TopRSS管理
ピースワンコ関連のお手伝い求む
この度以前から多くの愛護団体から抗議の声が上がっている
ピースワンコジャパンへの記事を「週刊新潮」様が掲載をして下さいました。
しかし全国展開をしている大型団体であるPWJに対し、
連盟団体が皆様のお手伝いを求めています。
お手伝いいただきたい内容は「行政、各関係団体への質問状などの発送作業」です。
今、この作業に手が足りず多くの方の御協力を求めています。
賛同いただきお手伝いしていただける方は会のアドレスから」お申込みください。
info@seiken-joto.org

弱い立場にある犬猫のためになる活動であってほしい気持ちを
逆なでしているピースワンコジャパンには今後も訴えてまいります。
1人でも多くの方のお力をお貸しください。


2017-5-12追記
ご協力をお願いいたしました「ピースワンコの発送」のお手伝いは10名ほど集まりましたので中止致します。皆様のお気持ちは私達と同じです。これ以上不幸な命を増やしたくない。ただこれだけです。
[2017/05/10 16:46] | お知らせ お願い お礼等 | page top
疑惑のあるピースワンコジャパンの記事
全国展開をし「ふるさと納税」で寄付金を集めているピースワンコジャパンに対し
公開質問状を出しましたがその回答には納得できないものでした「当会のブログ参照」。
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1529.html

センターから引取った犬を手術もせずばらまく譲渡方法は
多くの団体が血も滲むような努力の活動を水の泡にするような無責任な行為です。
「オスとメスを分けてあるので大丈夫」とのことでしたが
実際にシーズンが来ている雌犬のそばに行きたくて
オス犬同士の喧嘩が激しく起きたり、脱走したりという事件が起きています。
そしてあっては絶対にいけない事、施設内で「子犬が150匹も産まれている」というずさんな管理。
何のための「殺処分0」なのでしょうか。

また皆様が犬達のためにと「ご寄付」していただいた8億円もの支援金も
「ピースウインズジャパン」という会社に入りその一部門の「ピースワンコジャパン」に
いくら使用されているのかも定かではありません。

10日発売の「週刊新潮」がこの件を取り上げてくださいました。
どうぞ皆さますべて掲載は出来ませんが購入されてお読みいただき拡散お願い致します。

yahooニュース記事
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00521135-shincho-soci




[2017/05/09 21:58] | 保護、団体関連 | page top
4匹のゴールデン
腫瘍のゴールデン含め4匹とも保護場所が決まりました。
ありがとうございます。
しかしこの繁殖業者は今後も放棄することがあるようです。
その時にはまたご協力お願いいたします。
[2017/05/09 17:17] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ゴールデンの子犬
飼い主がゴールデンの子犬を9匹産ませてしまった募集は終了いたします。
飼い主自身の責任で里親探しをしてあと2匹になったようです。
本人曰く「犬の繁殖がこんなに親犬も、飼い主も大変だという事が分かった。
子犬たちは絶対に産ませないでほしい」と条件を付けたようです。
この飼い主は改心し2度と過ちは起こさないでしょう。
[2017/05/07 15:52] | お知らせ お願い お礼等 | page top
まりちゃんの近況
皆様にご心配かけておりますまりちゃんは月1度の血液検査を受けています。
5月1日に検査に行きましたところ数値は改善し
これから少しずつ薬を減らしていきましょうとの先生のお言葉に嬉しく思いました。
尿たんぱく異常なし。
血清淡白5.4「正常値5.0~7.8」
アルブミン2.9「正常値2.6~4.0」。

今、消化器サポート「低脂肪」と「馬肉生肉」をあっという間に完食。
体重も悪い時には食べれず11キロまでに減ってしまいましたが
13,45㌔とコロコロして嘘のように食欲があります。
ステロイド4分の1錠を1日おき、免疫抑制剤「セルセプト」を朝晩、半カプセル。
ステロイドは継続すると肝臓障害が起きますから
2日に一度、3日に一度と間隔を長くしていきます。

まりちゃんは診察台に乗るとお座りをし自分で先生に前足を出し
保定しなくともじっと採血させてくれます。本当に人間のような子です。
先生も微笑みながらまりちゃんの頭を撫でていただくと満足そうな顔をしています。
不思議な子です。早く薬が無くなるようになればと願います。

一時命の危険まで数値が悪くなり「もうダメかな」とまで落ち込みましたが
生命力の強さには驚きです。
そう、不幸な運命で死んでいった子達の代表で助けられた命。
頑張らなければ。皆様、
まりちゃんからお礼を言っています。「ありがとうございます」。

2017-5-6-002.jpg


2017-5-6-001.jpg
[2017/05/06 18:27] | お知らせ お願い お礼等 | page top
4匹のゴールデンの里親様、又はお預かり人探しています。
1匹の2歳の子は前足に大きな腫瘍を放置されて歩くのも辛そうです。
2017-4-30-004.jpg

2017-4-30-005.jpg

この子は業者が最後まで看取ると言っていますが
病院にも連れて行かずに外に置かれています。

7歳「♂」、2歳「♂」、2歳「腫瘍のある♂」、8歳の「♀」
個人でレスキューされていますT様からの依頼です。
このように繁殖場にいる子達の一生は悲惨です。

2017-4-30-001.jpg


2017-4-30-002.jpg


2017-4-30-003.jpg


2017-4-30-006.jpg


預かりボランティア申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112


2017-5-1追記
足の腫瘍がある2歳の子は里親様がその状態でもいいと引き取り決まりました。



2017-5-9追記
腫瘍のゴールデン含め4匹とも保護場所が決まりました。ありがとうございます。しかしこの繁殖業者は今後も放棄することがあるようです。その時にはまたご協力お願いいたします。
[2017/04/30 16:26] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
2年7か月ぶりの出発
平成24年9月に飼い主さんの病気と言う理由でセンターに持ち込まれたニコちゃん。
当時9歳という事での放棄でしたから今年の9月で12歳のになるシニア犬です。
長い年月をセンターのコンクリートの上で生きてきました。

センターでの「サンデー譲渡会」に2回参加いたしましたがご縁が繋がらず
そのうち地下室の犬達の「サンデー譲渡会」は
議員さんの圧力で延期状態になってしまいました。
動物ファーストの譲渡会であったはずですが
上からの圧力にはどうしてあげることも出来ません。
残念ですが地下室の子達の赤い糸を探すチャンスは諦めました。

そんな中、多摩市のS様が今回ニコちゃんの飼い主として声をかけていただきました。
11歳で先住犬を見送り、そのあと、
とらばさみに挟まって捕獲された3本足の茨城県の犬を保護していただき、
その子も素晴らしい里親様の元に迎い入れられ、
ちょうど誰もいなくなったところでの応募でした。

センターまでお迎えに来てくださいました。
名前はそのまま「ニコ」君。
慣れない室内飼育に最初はあちこちと歩き回って落ち着かない様子だったとか。
やっと自分の居場所として自覚したのか夜は大人しく眠ったそうです。
良かったね、ニコちゃん。
今まで頑張った甲斐があったね。
幸せな時が1年でも長く続きますように。
どうぞS様、宜しくお願いいたします。


2017-4-29-1.jpg



PS [訂正]
当会の募集ブログに出ているニコちゃんの写真はまだセンターにいる岩ちゃんでした]
[2017/04/29 17:01] | お知らせ お願い お礼等 | page top
譲渡会の会場のご紹介

当会は毎月「緑山霊園」様に場所を提供していただき譲渡会を開催しておりますが
これから範囲を拡大し「保護犬」の認知度を高めて行こうと考えております。
毎月の譲渡会の他に年に数回程度でも様々な場所で譲渡会を展開していきたいと思います。
皆様のお住まい近くで譲渡会場をお貸しいただける場所がございましたら
ご紹介していただきたいと思います。

候補地としまして神奈川県
「大和市、相模原市、厚木市、海老名市、横浜市、川崎市、藤沢市、綾瀬市」
東京都
「町田市、八王子市、多摩市、日野市 調布市、稲城市、府中市、小金井市、武蔵野市」等。


犬の声、来場者の出入りなどを考慮し近隣の方にご迷惑にならないような場所
「ペット霊園、お寺様、学校の校庭、イベントスペース、公園、休日の会社の駐車場,など」。
そのような条件で開催できる場所がございましたらご紹介を頂きたいと思います。
会のアドレスにお知らせをお願いいたします。
info@seiken-joto.org


なお5月からの「緑山譲渡会」は名称が変わります。
[サンデー譲渡会in緑山]となります。
サンデー譲渡会in緑山5-21


皆様とご一緒に今後も「保護犬、猫」の譲渡会の開催を活性化してまいりますので、
どうぞご協力をお願い申し上げます。

NPO保健所の成犬猫の譲渡を推進する会
[2017/04/28 18:21] | サンデー譲渡会in緑山 | page top
D1059 ヨーキーハーフ アナ君
トレーニングに出ていたD1059ヨーキーハーフのアナ君。
とってもいい子になって戻ってきました。
あの激しい吠え方もなくなり大人しいです。
お顔も穏やかになっていました。
違う子のようです。クレーとにも入っていきます。
2年間お預かりしてくださりトレーニングしてくださいました
「NANUK VON GLAND STERN]のN様、
どうもありがとうございました。


2017-4-23a-003.jpg

2017-4-23a-004.jpg


2017-4-23a-005.jpg


2017-4-23a-001.jpg


2017-4-23a-002.jpg
[2017/04/24 05:47] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ゴールデンの子犬お預かり人
不妊去勢をしない「したくない主義」でゴールデンの雄、雌を飼っている飼い主が
再度9匹の子犬を産ませてしまいました。
今まで何度も産ませていて今回は獣医さんから
「もうこんなことをして世話も出来ないのに産ませてはいけない」と注意され
やっとオス犬だけ手術することに同意したそうです。
しかし室内は大変なことになっていて
生後3か月の子犬たち4匹が貰い手さんが無く残されています。

里親様、又はお預かりできる方を緊急に探しています。
このような無責任な飼い主が1人でもいると不幸な犬達がどんどん増えて行きます。
自分の行動に責任が持てないなら動物の飼育はするべきではありません。
厳重注意です。


2017-4-30追記
預かりボランティア募集は中止しました。



2017-5-7追記
飼い主がゴールデンの子犬を9匹産ませてしまった募集は終了いたします。飼い主自身の責任で里親探しをしてあと2匹になったようです。本人曰く「犬の繁殖がこんなに親犬も、飼い主も大変だという事が分かった。子犬たちは絶対に産ませないでほしい」と条件を付けたようです。この飼い主は改心し2度と過ちは起こさないでしょう。
[2017/04/24 05:27] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
茨城県動物指導センターの子達
譲渡団体「アルマ」様がいつも茨城の収容犬達の写真と詳細をアップしてくださっています。
どうか皆さま1匹でもこの中から命を救ってあげて下さい。
まだまだ茨城県は処分をストップ出来ないほどの犬達が収容されています。
でも何とか1匹でも命を繋いであげたいとのご配慮でしばらくは延長してくださっています。
ゴールデン系ハーフの7か月ぐらいの「ジャンボ」君は
去勢もしていただきお声がかかるのを待っています。
アルマ様の写真を見て「お迎えを待っている子達」のお顔を見てあげて下さい。
皆良い子です。

この中から1匹でも命が繋がりますように。詳細は「アルマ」様の20日のブログより
http://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12267180639.html
[2017/04/21 16:18] | 保護、団体関連 | page top
署名ありがとうございました
「玉林市犬肉祭り廃止」のための署名を沢山集めてお送りいただきました、
さいたま市のH典子様、確かにお預かりいたしました。
間に合わないかとのご心配をされていらっしゃいましたので
携帯にお電話差し上げましたが繋がらずこの場をお借りしお礼申し上げます。

5月末でまとめて中国大使館に送ります。
その中で韓国では大統領選挙があります。
ムーン、ジェイン氏が当選できれば愛犬家で「全ての命は尊い」と公言されている方ですから
きっと韓国内の虐殺される韓国の犬肉の販売をなくして下さるのではと一途の望を持っています。
中国も何とか同じ命のある犬達を大切にして下さる国民が声を上げてくださることを願います。
まだまだ時間がかかると思いますがきっと中国の犬達も幸せが来ることを祈り、
助けて下さっています楊さんに支援を今後もしていきたいと思います。
どうぞ楊さんの保護している犬肉祭りから助けられた子達のフード支援をお願いいたします。

[2017/04/21 07:23] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
関西から助けられた子達
いつも繁殖場の子達を助けて下さっている団体様のNさんが
19、20と2日間かけて沢山の子を助けてくださいました。
今日は関東に運ばれて来た30数匹の中から6匹の子をお預かりしました。

チワワ×ダックス「♀」3歳ぐらい。
2017-4-20-001.jpg
お産はしていないようなお乳の状態。とてもおとなしい子です。


チワワ×ヨーキー「♂」この子もまだ若いです。
2017-4-20-005.jpg
やはり3歳ぐらいでしょうか。
男の子にしては大人しく性格が人懐こい可愛い子です。



ヨークシャーテリア「♀」
2017-4-20-004.jpg
乳腺腫瘍の小さなのがあります。不妊手術の時に取ります。元気な子です

チワワ「♀」やはり大人しい子です。
2017-4-20-003.jpg
少しビビリな面があるようですが従順な子です。長旅で疲れているようでした。



ポメラニアン「♀」5-6歳。
2017-4-20-002.jpg
体の毛はカットされて短くなっています。
しかし足の毛は伸び放題。ワンとも言わず大人しい子です。
やはり外の世界を知らないで生きてきたので怖いようです。

あとパグ「♀」が来ました。
2017-4-20-7.jpg

フォーンのきれいな子です。でもお腹を見ると何度か産まされたような状態でした。


いつもは東京に到着するのは夜7時ごろになりました。
しかし今日はもう5時半過ぎには集合場所に着いたようで
Wチョコちゃんのママが6匹のお迎えに走ってくださいました。
お預かり人の方々は急遽早く来ていただくことになり申し訳ございませんでした。
すぐに対応していただき助かりました。
お互いにやりくりし連携プレーで搬送、お預かりしてくださいましてありがとうございました。
どうぞ皆さま命を削って生きてきた子達を
ゆっくりと疲れが取れるようにお世話をお願いいたします。
今日の子達は皆、
車の中に置かれていても「いるの?」と聞くほどシーンと大人しくしていました。
良いご縁が繋がりますように皆さま宜しくお願いいたします。
[2017/04/20 20:25] | 保護、団体関連 | page top
0プロジェクト参加しました
全国の殺処分0を目指すためのイベントが開催されました。
当会からも8匹の犬達と12名のスタッフが朝から集合し用意をし
皆様の御来場をお待ちしました。

当会のブースには多くの方が犬達にお声をかけて下さいまして有難い忙しさでした。
このような保護犬が沢山いることも知っていただくために良いイベントと思います。
また沢山の卒業犬達がお顔を見せに来てくださいました。
どの子もピカピカの幸せいっぱいでご家族様に抱っこされている姿は
あの収容施設で汚くなって怯えていた面影は全くありません。
「命を繋ぐ」ことも必要なことですが
どうか飼い主の皆様は家族の一員である犬猫を最後まで飼ってあげて下さい。

「殺処分0」がこの先達成していかれるように皆で頑張りました。
今回は子犬のホップ君、パピヨンハーフのベルちゃんがトライアルに進みます。
柴犬のハルちゃんも良いご縁がありましたが
これから手術しなければならず保留になっています。

雨の予報が出ていた16日の開催も天気に恵まれて
夏のような日差しの中で楽しい1日を過ごすことが出来ました。
皆様お疲れ様でした。
そして当会の保護犬達にお心かけて下さいましたご来場者様、
卒業犬の里親様方、ありがとうございました。


2017-4-16-002.jpg


2017-4-16-003.jpg


2017-4-16-004.jpg


2017-4-16-001.jpg


2017-4-16-006.jpg


2017-4-16-005.jpg
[2017/04/18 14:17] | お知らせ お願い お礼等 | page top
中国犬肉祭り廃止の署名
いよいよ6月の夏至の日に1万頭の犬達が虐殺されて食べられる
「玉林市犬肉祭り」が近ずいてきました。
今年も海外からの署名がかなり集まり世界中で
この残酷で野蛮な祭りを非難している声が上がっています。

先日もマークチンさんが「犬焼酎」を作る工場から
生きたまま窯に入れ煮られる犬を26匹助け出しました。
ポメラニアンのような小型犬が檻に入れられていました。
滋養に良いとかで犬達の血、肉などを粉末にしたものが良く売れているそうです。
焼酎にするのはほとんどが小型犬。
首輪がついている子も多く3匹はマイクロチップが入っていたそうです。
飼い主は探している事でしょう。

そのように盗まれて殺されている犬達が沢山います。この現実は犯罪です。
16日の「海浜公園イベント」会場で皆様に署名のご協力をお願いする事にいたしました。
1人でも多くの方が声を上げていただきたい。
中国、韓国、カンボジア、タイ、ベトナム等アジアの地域では犬猫は食用です。
感情ある一番人間の近くにいる犬達を
何とか救いたいと思いますので皆様のご協力をお願いいたします。

[2017/04/15 17:04] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>