TopRSS管理
韓国では犬肉産業廃止だが
韓国の犬肉用に繁殖してマーケットに売り犬たちは生きたまま店先に置かれ裏で解体処理される市場が沢山ありました。しかし市長の鶴の一声でソウル市内から犬肉を販売する事が禁止になりました。これは素晴らしい進歩ですがまだまだアジア地域では犬達が虐殺され肉として売られています。

一番残酷な殺し方をしているのがカンボジアで「闇産業」として犬達はのどを切られたり、湯の中に逆さに入れられ溺死させられたり、窒息死、刺殺されたり、恐怖と拷問を受け肉にされています。日本では考えられない事ですがこのように知らない所で苦しんでいる犬達が多くいることは皆様記憶しておいてください。それと比べると日本の犬達は処分されても、これと比べればまだ救いだと感じてしまいます。

ももこ姫様のブログから転載しておきます。お読みください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12544764487.html


[2019/11/13 14:44] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
楊さん支援の終了
中国の犬肉祭りで沢山の犬猫が盗まれ虐殺される現実に楊さんという1女性が毎年天津から玉林市までの2000キロをかけて犬達を助け出し「お金を出して購入」自分の資産も投げ出して犬猫達のためのシェルターを作り保護されてきました。

当会も今まで「玉林市市長」にHISのペーターリーさんから「市長の私書の方を通し」書面を送ったり、中国大使館あてに要望書を送付したり。また皆様からの家族である犬猫達の幸せな写真も集め沢山お送りいたしました。また何度もの署名集めにも多くの方々からご協力を得て中国大使館に郵送いたしました。

しかしながら中国という国は人間だけでなく動物に対しても日本人の感覚とは理解できないような扱いが行われている事も事実です。何とか世界中からの声が届けば改善してもらえると希望を持ちながら頑張ってまいりました。

今年の「犬肉祭り」ではもうメディアも取り上げることが無く楊さんもお金で買いに行く事はせず業者は期待外れでかなり縮小されたようです。利益が無ければ「食文化」でもないこの祭りは開催する意味などないはずです。楊さんも「中国に動物愛護法の制定を願う」という言葉を発せられていました。

楊さんも高齢になられ今までのように沢山の犬猫を保護する事も難しくなられるでしょう。国は違っても愛するべき一番感情のある動物の犬達。「食用」にする事はもう世界から非難が殺到しています。

しかし、この「犬肉祭り」が中止になったとしても日常的に犬達は虐殺され食べられる現実は無くならないのです。日本の「犬肉輸入廃止」を訴えたり、今後は違う方面から「犬肉食」廃止に向けた運動を諦めずに続けて行こうと考えております。長い間「楊さん支援」をして頂きました皆様。本当に有り難うございました。今回のお振込みを持ちまして「楊さんシェルター支援」を終了させていただきたいと思います。

でも「中国の犬猫達」の幸せな将来を願ってやみません。いつまでもこの子たちの助けを求めている声は聞こえています。皆様ありがとうございました。
[2019/08/28 14:27] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
世界中から犬猫肉食を廃止する署名
世界愛犬連盟様より「犬猫を食肉にしない」という署名を集めています。この「世界条約」制定に向けて皆様からの署名を100万人目標で集めています。また拡散、リンクをお願いいたします。

当会も4年ほど前から残酷な虐待を受けて殺され肉にされている犬猫達の悲惨な姿に心を痛め署名集め、中国大使館に要望、肉にされる犬猫を助けていらっしゃる「楊さん」に支援をしたりと行いました。先日も「楊さん支援チャリティーコンサート」も開催して頂いたり皆様が出来る事から世界中で一番のパートナーである感情ある動物「犬猫達」を救うために活動して下さっています。

どうか1人の力が大きなうねりとなり世界中から「犬猫を殺して食べる」という悪習慣をなくすようにご協力お願い申し上げます。世界愛犬連盟様は先日の「チャリティーコンサート」にもご協力いただきました。

署名はいつも情報を提供していただいております「ももこ姫様」のブログからお願い申し上げます。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12501149965.html

日本の犬猫だけではなく世界中にいる犬猫達を忘れずに助けてあげて下さい。
[2019/08/06 14:36] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
韓国の犬食祭り始まる
中国の「ユーリン犬肉祭り」が終わり、今度は韓国の100万頭が食べられる「ボクナル」が始まった。初日の12日にはソウルの国会前でハリウッド女優のキム、ベイシンガーさんも参加し「焼き殺された犬達の追悼」「犬肉反対の抗議」デモが行われました。そのデモの前で「犬肉協会」の人たちが犬肉を食べるという嫌がらせもあったようです。許せません。

韓国では「食用犬農場」という繁殖場があります。生後7か月ぐらいで屠殺場に出され殺されます。アメリカ保護団体「LCA」他国内外40以上の団体が集結し抗議デモがありました。また「チルソン犬肉市場」にも愛護団体「KARA」主催の抗議デモがあり日本からも活動家が参加したそうです。

その中で犬を路上で盗まれた女性が「犬肉市場」で愛犬を見つけ「返して欲しい」と懇願しても阻止されて肉にされてしまったと泣いていたそうです。もしそんな現場に遭遇したら私だったらどうするでしょうか?気が狂ってしまうでしょう。また韓国在住の日本人「中平静」様という方が酷い状況下で繁殖している「犬肉農場」から助け出した犬達の里親探しをされています。日本にも里親様を求めていらっしゃいます。その子たちの写真を掲載致します。またその子たちのための「募金」もお願いしていますのでどうぞ中国の楊さんを始めこのように個人でも活動している方々に応援をお願いいたします。

韓国の「犬食反対の署名」も集めています。今でもアジアの国ではこのように私達の愛すべき「友」であり「家族」の犬猫達が拷問の上で首を切られ焼かれて肉にされ食べられています。まず日本でも「犬肉輸入禁止」が実現しなければなりません。小さな力であっても皆が集まればきっと大きなうねりになり「アジアの犬猫」達を救う事が出来ると信じています。どうかご協力をお願いいたします。

詳細は「ももこ姫」様のブログ参照。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12493244886.html


犬農場で救助したワンコ達の新しい家族を募集します。
日本への里親さんも考えています。
手続き等で少しお時間頂きますが、
大事に大事にお渡しします。
生後3ヶ月半。珍島犬Mix.
予防接種3回済み。狂犬病1回済み。
幸せにしてあげて下さい。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12493133175.html
o0960096014499782237.jpg

o0768076814499782242.jpg

o0690069014499782252.jpg

中平さんのインスタグラムです。
https://www.instagram.com/shizuka_nakahira/

[2019/07/13 17:59] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
海外からのメール2

Chrisさんから返信ありました。が。。。
私からの質問は3つでした。
1. 楊さんのこと
回答:楊さんの活動のことは聞いた事はありますが、コンタクトした事がありません。ただ中国には楊さんみたいな活動家は沢山います。

2. 何故私達のことをご存知か?
回答ありませんでした。

3. 私達に出来る事を具体的に教えて欲しい
回答:初めに送信されたメールの内容と類似した説明で、具体的な回答はありませんでした。


中國の愛護団体様に質問したことの返信です。個人の方なのかきちんとした回答はいただけませんでした。
中国の犬達を海外の団体に引き取りを依頼しているようですが日本では「入国」させるのはかなり難しいです。それは協力が出来ません。毎日酷い扱いをされている中国の犬達を救おうとしている方がいらっしゃる事は嬉しいです。しかし国で「動物愛護法制定」を決議されない限り犬猫達は「家族」ではなく「食物」として扱われています。それも飼い主から盗んできた犬が8割ぐらいいるとの事。私達日本からどのような救いの手を差し伸べられるのか、悩むところです。




Thank you very much for your reply, I have been thinking about how to reply with all the stories sharing with you for the past few days, but I realize that I still can't finish it through an email.




So, let's start here:
Perhaps you and many international organizations know that the voices from the animal lovers advocates in China are almost banned. I heard about stories about Ms. Xiaoyun Yang, good or bad, but have not contacted.
In my opinion, the characters who can attract the attention of the international community do not need my help anomore, as there's more to be noticed , those who are nameless and doing the same or even risking their lives every day for those innocent lives.
What I have encountered recently (in fact, such things happen every day):
1, a private unofficial shelter in tianjin was maliciously reported by the landlord due to some money problems, and the dogs are now facing government investigations, as i see the investigations should be in yulin or other dogs meat market instead of just at a shelter where is obviously ppl here doing the good things
2, One of the weibo account deleted by sina which uploaded the photoes of dog meat trades in Huangshi City, because the woman in the video holding the dog skin that had just been skinned by the dogs meat dealer and accusing the government of acting as a umbrella.
the Umbrella is bigger more than our imagination isn't it?!

So heartbreaking everything when those news ever came to me, I can't just wait and watching these things to happen everyday.

Here my point again.
1, Yulin is all over china, not just guangxi province
2, Spending the fundings to buy dogs in the market does not help with ending it at all , which could only leave it continue. because the more you buy, the more they steal as they benefit from the dealings. Chinese is the same evil as the gov. Yulin will not stop, it will only become more and more dogs get killing.
3, To stop Yulin and all the dogs meat trades must start with the legislation on preventing the killing abuse and pets welfare.
4. Due to the current international situations, the Chinese government is increasingly inclined to ignore the pressure of international public opinion, as money is more important for it for the group or party.

My friends and I are still in China.
We are currently doing two things: 1. Send the dog out of the country as much as possible.
2. Prepare to united the international groups to urge the legislation, hope everyone agree and join us, we do boycott instead of petitions.

I really hope that more international organizations will clearly understand the current situation of the Chinese government and re-plan the rescuing or ending.
To understand the chinese gov you can follow 爱犬家 on twitter.

I hope you can help to lobby as much as the groups in japan or even some groups you know worldwide this year if possible, before we take actions together.

Thank you
[2019/07/13 17:55] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
玉林犬肉祭りは終わっても
6月21日から開催され多くの犬猫が虐殺されるこの悪夢のような祭りは終わりました。しかし中国では1年中、犬猫が殺され食べられています。1年間に犬1000万頭、猫400万頭が殺されています。

ぎゅうぎゅうに詰められた檻の中でこの子たちはこれから屠殺場に運ばれることも知らず、そこで待ち受けている拷問の殺戮。明らかに飼い犬で首輪が付いた小型犬からやせ細った病犬、老犬、綺麗な純粋犬等関係なく業者は「命」ではなく「肉にするだけの商品」なのです。

当会も何とかして「動物愛護法」の制定が出来ないか「中国大使館」等に何回も書面を送り要望してまいりましたが悲しい事に受け入れられませんでした。どうか皆様日本の犬だけでなくこんなにも可哀想な犬猫がいることを知ってください。私達は「動物達の命」をいかに尊重し福祉の面からも少しでも苦痛、恐怖を除いてあげなければならないと思います。

1自治体だけの犬猫だけに、いつまでも固執して関わる時間はありません。日本は「動物愛護法」というもので犬猫は守られています。しかし世界に目を向ければもっと努力をしてあげなければいけない「助けを待っている犬猫」が沢山います。また日本国内で「犬肉が輸入され食されている事」はご存知ですか?それも事実です。どうぞ皆様この現実を多くの方に知っていただいてください。そして声を上げて行きましょう。余りにも人間は動物に対して惨すぎます。

ももこ姫様のブログをご覧いただきたいと思います。動画の子たちは助けられたそうですからご安心ください。
https://ameblo.jp/momokohime7/page-2.html


[2019/07/06 17:01] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
玉林市犬肉祭りの1日目
今年も犬達を殺して食べる「犬肉祭り」が開催されてしまいました。トラックにグレーハウンドが40匹詰め込まれ「屠殺場」に運ばれる画像がありました。皆「ドッグレース」で使われ要らなくなった犬達が肉にされるのです。

また屠殺場にいる犬達の多くは首輪をした小型犬。この祭りの時期には飼われていた犬達が盗まれ肉にされて売られます。楊さんを始め海外からの大きな団体が助けるために購入する事もなく業者は売れ残ってしまう犬達も出ているそうです。

目の前にいる犬を救いたくなる気持ちがあってもそれをするとどんどん盗んできて犬を売る悪徳業者が繁盛します。今年は期待を裏切られたようです。それでもレストランは賑わい犬を殺して食べているそうです。どんな残酷な方法「生きたまま焼き殺したり、煮えたぎる窯で煮たり、生きたまま皮をはいだり」しても違法ではなく認められている中国。網の上で焼かれている生きた犬が「クーン」と弱弱しい声で泣いていたそうです。何とも耐えられない光景です。

いつの日かこのような地獄の祭りが廃止になるよう願っています。でも今年も10日間で沢山の犬達が犠牲になって行きます。本当に可哀想でなりません。

「ももこ姫」様のブログ参照してください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12485198398.html

[2019/06/25 14:24] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
ユーリン犬肉祭りが始まりました
昨日から「残酷な祭り」「玉林市犬肉祭り」が始まりアメリカの愛護団体「ヒューマン、ソサエティー、インターナショナル」HISより届きました情報をkさんが翻訳してくださいました。どうにもならないこの祭り。中国にたまたま生まれた事で犬達はこんなにも悲惨で残酷な殺され方をして人間に食べられています。1週間は開催されるこの祭り。小型犬~大型犬まで、子犬、成犬、老犬を問わず殺されていきます。地獄の祭りです。



簡単に訳しました。

長く恐ろしい旅の末、食料や水も与えられずにケージに閉じ込められた犬達は、玉林の屠殺場に到着しました。この部屋の中でお互いの目の前で殺されます。ぎゅうぎゅう詰めにされて、壁に押し潰されて、コントロールを失う子。恐怖から逃れようと必死です。とても信じられない光景です。しかし今年は、今日から開催されるYulin dog meat festival に、中国の動物保護活動家達が障害を乗り越えて、このビルに残された62匹全ての犬を救出しました。この子達は、中国北部にあるHSIのシェルターに運ばれます。この子達は幸運でしたが、アジア諸国では、未だひどい虐待を受けている動物達が沢山います。





Dear M,

After a long and terrible journey, crammed into cages and transported without food or water, these dogs arrived at a slaughterhouse in Yulin to be beaten to death for their meat.

Here, fear spreads through the room as they are killed in front of each other. Some of the dogs lose control of their bowels, while others crowd with each other up against the walls, heads turned up in an attempt to escape the horror. The scene is unbearable.

But this year, just before the annual Yulin dog meat festival that is happening today, a group of Chinese animal activists overcame unimaginable obstacles to rescue all 62 dogs left in this building. They are all being cared for by shelters, including a shelter in northern China supported by HSI. Now is when they need you the most.

Please make an urgent donation today to help us care for these dogs, end atrocities like Yulin and the dog meat trade and protect all the world’s animals from cruelty.




These dogs have witnessed the harshest abuse and neglect and are in desperate need of veterinary care and socialization. At our partner shelter, they're receiving all of that along with fresh food and water. With love and care from staff members, they'll learn to trust people again. From there, their journey to finding loving forever homes will begin.

They are the lucky ones, but this is only the beginning. Across Asia, other animals just like them are still at risk of hardship, suffering and terrible neglect.

Please, donate now to help us care for these rescued dogs, support our campaign in ending the cruel dog meat trade, and join our broader efforts to protect animals across the globe.

On behalf of these rescued dogs, thank you for supporting us, and thank you for helping us. With your support, we’ll be able to give more animals like them a second chance at life and put an end to brutality like this for good.

Sincerely,

Kitty Block
President
Humane Society International

P.S. If you've already donated toward their care and to help protect so many other animals, thank you. We are still processing donations.

[2019/06/22 17:12] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
海外からのメール
当会に送られてきました英語メールを当会スタッフKさんが訳してくださいました。中国動物福祉団体のChrisさんとSarisさんからの協力を求めるメールです。

しかしどうして当会のメルアドを探し当てたのでしょうか?このような文面から読み取ると「玉林市の犬肉祭り」は止めるどころか推奨していると。しかし以前市長にお聞きした時には「市民が独自におこなっているため市は関与していない」という返答でした。多分この愛護団体様は肉にされる犬がトラックに満載されて運ばれていくところをトラック止めて救出している方々だと思います。どうぞ皆様中国玉林市の現状をお読みください。


Dear Team

This is Chris from China, I ll try to explain briefly why I don't agree with petitions.

Ican foresee that Yulin will not stop, as the interest groups behind arenot under pressures while the local government has been the pushing hands & The Chinese central government has at least played a laissez-faire role. We have a lot of details to prove this, and we are still looking for more evidence.

Now I hope that the whole world of animal rights would wake up, know it at another standpoint to take actions of ending this, It is to urge the China gov to do the Compulsorylegislation which is different from the current practice as we all see that Now the animal lovers worldwide are still counting on the government to take initiative, by their tons of petitions, even turned to the extent of questioning xi, that would only make him shame and annoied, such things have not effectively ended the suffering of dogs and cats, but drawn a signal that animal rights will certainly be regarded as extremism to be suppressed in the near future, The last voice for those voiceless will disappear from China, the link between Chinese animal protection and the international community will be completely cut off.

You understand China's current international situation and what the Chinese government has done over the past 70 years.

Weneed the Chinese government or the party exactly, to impose a law on his nationals to stop the cruelty killing, and ensure the companion animals welfares. Forcibly, like In the Meiji Restoration of 1868 Japan.You may not know that the only law or regulation Our volunteers in mainland china who intercept dog trucks, were able to relying on was themeat slaughter and quarantine regulation, in the case of local government fair enforcement only(not happened always). The local dog-raising regulations we can see that have been for the purpose of increasing the revenue instead of the welfare of pets, that's why is so harsh that there is almost no humanity. The forces of dog dealers and dog robbers have grown stronger to do business with local government officials.

Any international activities in any cities could lead amust to an eliminating of dogs(the recent in Wuhan for the Military Game ). Now the legally registered dogs as well to be eliminated, the gov hired groups forcibly took away them from their owners.
After the Changchun vaccination incident, most Chinese cities carried out the dog eliminating campaign, sametime the local government introduced various strict and distorted dog-raising regulations to quell the "angerand panic" of civilians(we all know where those really from ).

As advocates of human rights and animal rights, we have seen this clearly.

Ifeating dogs in other countries in Asia is only a legacy of culture, then in China, we have reasons to believe that they are tools used by local government-led interest groups to collect money. Innocent dogs arecharged with too many dirty political events. .

Please believe that we are not groups of extreme person who agaist our gov only. The above views are not speculations. We still working on more evidence.

Westart the CAWW(China animal welfare watch) n looking for the chance to work with the world's animal rights advocates and those who have been desperate for Chinese animal protections, to get all of us out of the puzzle.
Don't give up on China's animal rights, don't give up Chinese dogs, don't give up all the animals here.
Anda call on the world to Work with us to urge the Chinese government's compulsory legislation by our united actions of boycott instead of justpetitions as beggers to those interest groups.

At the same time,we have different groups all over china been devoted to rehoming large dogs like sleddogs, Huskies, Golden Retrievers, Greyhounds, large Ruraldogs aswell. Any international adoption out of China, china is no longer for those large dogs who can not legally registered in many cities by the regulations. they turned to be highly rate killed / abandoned and possiblity to sold to the dog meat market.

I and many of my friends who been fighting for dogs would be grateful if you could help us in any of the two, legislative or rescue projects, even if just promotion and forwarding.

Time for dogs is already very urgent. I hope you can support us.

Thank you for reading.
Looking forward to your reply.
Regards,


Chris Cheung
& Sarah Q
Founders of China Animal Welfare Watch



中国動物福祉団体のChrisと申します。

玉林犬肉販売業者達は、市の行政から何の圧力を受けてません。また中国政府自体も自由奔放主義に任せて彼等を干渉してません。行政達の怠慢を証明出来ます。また現在も更なる証拠を集めています。


従いまして、各地で様々な反対運動を起こしてますが意味がないのです。だから私は反対運動に賛同してませんし、玉林が終わるとも思っていません。

今、世界の動物保護管理法が目覚めて欲しいと思っています。中国政府を強制的に玉林を止めさせるにはどの様な行動を起こすべきか。


未だ世界各地の動物愛護家達は、中国政府に期待して沢山の嘆願書を提出したり、質疑の要求などをしてますが、そんな愚かな行動はただただイライラしてさせてしまうだけです。犬猫達の苦しみを終わらす事は出来ないのです。


ではどうしたらいいか。動物保護管理法によって警告を発する事です。動物保護管理法は、近い将来彼等を確実に抑制する事ができます。


そして声なき動物達の代弁は、もう必要なくなることでしょう。

皆様は現在の中国の国際的状況と、中国政府が過去70年間何を行なってきたかご存知のはずです。

この残酷な虐殺行為を止めさるには、中国政府又は中国政党に動物保護管理法を樹立させる事が必要です。そして多くの動物福祉団体と協力していく事です。


1868年明治維新の時に、日本が大々的に政策の改革を強制的に施行した様に、中国国内でも改革が必要なのです。


皆様は、私達中国国内のボランティアが、屠殺されていく犬達を輸送しているトラックを阻止している事をご存知でしょうか。玉林市の行政は検疫検査などでの必要な場合にしか実施しません。現地の犬の繁殖規則というものは、ペットとしてではなく、収入を増やす事を目的とされているのです。


だからとても辛辣で、非人道的なのです。

公的に現地の行政と一緒になってビジネスとされているため、ドックディーラーや盗賊達の威力は、どんどん成長しているのです。

諸外国の保護団体は、中国から犬を排除するように働きかけるべきです。(武漢市では最近、Military Game とされてます)


現在飼い主にきちんと登録されている犬達が盗まれています。行政が盗賊を雇っているのです。
長春市の狂犬病ワクチンの不正事件以来、ほとんどの都市で犬を排除するキャンペーンが行われました。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.excite.co.jp/news/article-amp/EpochTimes_34968/

同時期に玉林市は、犬の繁殖規則に規制することを導入しました。市民の怒りを鎮めるために曲解したのです。

もしも他のアジア諸国で犬を食する風習があるのならば、それは伝統的な文化の為です。
しかし中国では、市の行政がただ収入を増やしたいが為に犯行グループを雇っているのです。
罪の無い犬達は、中国の汚れた政治のイベントの為に利用されているのです。

私達は過激な組織ではありません。ただ行政に反対しているだけということをご理解して下さい。またこれらの情報は、私達の憶測によるものではありません。今もなお証拠を収集しております。

私達CAWW(China animal welfare watch) は、中国の動物保護活動に絶望している世界の動物保護団体と、協力できるチャンスを探しています。


中国の動物保護活動を諦めないで下さい。


ここにいる中国の犬達を諦めないで下さい。


私達と一緒に中国政府に法令を定めるよう追い立て、世界中に働きかけるよう呼びかけて下さい。販売組織グループに対して、ただ著名運動行うのではなく、私達と一緒にボイコットをして下さい。

シェルターから救出されたハスキー犬、ゴールデンレトリバー、猟犬などの大型犬を引き取り、献身的に愛情を注いでいるグループも中国国内にあります。

中国のほとんどの都市で、大型犬は規則で法的に登録が出来なくなっているので、海外の里親へ譲渡してます。
犬達の為に私達は戦い続けています。

皆様がもし法律制定やプロジェクトに協力して頂けますととても嬉しく思います。
この活動をただ拡散して頂くことだけでも構いません。
一日でも早く犬達を救いたいと思います。
ぜひ私達をサポートして下さい。



[2019/06/18 12:58] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
犬肉祭りの救世主、楊さん
毎年夏至の6月21日の日から1週間、中国玉林市では1万頭の犬猫が虐殺され食べられるという残酷な祭りが行われます。犬猫達は汚い檻に積み重なるように入れられ3日間もトラックで水もエサも与えられず玉林市まで運ばれてきます。もうすでに檻の中で息絶えてしまっている犬も、その中で子犬を産んでしまった母犬が産んだ子犬を口にくわえて守っている姿、生きたままバーナーで焼き殺され、生きたまま煮えたぎる窯の中に入れられ茹でられる子犬小型犬、生きたまま皮をはがされつるされる犬達。

もう言葉にするのも辛い現実がまた今年も行われます。世界中から多くの愛護団体を始め大きな活動団体「ヒューマンソサエティーインターナショナル、HIS」等が現地で抗議デモを行っても昨年も警察の厳戒態勢の中犬達は殺され食されました。その現場まで天津から犬達を買い取り助けている楊さん。皆様からも「楊犬猫シェルター支援」としてご寄附を頂き昨年、送金致しました。

今回楊さんが中国のテレビに出演された画像が送られてきましたのでご覧ください。一緒に映っているゴールデンは飼い主が肉にするために祭り会場に売りに来たところを楊さんがお金を払い助け出した子です。中国語が良く分かりませんが文字の漢字から「犬を食べると言う事」にたいしてパネラーの方との意見の攻防のように思えます。「違うかな?」。中国語がお分かりになられる方がいらっしゃいましたら訳して教えて下さい。

楊さんはシエルターで抱えている犬達を中国の「愛護団体」に引き渡すような事も聞いています。しかし中国で里親探しをやっても再度「肉として売られてしまう」心配があります。1日も早く中国での「動物愛護法制定」の実現を強く願っています。この祭りに売られている犬達は8割方飼い主から盗まれて来た飼い犬たちです。そう、私達が今家族として生活している犬達と同じなのです。楊さん、元気そうな姿でテレビに出演されていました。今後も当会は楊さんの支援を続けてまいります。皆様「楊シエルター犬猫支援」としてご協力お願いいたします。

テレビの画像がありますのでご覧ください。
https://www.bilibili.com/video/av53017166?from=search&seid=9739370855005257937

[2019/06/07 17:01] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
世界一残酷な犬肉祭り
中国玉林市で今年も6月21日から始まる残酷な「犬肉祭り」に世界中から毎年、非難の声が上がっています。この祭りの時期、飼い犬が盗まれ肉として売られていきます。

当会も5年ほど前からアクションを起こし中止のお願いを「玉林市市長」「中国大使館」「習近平主席」等に要望書を送り訴えてまいりました。また皆様から沢山の署名と日本では犬猫が家族として飼われている写真も付けて送りました。しかしどうにも改善できない現実にこの時期が来ると毎日、犬達が残酷な方法で殺されて食される苦しむ姿が頭から離れません。

生きたまま煮えたぎる窯に入れられる小型犬、子犬。熱湯の中で助けてというように這い上がろうとする子犬達。生きたまま口、足を縛られバーナーで焼き殺される犬、生きたまま皮をはがされる犬。圧力釜に入れられ泣き叫ぶ猫達。苦しめて殺す方が肉が美味しくなるという間違った慣習。

今日本では考えられないことが中国では公然と行われ祭りとして1万匹の犬猫が殺され食べられます。余りにも哀れな犬猫達。どうにかしてあげたいといくら願っても何もしてあげられない悔しさ。皆様せめて署名を集めていますので協力してあげて下さい。皆様のいつの日か1人1人の声がいつの日か届く事を願っています。

「ももこ姫」様のブログから転載いたします。どうぞ現実を知ってください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12384068121.html


[2019/05/22 14:39] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
ご支援者様からのメールです

千葉県のO様より。

皆様の好意で無事に楊さんのワンちゃん達へのご飯代が届きました。
皆、おなかいっぱい、食べて欲しいです。
中国の残酷な現状に目をそむけないで下さい.。
見るのも辛い!載せないで!と思うかもしれませんが、
残酷な目にあっているのは、犬達です!楊さんです!
皆様が犬を可愛がっているように、楊さんも一人で頑張って世話をしています。
何十頭も…。
野良犬も雑種も関係ありません。
犬は犬です。皆可愛いくないですか?
虐待されて食べられて良い犬なんていないのですよ。
今後も私は、中国の楊さんの為に、出来る限り協力したいと、思っています。
楊さんの悲痛な声を聞いた私からのお願いです。
少しで良いです。
中国の犬達を助ける為に支援金の呼び方の際は、ご協力お願い致します。
[2018/12/04 20:55] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
中国の楊さんからメールが来ました
中国の「玉林市犬肉祭り」で盗まれた家庭犬も含め1万頭が虐殺される地獄の祭り。そこから犬猫を助けて保護している楊さん。当会も今まで皆様からのご支援を募り送金してまいりました。

その後楊さんは迫害を受け連絡先が不明になっていました。今回,支援を送っていただいておりますO様の職場の中国の方に以前お聞きしていた電話の方にかけていただきました。繋がりました。「日本の皆様には心より感謝しております」という内容のメールが来ました。そして今以前借りていた場所は寒いしボロボロになっているので引っ越しをされたようです。


カキザキ様、
オダギリ様、
コウケツ様、
こどもの国動物病院様募金箱、
小森動物病院様募金箱に頂きました「犬肉祭り救出支援」5万円をお送り致しました。

中国は「空前のペットブーム」と朝のテレビで報じていました。国民の意識が改善してもらえる期待と反対に売れ残った子犬、病気の子犬、迷子になった犬達、飼い主が遺棄した犬、盗まれた愛犬愛猫達が増えさらに虐殺の餌食になるのではと危惧しています。どうか「動物愛護法」が制定されるように切望致します。楊さんも頑張っています。遠く日本から中国の犬猫達を助けて頂いている「楊シェルター」に保護されている子達にフードを支援していきます。



2018-9-19-1.jpeg

2018-9-19-a.gif

2018-9-19-b.gif
[2018/09/19 15:53] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
楊さんからの電話
昨日中国語での会話をお願いしていますO様の会社関係の周さんに楊さんから電話がありました。その3回の電話の内容をお知らせいたします。

楊さんから…
日本は、私の宝です。日本の方に心をごめて。
本当の愛犬家の方、犬の基地を助けて下さい!
私は、犬をいじめるような人では、ありません。デマを信じないで下さい!私は騙し屋ではありません。
以前は、600匹~700匹位いたのに、今ら、半分もいない
連れて行かれた!と言ってたそうです。

2回目…
海外の愛護団体が楊さんをだましたらしく…又、色んなデマを流されたようです。

3回目…
嘘は、隠せないから、何が正当か、遅かれ早かれ、真実が明らかになるのを信じてる。。。



今はかなり犬達も減りそれでも300-400匹を保護されていると思います。目の前で拷問され苦痛に絶叫する犬猫の声を聞けば誰しも助けてあげたいと思うのが血の通っている人間だと思います。その冷酷な人たちと闘って助けている楊さんは口調も強くなるのは当然ですが「犬猫達を助けてあげたい」という気持ちは真実と思います。

どうぞ中国の悲運な犬猫を少しでも私達に代わって助けて頂いている楊さんを見捨てないであげて下さい。直接中国語が分からないO様が電話口に出てお聞きしたそうですが楊さんは迫害を受けて悔しい思いを口調から読みとれたそうです。それを側で周さんが訳して下さって何とか意思疎通が出来ました。やっとたどり着いた楊さんとのつながり。中国の子達、本当に助けてあげられなくてごめんなさい。でも絶対にあなた達の苦しみは忘れません。いつの日か本当に「家族として生きられる世の中」になる日まで努力しますから。
[2018/07/11 15:04] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
中国の楊さん連絡つきました
中国玉林市「犬肉祭り」の拷問させられる犬達を毎年助けていらっしゃる楊さんの近況がつかめず昨晩やっとO様経由で周さんと言う中国の方が電話をしてくださいました。前にもかけて下さいましたが楊さんは電話には出ませんでした。夜8時半すぎでないと犬達の世話で電話にも出られないとお聞きしていましたので昨晩9時半ごろ「現地時間8時半ごろ」かけていただきましたら楊さん電話に出られました。

「日本で心配をしている沢山の方がいます」と伝えてもらいました。お声はお元気だったそうで安心しました。嬉しかったです。今欲しいものは?と聞くと「犬達の食べ物」と言われたそうですが日本からフードを送ることは送料もかなりかかり出来ません。当会からは「フロントライン、犬用おやつ、猫用フード」を送ろうと思います。

送り先は楊さんの息子さんのご住所で大丈夫との事。遠い国で過酷な環境の中、誹謗中傷を受けながらも犬猫達を救っている楊さん。いろいろなことを言われる方がいますが私はどこの国の犬猫も「虐待されること」は耐えられません。これから皆様にもご協力いただき楊さんに物資で送りたいと思います。

ご支援いただきたいもの「犬用、猫用フロントライン」、犬用レトルト食品、猫用レトルト食品、また支援金をお振込みいただきましたら購入し送ります。

今年も沢山の犬猫達が苦痛の上、殺され食されました。非人道的この「犬肉祭り」を中止出来る日まで楊さんの活動を見捨てず支援していきたいと思っております。皆様どうかどうかご協力お願いいたします。
[2018/07/09 17:37] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム | 次のページ>>