TopRSS管理
気になっていたチワワ
横浜市青葉区のスーパーSのペット売り場に約1年いたチワワがいなくなりました。昨年12月で1歳になっていました。いつも小さなケージのガラス越しにお客さんを黙って見ている子でした。運動もできないので右に動いては座り、すぐに左に動いては座り。これしかこの子には運動する事が出来ません。

暮れにお店の方に「この子はもう1歳になってしまうけど、どうするんですか?]と聞くと「別にこのまま置いておきますよ」とアルバイトの子が言っていました。売れた犬達はガラスに「お渡し済み」という紙が付けられます。しかしそれもなく消えて行ったシーズー「オス8か月」、チワワ「メス1歳」ウサギ「10か月」などその他にも沢山いました。

最近この紙を見ることが減りました。私の他にも女性のお客様が「ここにいたチワワはどうしたんですか?]と聞いていました。「他に移動しました」との返事。1歳になった犬をどこへ移動なんかするのでしょう。そしてまた新しくそのケージに1か月位のダックス×シーズーが2匹、5万円という値段がついて入っていました。

ピーターラビットも12000円が5000円に値引きになっていましたが、ミニウサギ1000円はいなくなっていました。大きくなれば陰で処分されていく動物たち。1歳のいなくなったチワワ君は30000円まで値が下がりましたがそれでも売れませんでした。

今他にも6か月になるプードルが2匹98000円だった値段が48000円になっています。この子たちもまた消えて行くのでしょうか。もう売れなくなってきている犬猫達。それでも1匹売れれば他が処分されても採算がとれるのでしょう。この過剰に仕入れるやり方はもう反省してほしいと思います。

こうして死んでいく動物とは別に今日小さな母犬が1匹の子犬と収容され、センターから引き取って入院していた母犬が亡くなりました。子犬はすでに天国に行ってしまいましたが、このお母さんも後を追うように子犬の処に旅立ってしまいました。売り物にされて一度も外でお散歩もしたことなく、走り回って遊んだこともなく生涯を終えて行く子、捨てられてセンターで処分される子。どちらも可哀想な不幸な一生です。

その子たちの立場になってみたら、とても命を絶つことなど出来ません。しかし私たちが全部を引き取ることなど到底不可能な事です。今の現実を本当に改善できるような動物保護法が制定されなければ何も変わる事はありません。
[2010/01/21 04:15] | 気になること | page top
毛皮製品を買うのは止めましょう
毛皮製品を買うのは止めましょう
今でも毎日中国では皮を剥がされる犬猫が200万頭もいます。信じたくない、考えたくないと思っていても中国では現実に行われている残虐な虐待行為が行われています。

生きたまま皮を剥がすことなどなぜ国が許可をしているのでしょうか?死んでしまうと皮を剥がしにくくなるということらしいのですが、重なりある程に詰め込まれた犬達が入っている檻を沢山積んで運ぶトラックの画像を見ました。その子たちの目が頭から離れません。毛皮を輸出先の国で一番多いのが日本と言うことは我が国で毛皮の需要が多いということです。

人間は動物の命を頂いて生きています。それは避けられない現実です。しかしその命までを提供してくれている動物に最後、このような苦痛を与えていることは許される事ではないのです。しかしまだまだ新興国の中国に今どのように訴えて行けばいいのでしょうか?本当に悲しくなってしまいます。日本の処分されている犬猫たちの救出を必死で今までやってきました。命を絶つことは何の罪のない動物たちにとって本当に申し訳ないことと思います。

でも韓国の食肉犬、中国の毛皮にされる犬達猫たちにせめて署名のご協力をお願いいたします。「にゃんだふるわんだふる」様のブログの中に「毛皮生産について中国に規制を求める署名」があります。1人1人のお気持ちがきっと叶う事を信じてお願いいたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/bicribicl421/30283463.html
[2009/12/09 22:23] | 気になること | page top
こんな気持ちで犬を飼いたいとの応募人
こんな気持ちで犬を飼いたいとの応募人
たまに家にいると、いろいろな電話がかかってきます。昼ごろ携帯から1本の電話がありました。その会話の一部始終をここに載せておきます。

30代の男性、1人住まい、借家、1日いない。あちこちの団体にかけているようです。
「番犬が欲しいんです。お金が無いので、残飯を与えます。もしダメならビタワン位なら買えます。留守中は近所の人が餌と散歩してくれる。外の軒先において飼いたい」。

私は
「まず貴方が人の手を借りて犬を飼うことは止めなさい。もしその人が事情で出来なくなったらどうします?そしてこれから結婚して家庭を持つことになった時、犬が嫌い、または動物アレルギーのお嫁さんだったらどうしますか?そして誰も1日いないところに置かれる犬の気持ち、そして夏の暑さ、雷など考えて、この環境で犬は飼えません。お金もかかります。」というと

「自分はアメリカで牧羊犬の飼育もしたことがある、今緊急募集している柴犬を厳しくしつける事が出来るので、貰いたい。そして毎日職場にも連れて行かれる」とのこと

「職場に毎日犬を連れて行くなんて不可能です。そしてこのような柴犬の性格から厳しく、ただ叩いたりしてしつけるのでは、かえって攻撃的な犬になってしまいます。貴方には行政の犬はお願いできません」と断りました。

そうすると
「処分されるのと、自分が引き取るのと、どっちがいいか」と。

「世の中には沢山処分される犬猫はいます。だからと言って、誰でも引き取ってくれる人がいれば処分されるより良いとは私は思いません。人間と犬が共存出来ないのであれば処分という選択をせざるをえません。」と言いましたら

「それじゃー、買うしかないんですかね」とのこと。

「そうしたいのなら、私が買うなという権利はありません。ただ安易に買って、飼えなくなれば処分に放棄する飼い主がものすごく多くなったんですよ。貴方もそうしたらどうするんですか?」と言うと

「貰い手を自分で探す」と。

「その子が老犬になっていたら、貰い手があると思いますか?」と聞きました。

現実を全く分かっていない人でした。犬を飼うということは、自分が飼いたいからだけでは済まされないことも沢山あります。1匹の犬の生涯を最後まで責任を持って看取るまでの強い覚悟と愛情、生活環境、経済的な余裕<※別に贅沢させることではありません>社会人としての常識を持っての上での動物との共存だと思います。

犬猫はペットではありません。口は利けませんが、感情のあるパートナーです。

この人
「そんなに千葉や茨城に犬がいるなら、そこの個人でも保護している人を教えてください」と言うので

[あなたには、申し訳ないのですが、常識ある団体さんなら、だれもお願いはしませんよ」と断言しました。
こんな安易な考えで犬を飼う人が多いために、いつまでも不幸な犬「猫」が後を絶たないのです。
[2009/09/18 17:32] | 気になること | page top
参考のために
参考のために
犬を放すことについて、このように法律、条例で定められています。

昭和48年に「動物の保護及び管理に関する法律」が出来、昭和54年になってこの法律をうけて「東京都動物の保護及び管理に関する条例」が出来ました。また「法律」は平成11年に大きく改正され、名称も「動物の愛護及び管理に関する法律」となっています。中間省略。

条例では犬の飼い主に対し
1.囲いの中か、つないで飼うこと。
2.散歩のときは綱や鎖で確実に保持する事
  放し飼いや散歩の時に放すのは禁止されていること
3.飼い犬が人を咬んだときは、保健所に事故発生届けを出すこと、

などが定められています。

この条例はいわば当たり前の事、常識的なことばかりです。動物も人間も同じ社会の中で生きています。飼い主は自分の行動に責任を持ちさらには自分が飼っている動物がすべての人に社会の一員として受け入れられるよう努力する義務があるということを自覚する必要がある。東京都動物愛護相談センターの譲渡会テキストより。

当会はこの規則を厳守出来る新飼い主様に譲渡をお願いしており、例外的に容認する事はありません。他の人がやっているから良いのだと決めていることは単に自己満足以外何もありません。愛犬のことを本当に大切に思い、愛情があるのであれば、社会人として理解出来るのも当然のことと思います。
[2009/08/26 06:13] | 気になること | page top
NHK番組ーペットは泣いている
NHK番組ーペットは泣いている

現在のペット事情を放映していました。
動物取扱業の規制をもっと細かな規則を設けなければ悪質な繁殖業者は後を絶ちません。日本では1年に2回、どんな病犬であってもただ子犬を産む機械としか扱わない業者。10歳でも生まされた母犬もいました。

パピーミル「子犬工場」の現状は悲惨なものだ。全身皮膚病、4歳ぐらいになれば子犬を生まされているため歯がぼろぼろ。挙句の果て餌も十分に与えない。小さな檻に3匹ぐらいの犬を押し込め動くこともできない。そしてインターネットでネット販売をしている人間は店を持たなくていいので、簡単に売りさばく。
しかし、買う人間も価格を比較し安いところを探す。激安な犬が1円から売りに出される。売れ残れば餌代がかかるので殺してしまうと元業者が話しています。

イギリスでは繁殖犬たちは終生飼養を義務付けているとか。そんな業者から買っても最後まで飼い主が飼うのならそれでもと良いと思います。しかし、現実はいらなくなると処分するためセンターに出し自分の目の前から消えればそれでも良い飼い主。何の心の痛みも無い。薄利多売の日本の現状は買う側の人間にも責任はあります。

子犬の母犬はどんな飼い方をされているのかと考えて買う人が何人いるのでしょうか?イギリスは登録制の日本とは違いライセンス制「許可制」なので一度違反をすると何年間は営業は出来ません。しかし日本は地域が変わればまた営業が出来てしまう。私たちも今までひどい店をセンターに連絡し職員に行ってもらいましたが、法律で規制できる範囲でしか注意出来ないので営業停止までは行きつきません。歯がゆい現実なのです。ザル法である動物愛護法を改正する事が出来るよう働きかけなければいけません。

私たちのような団体がいくら沢山出来たとしても、救いきれないほどの命が産まれています。一番の被害者である犬猫たちの悲しい悲鳴をいつななったら受け入れてあげられるのだろうか?
[2009/08/06 04:23] | 気になること | page top
譲渡の誓約事項
譲渡の誓約事項
たくさんのセンターからのレスキュー犬達が御家族の下で幸せに暮らせていることが私達のこの活動の大きな支えとなっております。新飼い主様には心より感謝申しあげております。しかし、年月が経ちますと、心の緩みが出てきたときに、さまざまなアクシデントが生じています。法律上犬を放してはいけない事は飼い主としても当然のことですがそれ以上に犬を危険にさらすこととなります。放したがために折角助けた命を落とすことが過去多くありました。この子達をお願いする時に「放さないこと。いつでも首輪を装着し名札をつけておくこと」と当然のお約束をし、譲渡をしてきております。しかし残念なことにいくら私たちが忠告してもその方の意識の中にそのような意識が無い場合は必ず、先に行って事故が起きています。前の犬はリードをつけなくても呼べば来るとか、放しても帰ってくるとか、何の罪悪感も無く話される方がおりますが、それは自慢できることではないのです。反対に私たちは飼い主として適切ではないと判断させて頂いております。今回もトライアル中にお約束を守って頂けずお返しいただく犬が出てしまいました。どうぞ里親様に現在なって頂いている方も、もう一度初心を思い出してみてください。本当の愛情とは、事故無くその子の命をまっとうさせてあげられる事と私たちは思っておりますので。
[2009/03/19 15:03] | 気になること | page top
売るために作られるミックス犬
最近聞いたことも無いような名前の付いた犬種が店頭に並んでいます。それも相当な価格が表示され、あくまでもそのような犬種があるのかと錯覚させられるような名前です。

チワワとダックスで「チワックス」、
マルチーズとシーズで「マルシーズ」など。

今回当会が引取ったパグとダックスのミックス犬も「パグダックス、パダックス」などと名前がついて売られています。管理が悪い多頭飼いのブリーダーが不注意で生まれてしまったのを処分せず里親探しをしているならともかく、純粋犬が売れなくなると、あえて珍しい雑種を作り商品にするなど、許し難い行為です。

犬種にはその犬ならではの習性、性格があり短所も長所も兼ね備えて種を保存する義務があることがポリシーを持ったブリーダーだと思います。両犬種の長所を持って生まれれば良いですが、もし短所を両方の親犬から引きついたとしたらどうなるのでしょうか?近所にも老人が連れている犬がものすごく動きがすばやく、手余ししているので聞くと「娘がネットで買ったジャックラッセルとプードルのミックスなんです」とのこと。また病院に連れてきた飼い主が「豆ラブです」という言葉に獣医さんから「そのような犬種はありませんよ」と言われて「えっ、そうなんですか?」とびっくりしていました。柴犬とラブラドールのミックスを豆ラブとして売っていたそうです。

またパピヨンにしては目が大きいし顔が丸いので聞くと「パピヨンとチワワのミックスです」と自慢げに言う飼い主。以前純粋の血統に他の血が混じってしまうと2代後まで純粋犬としては子犬は売れないと聞いたことがあります。しかし商売は需要があれば売れる商品「犬」を作ります。珍しいというだけで買う人間がいる限り、このような子犬達が作られて売られていくのです。生まれてくる子犬達には何の罪もありません。

悪いのは?もうお分かりですね??
[2009/02/21 16:45] | 気になること | page top
信じられないボランティア協力
たまたま犬を2匹、線路のところで轢かれそうなので保護した方が動物病院に連れてきて困っている場面に遭遇してしまいました。

みると1歳ぐらいのプチバセツトグリフォンバンディーンと言う犬種にそっくりでした。首輪も無く余りきれいではありませんでしたが飼い主が出るのではと言う事でその方が保護してくださることになりました。
そして今日近所の方で知っている人がいて、その方から飼い主が判明しお返ししたと連絡がありました。びっくりしました。この犬猫の現状を賛同し保護活動も協力してくださった方が、わざわざブリーダーから買った犬でした。それもこの犬種のミックス犬を兄妹犬で2匹いっしょに。放し飼いしていて庭から戸が開いていて出て行ってしまったとのこと。

これだけ繁殖させられた犬が売られてその母犬達は最後までお金儲けの道具にされてボロボロになるまで酷使され病気になっても治療もされないまま放置され、仔犬は皮膚病になったり、売り物にならない場合は悲惨な最後を強いられている現実「実験動物として売られる 餓死させられる 遺棄される 収容所に出される 繁殖用として一生使われるなど」が待っているのに。

全ての人にお金を出してまで命を買うなとは言いません。しかし、せめてこの活動を理解している方だけでも、ブリーダーから購入することはしないで欲しかったです。とてもショックでした。今回引取ったブリーダーの犬達も皆かわいそうな状態です。私たちが必死にいくら助けても、仔犬を産ませて生産する工場である悪徳ブリーダーがいる限りこの現実は変りません。

犬猫を買う前に、この仔犬「子猫」の母犬達のことを考えてみてください。あなたの気持ち1つで不幸な仔犬を作らない事ができるのです。インターネットで「売れ残った子犬は」と検索して見ました。本当に動物を愛する気持ちがある皆様でしたらこの現実を真剣に考えてやってください。
[2009/01/12 06:24] | 気になること | page top
また起きた中毒死
先日このブログにも載せました愛犬の中毒死事件がまたおきました。川崎市麻生区片平地域で柴犬が死亡してから1ヵ月後,そのワンチャンの親友犬のMシュナウザーがまた同じ症状で入院し3日後に死亡していたことが分かりました。やはり有機リン系の薬物が、また撒かれたようです。まだ知らされていない死亡した犬達もいるはずです。

この犯人は何が目的でこのような非人道的な事をくり返すのでしょうか?これが今度、子供たちでも誤って舐めでもしたら…考えるだけでも恐ろしい事件です。この地域にも沢山の保護犬達が譲渡されて行っています。折角助けた命を、みすみすこのような事で消す事が無いように,どうぞ気をつけて下さい。警察に今、届けるよう連絡いたしましたが動物のことでどこまで調べてもらえるかは分かりませんが,再発は防止しなければなりません。
[2008/12/23 03:55] | 気になること | page top
お散歩は注意してください
お散歩は注意してください
1昨日1年半前に里子に出た子が散歩から帰って食事を済ませ2時間後に急に横たわり目の瞳孔が開いて、舌がでて獣医さんに運んだ甲斐も無く亡くなってしまいました。有機リン系の毒物を誰かが草むらに撒いたのをこの子が舐めてしまったようです。液体のため解毒剤を注射しても2舐めしただけで血液に入り死亡してしまうほどの強い毒性のある物らしいです。町田、成瀬でもダックス、ボクサー犬が同じ様に死亡しています。今回は麻生区ですが皆様お散歩は草むらに入らないよう、また犬が何かを口にしないように充分に気をつけて下さい。可愛がってもらい茨城ノセンターから親子で助けてきた本当に性格の良い子でした。世の中どうしてこのように命をおもちゃにするような人間が存在するのでしょうか?許せない行為です。
[2008/11/18 16:55] | 気になること | page top
有名人の飼い犬とお見合いし子供を産ませる
・・・・というこんな番組を作るなん呆れています。
http://www.bs-asahi.co.jp/wannyan/index.html
皆様で抗議して頂きたいと思います。これだけ安易な繁殖を繰り返されたばかりに現実処分される犬猫が増えている中、興味本位で素人繁殖を助長することになりかねません。

当会からも意見を送ります。
[2008/10/24 17:16] | 気になること | page top
守ってもらえなかった約束
携帯電話がなり、力ない女の人の声。「以前に2匹の犬をお世話していただいたKです。お詫びしなければならない事があります」。

私はとっさに、頭を過ぎった事が的中。「車に轢かれたんですか?」「すみません、抱いて駐車場に行こうとしたら、主人の姿を見て喜んで手から飛び降りてしまったんです。いつもは車が通らなかった所なんですが。」

この方、前にも病院で待ち合わせをしたとき、リードも付けないで、抱いて車から降りてきたので「外に出るときは、必ずリードを着けてくださいね。」と注意したことがありました。私たちは長年この活動をしてきて、どれだけ、このようなリードを付けないために起きた事故を経験したことか、病気で亡くなるのは仕方ありませんが、交通事故死するのは、これは飼い主の不注意です。

「以前にもお話しましたよね?それでも、また今回このようなことが起きてしまったことは、もういくら私がお話してもその意味を御理解していただけなかったこと、価値観が違うことはどうにもなりません。K様にお願いし一任した犬ですから、私が24時間見張っているわけには行きません。この子は5歳ぐらいしか生きられなかった運命と私は諦めますが、多くの方は一度このようなことが起きないと分からないのは非常に残念です。一度起きたら終わりなんですよ」と、かなりきつく申しあげました。

今までもお渡しするときに皆様にかなり厳しく話しているのにこのように約束を守れないのは、人間を見抜く力が私になかったと思うしかありません。「名札やリードを付けないとWさんに怒られるから。。」と言われる方がおりますが、怒られるのではなく、犬のために、言っている事で、また犬を飼っている人達に見本になるような飼い主が増えることで地域の飼育のレベルが向上して欲しいためなのです。これをお読みになられた飼い主、里親様、他人事ではありません。もう一度確認をお願い致します。
[2008/08/16 22:16] | 気になること | page top
取材の日に頼まれた犬
今日は大分前に取材依頼がありました某マガジン紙様のお話し合いに行ってきました。こちらの都合でなかなか時間が取れずにずっと延長してしまいましたこと申し訳ございませんでした。殺処分されている犬達を少しでも減らし捨てられる犬を減らすために啓蒙運動と、きちんと活動している愛護団体への寄付、貢献をしていらっしゃる「ONELOVE」様よりお声がかかり当会の趣旨、活動内容、譲渡の実態、今後のペットショップのあり方、など御理解賛同をしていただきました。そして開催予定の「犬猫譲渡会」の事も紹介してくださるとの嬉しいお言葉を頂きました。

この日センターに立ち寄り以前来所したとき廊下で柴犬の性格チェックをしていたとき檻のガラス窓にお顔だけが出ている高さからじっと私達を見つめている1匹の犬がいました。「座れ」と言うとすぐに座り「お手」「お変わり」と言うときちんとしてくれました。今日廊下に出してもらい職員と話している間も落ち着いて大人しく座っていました。いい子です。



さー、この子を助けてあげたくとも置き場所がりません。引取るお話もありますが環境問題がありどこでも良いという訳には行きません。







3歳ぐらいの中型より少し大きめ。お外飼いOK。

この子の命を引き受けて頂ける方を緊急募集しています。
メール:lovedogcatjp@yahoo.co.jp

[2008/07/18 16:37] | 気になること | page top
里親詐欺
里親詐欺
今回御病気で犬の引き取りの協力をしている飼い主さんが御自分で希望者に渡してしまったプードルが行方不明となり探していた所、再度その女から連絡があり「他の犬も友人が飼いたいと言っているので引き取りに行きます」と連絡が入りました。

いつも公衆電話からで携帯電話も持っているのに身元を判明しないように工作をしているようでした。そして呼び出したところやってきて「住まいは東京だけれど別荘がこちらにある」などと嘘を言っていました。

東京の者と言いながら今回返してもらうために飼い主さんは着いて行ったところ神奈川の山の中の繁殖場兼住まいだったそうです。この女は以前相模原のペットショップが倒産した時も飛んでいったが全部引取られた後だったと話していたとか。

こうしてこの子は無事に戻りましたが、多くの飼い主は飼えなくなると何の疑いもなく引き渡してしまいます。まして今回は血統書もくれと言われたが繁殖には使わないでくれと言って渡さなかったそうですが、こんな血統書は無くともこのようなブリーダーは、いくらでも偽血統書なんか作ってしまいます。ここには多くの犬の声がしていたそうですが、このような形「里親として」で集められた犬達がまた繁殖に使われ、いらなくなると放棄されていくのです。

里親探しは本当に慎重にしないとこのような事件はまた起こるでしょう。動物取り扱い業の登録がされているか調べます。これは詐欺事件ですのでほっておく訳にはいきません。
[2008/07/05 17:24] | 気になること | page top
売られていく子犬子猫
売られていく子犬子猫
この1週間位の間に2箇所のペットショップをたまたま見てしまいました。暑くなってきているのに、ケージの中には水が入っていませんでした。店員さんに聞きました。「エサを食べさせた後飲ませています」。エサは1日何回食べさせているのでしょう。多分2回しか与えないと思います。

担当のセンターから職員が、見にいってくださいました。「2時間間隔で飲ませている」と言っていたそうです。本当かどうか分かりませんが一応管理は問題ないとのことです。そして最悪なのは駅近くの商店街の中の細い路地に10代の子のファンシーショップかと思うような店があります。ピンクや黄色のマーカーでウィンドーに宣伝文句が書かれています。そして子犬、子猫は小さな箱のような檻が並んで2段重ね。その檻の後ろの部分には鏡が付いていて動物が良く見えるようにしてあります。子犬達は落ち着かない、精神的に負担になる陳列方法です。

ガラスの扉は閉められ、空気が入るところは後ろの上の部分あいている3-4個の穴のみです。頭の上には電気がついて夜8時でもまだ展示されていました。新聞紙を細かく切った中に本当に小さい子犬子猫が入れられていました。ここは夜、閉めて店員が帰れば誰もいません。まして冷房、空調も無く扇風機がかろうじて着いていますが夜は切ってしまうのでしょう。

この店は止めさせたくとも、営業停止にできる決まり「スペースの広さなど」が無いために出来ないそうです。マークされていたようです。環境省がもっときちんとした細目を作らなければ、このような商品でしか扱わない店は減りません。見たくないペットショップです。でも監視して、通報していかなければ改善はされません。皆様も動物のために、あまりひどい店がありましたら管轄のセンターに通報してください。お店の方へ。。。「犬猫達はおもちゃではないんですよ。」
[2008/06/26 17:16] | 気になること | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>