TopRSS管理
2匹のお迎えに行って来ました
春休みの中、センターまではきっと渋滞と覚悟をして10時に出発しましたがなんと言う事でしょう?12時10分には笠間に到着。最短記録の時間でした。


収容頭数も減らす178匹。ワンワン凄い数の犬の声。
マルチーズ×チワワ?とやはりマルチーズもどきの女の子達。
2024-4-5-a.jpg

2024-4-5-b.jpg


そして職員から「良い子がいるんです、見て下さい」と外に繋がれていた「あまねちゃん」。初めて会ったので緊張していますがお世話の方には尾をふりながら控えめについて行きました。その1歩下がって着いて行く姿が本当に可愛い子です。



預かり先がまだありませんからセンターに置いて来ましたが引き取りして上げたいと思います。預かり、里親希望者を求めています。
預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112






そしてセンター中庭では茨城町からのそっくりな2匹がトレーニングをしていました。
2024-4-5-c.jpg

家庭犬になれるように頑張って!。


そして2時にセンターを後にして帰りもすいすいと5時前には到着です。地震が頻発しているので災害用の食べ物、飲み物、タオル、フード、食器等を積んで命がけで向かった茨城でした。無事に戻って来れてやれやれでした。

[2024/04/05 12:31] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
西園譲渡会
お天気に恵まれた譲渡会でしたが風が強くてテントが凧揚げのように舞い上がって皆で押さえるのが大変でした。
沢山の来場者様、卒業犬が会いに来て下さり同窓会のようでした。
2024-4-1-2.jpg

2024-4-1-a.jpg



また茨城県に引越をされたロッティーちゃんが会いに来て下さいました。
2024-4-1-4.jpg

そしてなかなかお声がかからなかったライム君に応募を頂きました。
いつも当会の保護犬にお心かけて頂き本当に感謝申し上げます。


今回は茨城ブランドの中型犬を中心に開催致しましたが多くのお声をかけて頂きありがとうございました。
2024-4-1-b.jpg



次回は4月21日緑山霊園にて開催致します。

参加ワンちゃん達、皆様お疲れ様でした。

[2024/04/01 10:17] | 薬師池西園譲渡会 | page top
4月のご紹介保護犬 D1584 小型ミックス(のあちゃん)

http://npo.seikenjoto.org/doglist/1584.html

預かりさまのコメント
のあちゃんの様子です。

とても怖がりですが家の中では先住犬とは問題なくまったりと過ごしています。
来客時は吠えて逃げ回り隅で固まってしまいます。
散歩中、人や犬に出会うのは苦手なようで逃げようと必死になるので注意が必要です。
食欲旺盛で快食快便です。


2024-4-1-q.jpg

2024-4-1-w.jpg

2024-4-1-e.jpg


[2024/04/01 00:00] | 今月のご紹介保護犬 | page top
3月21日 譲渡情報

茨城県センターで家族を探しているワンちゃん達です。1匹でも幸せにして頂けます里親様がいらっしゃいましたら当会にお申し込み下さい。センターは非常に業務が立て込んでおりますのでお電話はなさらないようにお願い致します。

2024-3-31-6.png

拡大クリック→→ 犬の譲渡情報3月21日

[2024/03/31 15:42] | 茨城動物指導センター収容犬・猫情報 | page top
杉本彩さんに託しました

公益社団法人Evaの杉本彩さんが神奈川県黒岩知事に面会に行かれました。

2024-3-31-1.png


神奈川県の動物行政の改善に以前から私達認可団体と一緒に尽力を尽くして頂いております。「生かす施設」と公言された黒岩知事にセンター内の現状と要望をお伝えする事が出来ず今回は杉本彩さんに書面を託させて頂きました。

15分しかない面会時間の中で知事には読んでいただけないと思っていた所、同行された認可団体さんからも話を聞いて下さり「そんな事は全く知らなかった」と現状にびっくりされていたそうです。40年前から神奈川県動物保護センター「現在、愛護センター」の歴史を見続けて来た当会としても1匹でもガス室の窒息死から助けようと団体様達と必死に引き取りをして来ました。

それは想像を絶する毎日でした。また当時、ガス室に送る職員の方々の辛い気持ちを痛い程感じ一緒に頑張った事を思い出します。しかし税金、寄付で建て替えられたセンターは処分も無くなり、その結果、公の県の施設として「動物愛護、保護」とはかけ離れたセンターになってしまいました。センターを改善し良い施設にしようと団体から要望しても反対に「色々意見もあると思いますがストレスになると思うので認可団体の更新もしないでご自分の活動をされて下さい」と所長の発言には愛護団体は利用する時だけで後はうるさいからいらない、と言わんばかりの言葉。

自治体と愛護団体の協慟を推進しなければならない現在、逆行している神奈川県動物愛護センターはどこへ向かっているのでしょうか?日本中の自治体施設を見て来られている杉本彩さんも神奈川県動物愛護センターは改善しなければと協力して頂いております。本当にありがとうございます。1人1人の職員の方の仕事には対する前向きな姿勢と考え方でセンター内部は変えられるはずです。

当会も人生を共に生きて来た神奈川県センターは特別な思いで見守っているのですから良い施設として誇れるセンターになって欲しいと願います。


2024年活動報告3月
https://www.eva.or.jp/2024action

インスタグラム
https://www.instagram.com/p/C5FMycRh1lE/

2024-3-31-a.png

2024-3-31-b.png

[2024/03/31 15:27] | 自治体 行政関連 | page top
カンナちゃん 天国へ
2017年7月にお嫁入りしたパグのカンナちゃんが49日が経って・・・
2月7日に旅立ったおしらせを頂きました。

6才で大阪の繁殖業者が放棄した中の1匹でした。W様の3代目のパグとして家族に迎えて頂きました。そしてメラノーマの手術の日に自分から一生を終わらせ亡くなったそうです。あっぱれな最期だったと言われていらっしゃいます。

綺麗ないつもの姿でお空に向かったカンナちゃん。劣悪な繁殖場から自由を得て辛い思いでもすっかり消え去り幸せ一杯な気持ちで旅立ちました。平塚市のW様本当にありがとうございました。

2024-3-26-1.jpg
[2024/03/26 14:06] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
いつもありがとう
2015年3月27日に3匹で放棄されたマルチハーフのさくらちゃんが18日早朝に息を引き取りました。

メラノーマと分かって9カ月頑張ってくれました。
放射線をかけたりT様は努力をして頂きさくらちゃんも痛みに耐えながら生き抜いてくれました。
14才まで幸せにして頂きました。
T様は当会の保護犬を3匹家族に迎えて下さいました。
いつもありがとうございました。

2024-3-18-4.jpg

2024-3-18-5.jpg


[2024/03/18 21:16] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
虹の橋を渡ったご連絡
2014年8月に茨城県古河市で収容されたプードルのチャイちゃんが3月13日に亡くなったお知らせを頂きました。

フィラリアに感染していた子でしたがA様が4年かけ治療して下さいました。
その後心臓病、てんかん、担泥炎の手術、等沢山手をかけて下さいました。
藤沢のA様、長い間お世話になりました。
小さな命を幸せにして下さいましてありがとうございました。

d1074-0.jpg


[2024/03/18 21:07] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
譲渡会のお礼と報告
昨日は春のような日差しの中で無事に終了いたしました。お天気には恵まれましたがものすごい突風でバザー用品も飛んでしまう程の状態でした。

2024-3-18-1.jpg


でも開催直後から来場者様がいらして下さり沢山の方々に撫でて頂いたり楽しそうに過ごしていました。また卒業ワンちゃん達も皆、若返って見違えるほどに綺麗になり、本当ににその姿を拝見出来ましてスタッフ一同、嬉しい気持ちで一杯です。


沢山のご寄付のお品、募金箱に入れて頂きましたお気持ちに感謝申し上げます。「ペットショップを無くさないといけませんね」と言うお声が沢山聞かれ皆様に現実を理解して頂けたことも活動の意義があったと痛感しております。
2024-3-18-2.jpg


ただ保護犬の里親探しだけの活動なら楽なのですが、それでは社会の改善にはなりません。これからも「里親探し」と「社会に発信する」ことも合わせて活動してる参りますのでどうかご協力をお願い致します。


今月は31日に町田の西園にて状態会が予定されております。ワンちゃん連れで入れる公園ですから春の1日をお遊びがてらおいで下さい。
[2024/03/18 12:14] | 緑山譲渡会 | page top
自治体の処分
千葉センターの認可団体でもいらっしゃる「アルマ」様の記事を転載致します。
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12843730001.html
2024-3-11-1.png


世の中の方々は「殺処分0」と聞いて皆、処分される犬猫はいなくなって良かったと思われると思います。しかし収容された犬猫は全部センターで飼っておくことは可能でしょうか?答は「NO」です。一部は愛護団体が引き取り里親様を探し譲渡する、一部はセンターでも譲渡事業を行いお願いをしています。

しかしそれも限界があります。東京都も処分はしていますが、動物の福祉を考慮した上の安楽死です。人間と共存が難しい個体、世に出した時に危害を与える可能性がある攻撃性がある個体、治療が不可能で苦しんでいる個体等。しかし現在茨城県センターでは200匹に近づく頭数に溢れ返りただ生かされているだけの福祉を無視した状態になっています。

県もセンターもこの状況になっても何の対策を講じて頂けません。そしてある団体だけが「殺すな!」とわめくだけで犬達は生き地獄です。「生かす」と言うならそれなりの環境、管理も伴ってこそ言えることではないでしょうか?誰しも命を断つ事は望んではいません。


当会としても処分賛成派ではありませんが毎日収容されて来る犬達に救いの手を差しのべる気力が無くなりました。「自治体の処分0」は綿密な計画と下準備をしてから実行しなければいけなかったと強く感じています。毎日捨てられている犬達の裏でペット産業はどんどん繁殖をしてそれを物と同じ感覚で買っている人間。

日本はおかしい❗

[2024/03/11 20:16] | 自治体 行政関連 | page top
可哀想なセンターの犬達
この寒さの中、収容されている犬は1枚の毛布もなくコンクリートにうずくまっています。毛布を敷くとかじってしまうと言うなら犬小屋、コンパネを置くなり配慮をして欲しい。

2024-3-2-1.jpg

10匹位の部屋に28匹も入れている事事態が虐待です。処分廃止したのなら「犬の福祉」の観点から部屋を増やす、トレーナーを雇い譲渡を推進する検討をするべきと思います。
2024-3-2-2.jpg


太陽の陽射しもあたることもなく、中には2年位入れられている犬もいます。毎日収容されて来る子犬、野犬で引き取っても引き取っても減らない収容頭数。特に茨城町からは一族なのか皆似ている犬ばかり。何腹も収容されて来る子犬達は同じ位の月数の子犬も多く複数のメス犬が出産しているのだと思います。

乳飲み子で引き取っても皆20~30キロになるような子犬達。とても里親様を見つけることも難しくなります。また地方の団体に丸投げする団体もありますがそれで解決したことになるのでしょうか?地方はそこにも収容されている犬は沢山います。それをわざわざ岩手県、北海道等にばらまいた所で目先だけの解決であの京都で起きた愛護家と称する増山事件のような虐待が起こり兼ねません。自分が管理出来ない頭数まで何でも引き取ることは動物愛護とは言えません。


人馴れしていない子犬達は引き取りがないとここで成犬になって行きます。もっと家庭犬にはなれません。
2024-3-2-3.jpg


茨城県センターにも対策を考えるように抗議していますが、どうしたら動いて下さるのですか?もう愛護団体としての解決策は考えられません。

[2024/03/02 13:35] | 茨城動物指導センター収容犬・猫情報 | page top
3月のご紹介保護犬 D1604 トイプードル(モカ君)

http://npo.seikenjoto.org/doglist/1604.html


2024-3-3-2.jpg

2024-3-3-4.jpg

2024-3-3-3.jpg

とても人懐っこく優しい子です。
家の中ではとても静かですが、
臆病なので来客時のチャイムにはとても反応します。
でもすぐに静かになります。
お散歩も大好きで良く歩きます。
食欲が旺盛で、うっかりすると盗み食いをしますので気をつけてください。

モカくんは「御高齢者様応募可」です。

[2024/03/01 23:59] | 今月のご紹介保護犬 | page top
パピヨンのあんずちゃん天国へ
2014年6月に6才で放棄されたあんずちゃん。
16年の生涯を2月6日に終えて天国に旅立ちました。
とても人懐こく可愛い女の子でした。
14才でてんかん発作が起き歩行も出来なくなり
里親様のM様は大変な介護をされて最後までお世話下さいました。
10年間本当に可愛がって頂きましてありがとうございました。
幸せな思い出を沢山持って行った事でしょう。

2024-2-21-1.jpg


[2024/02/21 10:05] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
茨城県も見習って欲しい。
殺処分0と言う言葉はいかにも聞こえが良いワードでしょう。
しかし「真の殺処分0」にするためにはその裏で壮絶な努力と管理が不可欠となります。毎日のように子犬、捕獲犬が収容されて来る茨城県はただ生かしておくだけ、愛護団体に依存するだけの現状です。

この秋田県の取り組みを参考にして一歩を踏み出して下さい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1213cba5e9794a36cb5b29a516e2a2b84e6abc73

2024-2-20-3.png
2024-2-20-4.png
[2024/02/20 12:58] | 自治体 行政関連 | page top
茨城県の畜産施設における虐待
以前から乳牛を足で蹴りあげたり、と余りにもひどい扱いをしている施設があり、愛護団体が刑事告発をしました。人間のために命を捧げてくれる産業動物にも愛情を持って管理するように要望致します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bcd64272a04ef8da40042e7bf0f1e315c82fde4

2024-2-20-1.png
2024-2-20-2.png
[2024/02/20 12:53] | 自治体 行政関連 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>