場も考えてほしいです。自治体としての姿勢が問われます。
[2017/12/29 07:43] | 自治体 行政関連 | page top
東京都、神奈川県の愛護団体様へ
いつも愛護活動ご苦労様です。お陰様で東京都、神奈川県では収容頭数も減り徘徊している犬もなくなりました。しかし近県のセンターではまだまだ収容頭数も多く職員の方々も何とか命を繋いであげようと努力をされています。

そして「茨城県動物指導センター」にはこんなに良い子達がお迎えを待っています。どうぞ茨城県笠間市のセンターまで引き取り協力をして頂けないでしょうか?もちろん「譲渡認可団体申請」をして頂きますが其れまでは当会が窓口としてお引き取いたします。

月1回送信されています「譲渡犬情報」を掲載しておりますのでご参考に見て頂けましたら有難いです。
http://npo.seiken-joto.org/0-h291220.pdf

茨城の子は不思議なのですが本当に性格が良い子が多く私たちは「茨城ブランド犬」と名付けているぐらいです。職員の方が1匹1匹性格も良く把握していただいておりますので引き取りも助かります。どうぞ少し距離を伸ばして茨城で待っている沢山の子達に幸せなご縁を繋いであげて下さい。
[2017/12/27 21:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
今年最後の引き取
昨日「アルマ」様が茨城のセンターより「譲渡情報17番」の子を引き取って来て下さいました。

今日年の瀬の中S様が葛飾区までお迎えに行ってくださり無事にお預り人所に届けてくださいました。車酔いしてしまったようですぐにお風呂場に直行とか。食事のおねだりは前脚でお頂戴をする子だそうです。見たいですね。
http://karibosu.blog87.fc2.com/blog-entry-2497.html

引き取り頂きました「アルマ様」、搬送のS様どうもありがとうございました。


[2017/12/27 19:12] | 当会へのお問い合せ | page top
沢山のおやつ有難うございます
いつも保護犬たちの事を気にかけていただいております、練馬区のT様から美味しそうなおやつを沢山いただきました。ワン子達は大喜びで顔を突っ込んでみています。ベット、トイレまでありがとうございました。
2017-12-27-001.jpg


ピカちゃんはかなりおばあちゃんになって1日のほとんどを寝ています。でも食事になると飛んできて完食。歯がないので柔らかくふやかしたフードを美味しそうに食べています。馬肉の缶詰め気に入っているようです。
2017-12-27-003.jpg

2017-12-27-002.jpg

またチェリーちゃんは拒食症のような事がありますが頂きましたおやつはパクパク食べています。いつも沢山ありがとうございます。他の6匹の保護犬達も喜んでいただいております。メールが送信できずブログでのお礼で失礼いたします。どうぞ良いお年をお迎えください。

[2017/12/27 16:15] | お知らせ お願い お礼等 | page top
まめちゃん情報
いまだ見つからない柴犬まめちゃん。
まめちゃん情報①
川崎市宮前区あたりでの情報です。この辺りから高津区野川方面で」バス停にいたという情報もあります。

下記の場所辺りにお住いの方、見かけた方はどうぞ違っていてもかまいませんのでご一報お願いいたします。。
見かけた日時 12時23日22時頃
場所 川崎市宮前区菅生2丁目13-51のマンション脇の道



まめちゃん情報②
他の方が下記方面をポスティングしてくださいましたので今日はチョコままさんが下記方面にポスティングしてくださいました。寒い中皆様ご苦労様です。まめちゃんだとしたら寒い外でどこに寝ているのでしょう。いろいろと情報は頂いているのですが、なかなか会うことが出来ません。長野県飯田保健所にもまめちゃんにそっくりな柴犬が収容されているとの情報を頂きました。しかし確認をするとマイクロチップは入っていないしお顔が違う事判明。でも違っても情報があることが励みにもなります。どうか皆さまご協力お願いいたします。

菅生中学校、はやしばら動物病院、田中歯科、宝養生資材、電気やさんです。
古くから住まれているお宅や、人が集まりそうな場所を狙ってポスト投函。

チョコママさん
生田高校入り口の信号から、川崎信用金庫までの、表通りと川より一本裏通りへポスティング。
手芸屋、川崎信金、ヤマト便集配センター、道路をはさんで、ミニストップへ声をかけました。
[2017/12/27 09:08] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
群馬県から2匹の子が運ばれてきました
ダックス「オス」3歳ぐらい。甘えん坊の可愛い子です。
2017-12-25-1.jpg
今日から早速トライアル開始しました。

また当会のブログにも「緊急募集」をお願いしていました2匹の犬達。助けられたのはメスのみですが飼い主が死亡し2年間も男の子と寄り添い生き延びてきました。捕獲され処分予定でしたが職員様のご配慮で延長していただいていました。ボランティアさんたちも一生懸命毎日センターに通い人馴れが出来るように努力して下さりやっと抱っこ出来る所まで進歩しました。

子犬の時に首に巻かれた布切れが筋肉にまでめり込んでしまっていて当分治療をしなければなりません。まだ怖がっているのでそっとしてあげてます。名前は「ひなのちゃん」とセンターで付けて下さったそうです。可愛い名前を付けて頂き良かったですね。
2017-12-25-2.jpg


1つしかない命を職員の方が何とか助けてあげたいと努力してくださることは本当に有難くこの活動は職員の方と一緒に行わなければ成果は見られません。群馬県の愛護団体様とも連携し譲渡の活性化にお役に立てればと思っています。来年も忙しくなりそうです。
[2017/12/25 10:09] | 動物収容センター | page top
沢山のクリスマスプレゼント
伊勢原市のN様より保護犬達におやつ、ご寄附、洋服、そして美味しいおリンゴを頂きました。京都の繁殖場から来たポメラニアンの「舞子ちゃん」を家族に迎えていただきお写真まで入れてくださいました。伊勢原、平塚の譲渡会にも会いに来てくださいましたが相変わらずマイペースなまいちゃん。すっかりN様の愛犬として幸せに過ごしています。

2017-12-23-003.jpg

2017-12-23-001.jpg

2017-12-23-002.jpg



お手紙にカンボジアの友人の方とのお話で「カンボジアでは犬はペットではなく食物。丸焼きになった犬が日常的に売られ皆、買って食べている」という話しをN様は聞いて愕然とされたそうです。中国、韓国だけではないんです。タイ、ベトナム、インドネシア、カンボジア「ここが一番残酷な殺し方をしています」も食用に犬を食べています。

十数年前、当会の譲渡犬がカンボジアに持って行くとのことで里親様が飛行機で連れて行ったことがありました。おばあさまがそちらにいるという事でしたがその時に「日本に置いて行ってください。再度里親様を探しますから」と止めましたがお嬢様が「おばあさんのところにいればいつでも会えるから」と手放さなかったことがありました。一度写真が送られてきましたが、広い塀で囲まれた敷地の中で椅子に座っている姿でした。首輪も外されカンボジアの犬と言う姿でした。

「カンボジアで犬を食べる」と言う風習があることを知っていたら、なんとしてでも引き取ったと思いますが当時は知りませんでした。ロンちゃんどうしたでしょうか?もう生きてはいないでしょうけれど。お話がそれてしまいましたがN様本年も大変お世話になりありがとうございました。どうぞ来年も保護犬達に幸せを与えてあげられるようにご協力をお願い申し上げます。
[2017/12/23 16:11] | お知らせ お願い お礼等 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>