TopRSS管理
まめちゃん捜索5日目
8日は福ちゃん「シーズー」の里親様がお仕事の合間に聞き込みをして下さいました。その中で「篠原西小学校の裏で猫と犬がじゃれていたよ」とおばあさんから情報を得たとのことでご連絡いただきました。すぐにそこに直行したのですが猫ちゃんはいたが犬はいなかったとの事。竹林もあり犬は入って行かれる獣道があるようです。その場所は最初に逃げた岸根公園に向かった方角で戻ってきているのかもしれません。

チョコママさん、sさん、里親様ご夫妻もお仕事を休まれ毎日探してくださっています。夜にはkさん、Tがさんも暗闇の中現場に探しに行ってくださいました。すでに近隣の保健所全て、東京都の愛護センター3か所、神奈川県センター、川崎市センター、横浜市センターにも連絡済です。

また考えたくないのですが環状2号線を歩いていたとのことで道路に倒れていないかを確認のため走っていただきました。清掃局も連絡を入れていますが「ひかれた犬の処理はない」と一安心です。

また新聞折込を8日晩か9日の新聞に入ります。「犬笛」も届きましたので使いながら探しています。ご自宅の前には水とフードを置き戻って来ることを願っていますが猫さんがフードを食べてしまうようです。私たちも今まで犬の捜索にフードを置きましたがカラス、タヌキ、猫がきれいに完食してしまいました。その近くには「東林寺」と言う「動物霊園」の併設のお寺様があります。そこにはすでにポスターを昨日お願いをしてもらいました。

飼い主様も疲れが出てこられたようでここまで頑張って神経、体力を使い必死に動いてくださいましたので少しお休みをして頂き、当会のスタッフたちも都合がつくときには再度捜索に行きます。本当に多くの方が心配をして下さりポスターを貼ったり、聞き込みして下さっています。、とても感謝申し上げております。

地域の方々は「この犬の事は知っています」と言われるぐらいに周知されています。然し何の情報が得られないのは不思議です。何とか交通事故に合わないで無事に帰って来てくれることを祈っています。


皆様へ。「3日に環状2号線を歩いていた犬を見られた方がいらっしゃいましたらその時の様子をお聞きしたいのでご連絡ください。またもしかして倒れていた犬を発見した方もいらっしゃいましたら場所をお知らせください」どうかどうかまめちゃんをお家に返してあげて下さい。お願いします。
[2017/11/09 15:12] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
まめちゃん捜索4日目
毎日まめちゃんを里親様はじめ皆様が探しに行ってくださっています。
1つ情報がありました。ツイッターから「3日1時半ごろ環状2号線の車道を柴犬、小型柴のような犬が歩いていた。日産スタジアムの方に向かっていった」と言うお知らせを頂きました。逃げた時間とほぼ同じころ柴犬のような犬が歩いていたと言う事はまめちゃんの可能性もあります。

然しその後の情報がありません。どなたかが車に接触してとぼとぼ歩いている姿を見て保護して下さったのか。しかし着いていた名札は取れている可能性もあります。まめちゃんが歩いている方向は自宅に向かう方向だそうです。

7日はS様は岸根公園、片倉駅近くの郵便局、病院にチラシのお願いをしたそうです。それから通報があった新横浜駅から環状2号線に捜索に向かったとの事。きっと時間はかかると思いますがまめちゃんはお家を探しながら戻ってくると思っています。7日はチョコパパさん、夜はSUさんが捜索に行ってくださいました。1か月後に見つかった子もいます。諦めず探しますのでどうぞ皆さま少しの事でも構いません。お知らせください。


見かけた方は情報をお願いいたします。

090-2214-3543 菅(スガ)様宛

NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
info@seiken-joto.org



[2017/11/08 09:34] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
まめちゃん捜索3日目
飼い主様は痛々しいほど毎日仕事前に公園まで駆けつけ探されています。当会からも数名が現地付近を毎日探していますが誰1人として見た人がいません。

明日には新聞折り込み用のチラシ2000枚を注文されて届くそうです。どこの地域に配布依頼をしたら良いか悩まれています。いろいろと努力されているご様子に本当に有難く思います。

岸根公園まで5キロもないとのことですから自宅に戻るような気がしています。公園近くにはもういないために聞き込みをしても目撃がないのかもしれません。きっと帰ってきます。折角幸せなご家族と巡り会えたのですから。お家の前に臭いのついた敷物、フード、水をおいていただくようお願いしました。

また「犬笛」を何処かで売っていないか探します。結構先の方まで犬の聴覚は周波が合うので聞こえるようです。お家の方角に彷徨っているのかもしれませんが希望を捨てずに頑張りましょう。「マメちゃーん。帰っておいで―」
[2017/11/07 09:39] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
港北区の里親様、ご協力ください
迷子になっています柴犬のまめちゃんの情報がまるでありません。港北区岸根公園から師岡町の隣接する地域の里親様方、ポスターを貼ってくださるお店、動物病院、新聞販売店、郵便局。、牛乳屋さん、宅急便の方などにポスターを手渡し、又は貼っていただく場所をご協力ください。港北区には多くの卒業犬がいます。まめちゃん捜索に力を貸してください。
info@seiken-joto.org

[2017/11/06 06:43] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
毛皮反対デモ行進のお知らせ
世の中は変わってきましたがまだまだ毛皮を剥がれている動物が2億5000万匹もいます。皆で反対の声を上げましょう。沢山の方の御参加をお願い申し上げます。NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会スタッフ


↓↓↓お知らせ↓↓↓

******************************


毛皮反対デモ行進(Fur Free Walk2017)



毛皮反対デモ行進は「毛皮がどのように作られているか、
動物たちが毛皮製品のために苦しめられて殺されている、
毛皮を買うことで動物を殺しているという加害者になってしまう」 ことを知ってもらうことです。
そして毛皮製品を買わない、毛皮の生産方法を周りに広めてもらう 方を増やし、
毛皮製品をなくしていくための大切な活動です。



【日時】

2017年12月10日(日)

13:00集合(予定)

14:00出発(予定)

16:00解散(予定)





【場所】
東京・代々木公園ケヤキ並木道渋谷入口(NHK横の公園入口)
https://goo.gl/maps/QrC5x7FAav 12



【服装】
自分なりのおしゃれな服装
(毛皮を着なくてもおしゃれができるというアピールのため)
毛皮と間違えられるのを防ぐため、フェイクファーの着用はご遠慮 ください。
約2時間のコースを歩くため歩きやすい格好。


【持ち物】
プラカード(アニマルライツセンターでも用意していますのでなく ても大丈夫です。)


【注意事項】
動物を連れての参加は出来ませんのでご了承ください。




【WEB情報】
HP http://www.no-fur.org/fur-free -walk-2017/



Facebook https://www.facebook.com/events/365456773912665/




Twitter https://twitter.com/animalrights_JP

******************************



ぜひ、『毛皮反対デモ行進(Fur Free Walk2017)』の告知拡散に、
SNS、HP、イベント、メール、口頭などでご協力頂き、
また12月10日も、一緒に歩いていただければとても嬉しいです 。
どうぞよろしくお願い致します。



============================== ===

認定NPO法人アニマルライツセンター
〒150-0042 東京都渋谷区 宇田川町12-3 ニュー渋 谷コーポラス1009
電話番号03-3770-3720
各種お問い合わせhttp://www.arcj.org/co ntact/
HP http://www.arcj.org/

============================== ===
[2017/11/06 06:25] | お知らせ お願い お礼等 | page top
まめちゃん捜索のチラシ
※クリックすると拡大します。
2017-11-5-1.png

見かけた方はご連絡下さい。
宜しくお願いします。

NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
info@seiken-joto.org

[2017/11/05 15:10] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
まめちゃん捜索1日目
d1208-001.jpg


4日は3名の方が朝から夕方までチラシ配り、聞き込みなどして下さいましたがまるで姿を見た人がいません。もうこの公園にはいないのでしょうか?

この子は埼玉県羽生市の繁殖場から来ましたのでまさかそちらに向かっているのではと心配になりました。いつも車が来ると止まってじっと見ていたと里親様が言われています。車に乗せられて運ばれてきた記憶が元の場所に戻るという本能で車を見ていたのかと思うと本当に哀れで可哀想でなりません。

茨城の犬達のように放し飼いでエサを探す事になれている子は自分で食べ物を見つけることが出来るでしょう。しかし繁殖場の子は外に出たことが無い為自分から食べ物を見つけることは難しいかもしれません。寒くなってきました。雨も降りだして体も濡れて夜はどこで寒さを凌いでいるのでしょう。近くに鶴見川が流れていて自然が残されているような場所があるそうです。

動物の本能で水のある方向に進む可能性もあります。5日はそちらの方にも捜索してみます。6月に町田にお預かりしていただき4か月。町田に帰るより4年間住んでいた方向に歩いて行ったのでしょうか?広範囲に情報をお願いいたします。


見かけた方は情報をお願いいたします。
090-2214-3543 菅様宛

NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
info@seiken-joto.org
[2017/11/05 10:15] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
柴犬まめちゃん行方不明
柴犬のマメちゃんが今3日PM3時に横浜市港北区の岸根公園からハーネスが外れ逃げてしまいました。始めて行った公園なので自分で家には戻れないと思います。気が小さな子ですから追い回したりしないで食べ物で呼び寄せて下さい。

柴犬メス、
首輪つき「名札付き」、
体重9キロ、4歳。
d1208-001.jpg



見かけた方は情報をお願いいたします。

090-2214-3543 菅様宛

NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
info@seiken-joto.org



追記
少しの油断で逃げることがあります。ハーネスだけは危険です。必ずWリード「首輪とハーネスそれぞれにリードを付ける」を忘れないようにして下さい。


[2017/11/03 16:50] | 迷子犬 猫 情報求む | page top
預かりボランティア募集
群馬県センターのパグ3歳と小型ミックス犬のレスキューを依頼されています。
お気持ちがある方は当会のアドレスからお申込みをお願いいたします。

預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112



2017-11-3-001.jpg

2017-11-3-003.jpg

2017-11-3-002.jpg



2017-11-6追記
お預り人が決まりました。パグは当会で。ミックスは他団体様です。皆様また宜しくお願いいたします。今回応募いただきました港南区のI様、他の子を検討させていただきたいと思います。茨城の子でも群馬の子でも栃木の子でも、みんな助けを求めています。
[2017/11/03 10:14] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
さ~今度は栃木と群馬のセンターです
当会が日本で初めてセンターの犬猫を引き出し始めた28年前。他に愛護団体は無くそれこそ自転車操業のように毎日走り回りました。

今は、各自治体で譲渡が認められ多くの命が救われるようになりました。神奈川県から始め、東京都動物管理センター「昔の名前です」多摩支所、次に世田谷支所、川崎動物愛護センター、そして茨城県動物指導センターと過酷な環境の中で必死で引き取りをし、ケアーを済ませ里親様をタウン誌に掲載依頼をし命を繋いできました。

当時はネット環境もありませんでしたから1枚1枚ハガキを書きタウン誌のお願いをしてきました。そして現在は各自治体には多くの譲渡団体が入り引き出しができるようになりました。当会はまずここまで「譲渡の道筋」を引く事が出来、目的は達成できました。

しかし今、栃木県は毎日子犬たちが収容されてきて処分になっています。いかに不妊去勢手術をして飼う事が重要なことはお分かりになられるでしょう。多くの団体様が今まで必死に「犬猫の去勢、不妊手術」を実施して来たお陰で収容頭数も減り「殺処分0」を実施できるようになったのです。

しかし今だ「雑種がいなくなる」とか「一般の飼い犬猫まで手術を啓蒙する必要がない」と言うような考えでいるボランティアもいます。大手の団体も手術もしない犬を譲渡をしています。「犬は逃げる」と思って飼育するべきなのですが逃がしてまた野犬になり繁殖を繰り返す事も有るのです。こんなことを黙認していたら再度あの昔の収容頭数に戻ってしまうこともあり得ます。

栃木県の収容犬の中で多くの子犬達が毎日のように運ばれてきます。母犬達が野犬になりそこで生まれた子犬達でしょう。栃木県センターでも「子犬の譲渡会」を行っていますが後日の手術実施率がかなり低いようでこれではいつまでたっても不幸な命は生まれ解決策にはなりません。

また群馬県のセンターには業者が遺棄したと思うようなシニアの小型犬が多く収容されています。しかし愛護団体様も少なく処分せざるを得ない現実です。当会は今後この2自治体の犬猫の命を何とか救う手筈はないか考えて行きます。まずそれには「不妊去勢手術」の実施。それしかありません。またまた皆様のお力、ご協力をお願い申し上げます。
[2017/11/03 10:09] | 動物収容センター | page top
トリミング
こんなに綺麗になりました。
トリミングも大人しくさせてくれたそうです。
チョコママさん有難う。
2017-11-3-2.jpg
[2017/11/03 10:06] | 保護、団体関連 | page top
東京都の河川敷崩壊犬
あの台風が来た22日その翌日に19匹の犬達がセンターに収容されました。これもまた、どうしようもない爺さんが河川敷に家を建てて「違法です」犬をどんどん増やしてしまい、今まで愛護団体さんも通い説得するも効果なし。手放すことを拒んできました。

然しこの台風で犬達は逃げ出したのかそこは個人情報で教えてはいただけませんでしたが犬達が無事に収容されて良かったです。※画像はアルマ様ブログでご確認下さい→→ https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12324436810.html


1週間の公示期限が過ぎたので今日引き取りに行きました。あの爺さんが取りに来たら「登録、狂犬病済になれば」返還しなければならないと言う心配から急いで向かいました。

昨日老犬のパピヨン「背骨が折れています」と甲斐犬のシニア犬は支援をしていた方に愛護団体を通して譲渡されていました。残りの子はまだオファーがあるだけで見に来ていない団体様が何匹引き取りになるか分からないと言う事で16匹が保護されていました。

緊急であってもきちんと東京都のセンターでは収容し団体譲渡に回します。これが本来のセンターの姿です。収容できないと「処分が始まる」と脅し文句で里親様に渡してしまった先日の茅ヶ崎保健所譲渡会のような無謀な乱暴な譲渡はどこの自治体でも行いません。


河川敷の子達はこれからケアーを行い募集をしていきますので宜しくお願い致します。マルチーズ系雑の女の子です。
2017-11-2-1.jpg
[2017/11/02 15:53] | 当会へのお問い合せ | page top
幸せを頂き有難うございました
2匹の保護犬の子達の天国への旅立ちのお知らせがありました。

シーズーのまりもちゃん。
5年前に横浜市のT様ご家族にご縁があり家族にして頂きました。最初からこの子は若くはなくそのうえで心臓も悪いのも了解の上で今まで大切に可愛がってくださいました。今年の夏あたりからすっかり弱り、腎臓。肝臓、心臓も悪くなり最後何も食べられず27日、天国に旅立ったそうです。T様は「もっと長生きさせてあげたかった」と悲しまれています。そして「こんな可愛い子をご縁つけて頂き感謝しております」と有難いお言葉を頂きました。それは反対に当会からT様に感謝の言葉をお送りしたいと思います。ありがとうございました。
2017-11-1.jpeg




柴犬のカンナちゃん。
台風の22日夜11時ごろ家族の腕の中で安らかに息を引き取ったそうです。8年9カ月前お願いをした子です。当時は町田市にいらっしゃいましたが今は茨城県に引越され自然の中でのびのびと暮らしていました。最後てんかん症状も起きるようになり獣医さんからも「こんなに頑張れるのも不思議だ」と驚かれるほどにカンナちゃんは家族の気持ちを察し生き延びました。I様長い間大切に育てて頂き本当に感謝いたしております。しばらくは悲しみのお気持ちは消えない事と思いますがどうぞカンナちゃんが推定13,14歳の一生を幸せに終えたことを褒めてあげて下さいね。そしてまた茨城県の犬達に手を差し伸べてあげて下さい。ありがとうございました。



当会の里親様は皆様、きちんと最後までお世話下さり、このように「お別れのご報告」まで頂き当会として本当に有難く、1匹の子が幸せな一生を送れたことを知り安堵の気持ちで一杯です。飼主として模範的な方が増えて頂けることが社会の動物に対する意識向上に繋がります。本当にありがとうございました。




[2017/11/01 15:35] | お知らせ お願い お礼等 | page top
茨城県の犬達を幸せにするお手伝い求
茨城県動物指導センターには80匹ぐらいの犬達が保護されています。田舎育ちのためか皆、性格が大らかで素直な子達です。今までも保護してきた子達を見ていると散歩で他の犬とすれ違い相手の犬がワンワン吠え掛かっても我関せずと気にもしません。これは本当に不思議だと思います。

ほとんどが中型のミックス犬ですが絶対に室内飼育とは限りません。その子が外の方がのびのびと生活が出来るのなら外飼い飼育「お預」でも構いません。ただ大雨、大雪、雷、台風等、気候変動の時にはお玄関に入れてあげて下さい。センターに保護されている間に職員と通いで来て下さる獣医さんが順番に去勢、不妊手術をして下さいます。お世話のおじさん達は毎日毛布を取り変えて下さっていますので犬達はみんなできれいな毛布の上で寝ています。

そしてお散歩係の職員の方が犬達を連れだし、そのことで1匹ずつ性格も把握していますので愛護団体さんも引き出す参考に出来とても有難いです。この子達を「幸せにつながるご家族」にお渡し出来るまでお世話をして頂けるご家族様を募集いたします。

慌ててどんな人にでも貰われれば良い言う譲渡は当会はいたしません。しっかりとコンタクトを取り、健康管理を済ませてお渡しする事が里親様にとっても親切な事と考えております。

ご協力いただけますご家族様、お申込みは当会のアドレスにお願いいたします。
預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112



また寒くなりましたので茨城のセンターの子達に「毛布、タオルケット、バスタオル」、ドッグフード、犬用おやつ、子犬子猫用ミルク、キャットフードなどのご支援も宜しくお願いいたします。送り先は当会にお申込みいただき次第ご連絡差し上げます。
info@seiken-joto.org



小さな協力が大きな動きとなり「命を救う」と言う連鎖が広まりますように。

PS.保護犬の詳細は当会「活動ニュース」をご覧ください。
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1644.html
[2017/11/01 15:23] | お知らせ お願い お礼等 | page top
予想通りの酷い譲渡会
昨日は多くの人が新聞にも掲載された為バーゲン会場のようになっていたと見に行かれた愛護団体さん、一般の方より情報が送られてきました。

オス、メス、年齢しか書かれていないケージの前で希望を出し1時間並んで面接に行けばもうそれは決まりましたから他から決めてくださいと。性格を聞いても「分かりません。咬むかもしれない」「先住犬との相性があるので詳細を聞きたい」と聞いても「分かりません」、皮膚病に関して聞いても「後日病院で聞いてください」「ペットショップと同じにやっています」とありえない説明です。

あまりにも無責任な対応に怒っていらした声があります。若い男女が「生きてればいい」なんていう声も聞かれたそうで物を選ぶような形で次々と渡されていく犬達。そして全頭決まったと歓声をあげている姿に「何のための譲渡会なのか」と不信感を抱かれたかたも多数いらっしゃいました。

またこれに愛護団体「アニマルプロテクション」が入っていると言う事も驚いたと認可団体でない団体の方からも声が上がりました。常識的にこのような形で譲渡会を開くこと自体、愛護団体としての資格も素質もありません。他団体様の事はあまり批判したくないのですが今回のこのやり方は黙認できない事です。

詳細が出ていますのでお読みください。
常識ある方でしたらご理解できるでしょう。
「小さな命を守る会」様の30日のブログより転載。
http://blog.livedoor.jp/chiisana23inochi/archives/8972353.html
[2017/10/30 15:18] | 保護、団体関連 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>