TopRSS管理
多頭の甲斐犬放棄
今から10数年年ほど前、町田市の老人が
会社の社宅裏に甲斐犬を28頭ほど飼っていて繁殖をさせていました。
オス、メスをペアーにして廃材で囲いを作りその中で子犬を産ませていました。

しかし売るわけではなく欲しい人に上げたり
また残った子犬は穴を掘って生き埋めにしていました。

その爺さんが倒れた日も子犬を埋めるために穴を掘っていて、
同僚の方が「そんなこと止めろ」と注意した時、急に倒れて病院に運ばれたのでした。

親戚の方は全頭処分してくれと町田保健所に言って来ました。
そのことで当会に相談が入りとりあえず私は見に行きました。
一斉に吠えたてる熊のような犬達。
飛び出してきたらかみ殺されるのではないかと思う恐怖を感じました。
「甲斐犬」と言う犬は他人に対し非情に警戒心が強く簡単には手なずけることは出来ません。

この会社の方が「1カ月はここに犬を置いておいても良いですよ」と許可して下さいました。
しかしこの子たちは一度も首輪を付けた事もありません。
何度も通い犬達に信頼関係を築き、首輪を着ける事からが始まりでした。
しかし数匹はどうしても唸り近ずくことも出来ず
今は亡きO獣医先生が麻酔薬を打ち眠っている間に首輪を付けケージに入れました。

柵の中に入れば泥でぐちゃぐちゃ、傾斜のある土の上は滑りそうになり
靴は泥に埋まりものすごい蚊に刺されながらの保護でした。

それからタウン誌様の協力で「里親募集」を掲載してくださり
約1カ月かけて全頭保護し里親様の元に命を繋いだ事件がありました。
その中にも妊娠していたメス犬もいて可哀想でしたが手術をし子犬を出した事もありました。
また既に子犬が生まれていた檻もあり本当に無責任な飼い主の後始末でした。
何匹かは今までにも脱走して車にひかれて死亡した犬もいたそうです。

この老人の方は入院中も家族、親戚も病院には訪れる事がないような
孤独な方だったのかもしれません。
全頭の里親様が決まった時点で私は病院に行き
「みんな助かりましたから安心して下さい」と報告に伺いました。
その後、老人の方が亡くなったと知りました。

この時の犬達もいろいろな運命をたどりました。
交通事故死、フィラリアがかなりいて死亡、散歩中草むらに薬剤が撒かれたらしく急死した犬、
脱走して東京都のセンターに収容され処分になった犬「これは後から逃げた事を知りました」、
相模原の譲渡先から逃げて今まで仲間といた町田方面に帰る途中に
妹犬のいる近くに毎日現れて再度保護した犬「この子は最終的に行方不明」、

また反対に今日連絡頂きましたN様、
さすけ君と言うお名前を付けていただき天国へと旅立ったとの連絡を下さいました。
22キロもあった犬の介護をして下さり
「本当に大人しい子で近所でも犬がいるのを分からない位吠えない子でした。
自分もこの子に沢山癒されました」と愛情いっぱいに育ててくださった里親様でした。
長い間きちんと育てていただき最後の報告まで下さった事に本当に感謝致します。
ありがとうございました。

最初「甲斐犬」と言う犬種に私は余り好感を持ってはいませんでした。
しかしこの子たちに接することで初めてこの犬種の持つ味わいのある性格が分かりました。
地味で控目でどこか古武士的で媚を売らない、
その半面、信頼関係が出来れば誰よりも人間が大好きな犬であること。
熊と闘う闘争心と裏腹に飼い主にはあふれるほどの忠実さを持った犬種であること。
それはこの犬種を飼育してみて初めて分かるのだろうとその時に感じました。
今思えばものすごく大変なレスキューでした。
あの時の犬達は皆それぞれの一生を過ごした事でしょう。
[2014/03/26 15:43] | 放棄・虐待 | page top
ドッグフード会社のアイムスが動物実験
犬達の健康に良いドッグフードを生産していると思われていた
ドッグフード大手メーカーの「アイムス」が
10年間に460匹の犬猫を実験のために
虐待死させていたという信じられないニュースを見ました。
「相模動物愛護の会」様の13年6月19日にアップされた記事を読み
どこまでも企業は犬猫達のフードを売るために
陰でこのような残酷な実験をして売り出していたなんて。


信じられない事実を知った以上気持ち良く購入する事が出来なくなりました。
もちろん動物実験が無くなったとは思ってはいませんが、
同じ犬達のフードを作るために多くの犬の命を軽視した実験は即刻中止してもらいたい。
私たちが知らない裏の世界で沢山の動物が苦しい実験をされて
その結果だけを私たちは安全と思い生活をしている毎日。
化粧品会社、製薬会社、食品会社、そして今回のペットフード産業。
世の中どこまでこのような残酷な事が横行して許されるのでしょうか?
このブログを皆さまご覧になってください。
どのように感じられますか?
http://blogs.yahoo.co.jp/pomemarilove/37573235.html
[2014/02/01 16:47] | 放棄・虐待 | page top
置き去りにされたシーズー子犬
最近キャリーバッグに入れたまま捨てて行く飼い主が横行しています。
そんなことするならなぜ犬を飼ったんですか?と聞いてやりたい。
無責任極まりない最低の人間です。

数か月前にもある団地の駐車場につないだまま
手紙が付けられて捨てられていたシュナウザーがいました。
我が家のシーズー「くるみ」も10数年前新宿警察の前に
キャリーバッグに入れられ置き去りにされセンターに収容されました。
また「動物検疫」のタグがついたままキャリーごと公園に置き去りにされていたペルシャ猫。
川崎市でもキャリーバッグに2匹のシーズーが入れられゴミ捨て場に置かれていました。
皮膚病、眼球障害でした。
スーパーのトイレの中にキャリーバッグが置かれていて中に子猫が4匹入っていました。
土手にキャリーに入れたまま置き去りになっていたダックス。
電車の中にハムスターが6匹、ケースに入れて置き去り。
大人しい子は誰にも気付かれず餓死してしまうかもしれません。
その他にも今までどれほどの置き去りがあったでしょうか。
欲しい時は何十万も出して購入し、いらなくなるとゴミ同然に捨ててしまう飼い主。

今回の子犬のシーズーもキャリーバッグに入れられ、
他のバッグにペットシーツ、玩具、ハーネス、食器、栄養補助食品、
フード等とともに置き去りにされていました。
「25年7月生まれ」と書かれた紙とともに。
この子を買ったときに店員さんの言うように全てを買いそろえた物が入っていました。
どんな事情があれ、飼えなくなったのなら自分の責任において
新飼い主を捜す努力をするのが人間として当然の事と思いませんか?。
動物を捨てることは「犯罪」です。

しかし捨てるような飼い主にこの先飼われているよりこの子の将来を考えれば
もっと素晴らしい飼い主に巡り合うチャンスはあるのですから反って幸運でした。
世の中、人間の赤ちゃんですら生まれてすぐに公園に捨てられたニュースが報道されていました。
何とも無慈悲な世の中になってしまいました。


2013-11-1-001.jpg


2013-11-1-002.jpg


2013-11-1-003.jpg


2013-11-1-004.jpg
[2013/11/01 07:04] | 放棄・虐待 | page top
佐賀ブリーダー事件
アニマルレフュージ関西「ARK]様のブログを読みました。
「是非ブログを開けてお読みください」。

http://arkbark.net/?q=ja/node/4243

虐待している男が繁殖をして販売している事を
九州にお住まいの方に御協力していただきたいと書かれています。
そして日本中の愛犬家の貴女[あなた」様からも自治体に抗議してください。

このように日本国中の繁殖場は犬猫に虐待と言えるような事をして命を売っています。
今現在も莫大な数の犬猫達は
ただただ産ませるためだけに1つの檻に複数押し込まれています。

365日、24時間何楽しみも無く、吠えて要求をしても聞き入れる事もしない。

毛玉だらけ、爪も伸び放題、足を引っ掛けて骨折しても放りっぱなし、

エサ、水も充分に与えない、糞尿の山の中に寝起きさせられている、

運動もさせないため筋肉が落ちてしまい背骨も湾曲してしまう、

出られないストレスからケージを咬んでいる犬、

何度も出産させているためカルシュウム不足からあごの骨も溶けてしまう母犬、

子宮は膀胱、腹膜に癒着してしまう。

暑くても寒くても何の配慮もしない、

皮膚病で痒くても、耳の中はミミダニでまっ黒でも

病気になっても病院にも連れて行かない。

死亡すればまた新しい産ませる犬をタダ同然で仕入れてくる。

血統書のない犬に業者間で血統書だけを売買しその犬に付けて販売する、

これを「動物虐待」と言わず何と言うのでしょうか。



「佐賀ブリーダー」だけの問題ではなく日本国中の多くの繁殖場はこれが現実です。

それでもあなたはこのようなところから「命」を「お金」で買いますか?、
繁殖犬達の悲鳴が聞こえませんか?
[2013/03/27 04:53] | 放棄・虐待 | page top
ジッペイ追悼番組を見て
飼い主「ブリーダー」の不注意による
悲惨な死に方をさせられたジッペイを含む7匹の犬達。
昨日ZIPの中で「追悼番組」が放映されました。
「突然の訃報」と報道するだけで真の原因は伏せています。
可哀想と涙を流しお別れの献花をしているスタッフ達。
しかし残念なのはこの死を無駄にしないように2度と同じことが起きないように
「犬達を車に置き去りすることの危険性」を少しでも話してもらいたかったです。

今、散歩途中にサモエド協会に入っている方からお聞きした事。
もう名前も分かっている飼い主「横浜市在住のブリーダー」が
ジッペイの子供を産ませ子犬8匹と母犬をカレンダーの撮影のために
スタジオに入り手が離せなくて犬達9匹を車に置き去りにし
1時間半して戻ったらもう倒れていたようです。
タレント犬達は長時間拘束されて
どれほどのストレスを与えられているかを考えてもいないのでしょう。

自分たちの金儲けのために声帯手術までさせられ、
あちこち、寒くても暑くても連れまわされ
このような結果になった7匹の犬達は浮かばれません。
本当に反省をしているならこのような仕事は廃業するぐらいの償いをするべきです。

日本テレビ「24時間テレビ」の中で
また犬と嵐のメンバーが一緒に出る事が今非難されているそうです。
まだ懲りないんですね。
結局視聴率が上がればテレビ局はそれで構わないのでしょう。
飼い主もテレビ局ももう戻ってはこない命を心から反省し償ってほしいと思います。
ジッペイ達7匹の子達本当にごめんなさい。
どれだけ苦しかったことか。
今想像しても心が苦しくなり後味の悪い事件でした。
[2012/08/18 23:14] | 放棄・虐待 | page top
ジッペイの死について不透明
東京都動物愛護相談センターに「動物取扱業」について聞きました。
今回のジッペイ達は撮影以外は飼い主の元に生活している犬で
東京都在住でないためそれ以上の事に踏み込めないとのこと。

この飼い主自身も独自で動物を使ってのタレント業をしているようです。
今回は「ZOOJAPAN」の依頼した仕事ではなく、
飼い主自身の時間内で起きた事なのでと関係ないと言っているようです。

事の真相はまだ判明していませんが、
飼い主として9匹もの犬をボイジャーに入れて車に残し
1時間半も車から離れる事事態、考えられず飼う資格はないと思います。
人間なら過失致死となりますが
動物は飼い主の所有物でこんな可哀想な最期を終えさせても何ら罪に問われません。

このジッペイ兄弟ばかりに悔やまれるメールが多い中、
しかし他の死亡した5匹の犬達も同じように苦しい最後を終えたのです。
飼い主は可愛がっていたと言ってますが
このような最期をさせたのはものすごい罪な事です。
本当に気分が悪くなる事件です。
2度とこの飼い主のところには生まれ変わっても行かない事を願います。
[2012/08/13 16:20] | 放棄・虐待 | page top
ジッペイ達の死
昨日も日本テレビは電話が繋がらず、今やっと電話が繋がりました。
この犬達はやはり「プロダクション」のタレント犬として
働くために飼われていた犬でした。

テレビ局の電話に出た女性も、どうでもいいような対応。
「テレビ局が動物を使うときはもっと調べて、
こんないい加減な人間がやっているプロダクションから動物を借りないでください。
犬が車の中で息絶えるのは体温が人間より高いためどれだけ苦しかったか想像つきますか?
もう2度とこの業者から動物を借りないでください。
何の謝罪もないまま7匹もの命を奪った業者の
動物虐待の償いもないようではテレビ局自体非難されても仕方ありません。
上の担当者にしっかり伝えてください。分かりましたか?」と言っておきました。

声帯手術までさせられて暑くて助けを求めても吠える事も出来ずどれだけ苦しかったか。
動物を物としか扱わない人間。
この飼い主「業者」は犬を飼う資格はありません。
速、廃業して反省してほしい。
本当に7匹の犬達はセンターのガスで死ぬより残虐な死に方をさせられました。
きっとこの飼い主を恨んで旅立ったことでしょう。
ジッペイ兄弟達、安らかにお休みください。


追加
ジッペイの所属プロダクションは
「ZOO JAPAN]と言うペットシップも経営している業者です。
ここのブログから何の説明もなくジッペイ達は削除してあります。
新しく「こんにちワン、ぶらり途中下車の旅みてねー」と何の反省もなく
新しい番組を紹介するこの態度は死んでしまった犬達は商品。
もう終わった事と余りにも酷い人間たちが運営している業者です。
大手のコマーシャル「Softbannk][花王」「マクドナルド」「天才志村動物園」など
皆さまも見たことがある動物たちです。
ブリーダーとともに人間の商品として命を奪われている多くの動物達。
本当に許せない事件です。
これは「動物虐待」として法的に裁かれるべき出来事と思います。
今後もここの動物を使うようなテレビなどの媒体は非難されることでしょう。

[2012/08/12 20:16] | 放棄・虐待 | page top
日本テレビに皆さま抗議してください
日本テレビ系列朝の情報番組「ZP]に出演していたサモエド犬兄弟を含む
9匹の犬が停止していた車に残され1時間半ぐらいして戻ると
エアコンが切れ7匹の犬が死亡してしまいました。
この炎天下閉め切った車内の温度は50度以上になり
犬達はどれほど苦しんで息絶えて行ったか
これこそ「動物虐待」です。

テレビに出ていた兄弟犬は声帯手術もされて吠える事も出来なく
こんな悲惨な死に方をさせたテレビ局の過失は重大です。
エアコンを付けていたと言えどバッテリーがあがってしまえば切れてしまいます。
そうしたらどうなるか常識でしょう。
日本テレビに抗議の電話を入れてください。
また関係者は動物虐待で逮捕してもらいたい。

03-6215-4444
日本テレビ宛て。
[2012/08/11 11:41] | 放棄・虐待 | page top
愛媛県の繁殖業者の崩壊
愛媛県の繁殖業者の崩壊で65匹の小型犬が放棄されました。
今は乳腺腫瘍のマルチーズと斜頚のシーズーの老犬2匹を残して貰われたそうです。

しかしそんなに早く貰われていくのでしょうか?
また繁殖業者が引き取ったとの疑いもあります。
若い犬はまだ繁殖に使えます。
無料で手に入れまたお産させれば元手がかからないで儲ける事が出来ます。

愛媛県のセンターがどこまでの調査をして渡したのか不安になります。
処分にならなければ良いのではありません。
やっと自由になれるはずだった子たちが
また繁殖に使われるようでは助けた意味がありません。
しっかりした調査と渡した後のフォローをきちんとやってほしいと思います。
今まで辛い思いをしてきた子達です。
全員が幸せになってくれている事を切に望みます。
[2012/08/05 04:13] | 放棄・虐待 | page top
ブリーダー崩壊で処分8月12日
又も繁殖業者がエサ代もなくなり松山市の保健所に65匹の小型犬を放棄しました。
松山市にはセンターがなく「愛媛県動物愛護センター」で保護されているそうです。
生後3カ月から10歳位の小型犬「ポメラニアン、狆、チワワ、シーズー等」65匹。
その中40匹は引き取りがあったそうですが残りの子たちは12日までで処分されるそうです。
この業者は犬が売れなくなってきて1カ月に1,2匹しか売れずエサ代もなくなったそうです。
ペット産業は4年ほ前から下降線になっています。
命と引き換えにお金儲けをしてきた人間の罪の深さを償うことなく、
命を断つことしかしないブリーダーの多さには本当に怒りを感じます。
当会は愛媛県まで行くことは出来ませんが
このブログからお近くの責任ある里親様が見つかる事を願い掲載致しました。
詳細は「NPO愛媛イヌネコの会ブログ」さまのブログで検索して下さい。
愛媛県のセンターの譲渡条件があります。
[2012/08/02 23:06] | 放棄・虐待 | page top
また放棄犬
M保健所に相談があった3匹の犬。
飼う、飼えないを繰り返し、他団体様が引き取る手はずをすると
「手放さない」と勝手な行動をする飼い主。

今回はやはり経済的に飼えないと再度放棄する事になったとかで
当会に依頼がありました。

チワワの雌で2歳の子を引き取りました。

2012-7-30-1.jpg


2012-7-30-2.jpg


その他にもチワワのオスとゴールデン1歳を放棄しました。
そして当会に連れてくる間に「その運転中に」
また「ゴールデンを返してくれ、柴犬と交換してくれ」と勝手な事を言い出したとか。
私たちボランティアを何だと思っているのでしょう。

本来なら飼い主が「お願いします」とお届けに来るのが筋ではないですか?
いい加減な気持ちで4匹も犬を次から次へとペットショップから買ってきて
挙句のはて[飼うことが出来ない」と。言うのは簡単です。
しかし保護する立場の人間の大変さをどこまで理解しているのでしょうか。
このようないい加減な飼い主があちこちに沢山います。
犬は物ではないんですよ。交換とはどういう事ですか?
呆れて物も言えません。
2度と犬は飼わないでください。
飼う資格はありません「怒り」。
[2012/07/30 06:31] | 放棄・虐待 | page top
置き去りシーズー達
栃木県の愛護団体さんが今日25匹のシーズー「またはハーフ」の引き取りに行きました。
今お電話で連絡し状態を聞きました。
皆かなり酷い状態で皮膚病の子もいるそうです。
室内は1メーター位糞の山。
その中に飼い主は犬達を置き去り行方不明だそうです。

いま警察が「動物愛護法違反、動物虐待」で飼い主を探しているそうです。
またこの人に部屋を貸した公社にも管理のずさんさで調査をしているそうです。
いずれにしてもいつも被害に会うのは動物たちです。
1匹はすでに餓死。
3匹は衰弱しているが何とか命は助かるそうです。

このように1室を借りて犬の繁殖をして命を売り物にし
最後はエサも水も与えず自分だけ逃走し本当に何と言う卑劣下等な人間なのでしょうか。
この子たちは可哀想にどれだけひもじかったか、暑かったか、
いくら泣いても飼い主は来てもくれず、
26匹の犬達は毎日をどんな気持ちで待ち続けたのでしょう。

これではまだ収容所の犬達の方がどれだけ救いか分かりません。
あー、もう、ほとほとこのような情報には心がもちません。
でも何とかしてあげなければ。
当会で数頭でも引き取れれば保護しますが、
どうぞそのような子たちを引き受けていただける方は
アンケートからお申込みをして下さい。
皆1-2歳、シーズー、マルシーズーらしいです。
とりあえずお預人、里親様両方の募集をいたします。



追記
今回の船橋の置き去りと同じことが今宇都宮、埼玉でも起きているそうです。
もうこのようなブリーダーをこの世から排除しなければ
これからも悲惨な犬猫は減りません。
ペットブームも下火になり繁殖業者も犬猫が売れない時代になってきています。
お金にならなくなればこのような放置、遺棄、処分等が多くなります。
今回のレスキューをして下さっている栃木県の団体様も同じように言われています。
ブリーダーの登録制なんか何も効力がありません。
営業停止に出来る位の厳しい法規制が緊急に必要なのではないでしょうか。
[2012/07/09 17:01] | 放棄・虐待 | page top
シーズー衰弱多頭飼育現場
虐待多頭飼育が多発しています。
千葉県高根団地内でシーズーを増やしてしまい26頭は衰弱、
1匹はすでに息絶えていたのが見つかりました。

無責任な人間が無責任に繁殖させ挙句の果て命を失う動物が後を絶ちません。
悲惨な現場から1匹でも助けてあげたいと思います。
お問い合わせは当会へ
[2012/07/09 08:51] | 放棄・虐待 | page top
こんな酷い姿で捨てられて
茨城県動物指導センターの28日収容の「シーズー系」と書かれている子の姿。
唖然としてしまいました。
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/dobutsu/humei/gif/6.28/P6280006.JPG


今までも酷い状態で捨てられていたシーズー「ジェフ、レネ、つぐみ他」がいましたが、
まーこの子はなぜここまで放置しておくのでしょうか?
飼い主は重罪です。

そして「ペット里親会」様のブログを見ているとこの収容犬に似た子が出ていました。
目の下からウジがわいていて体の毛もバリカンをかけたら
沢山のウジがあふれ出てきてトリマーさん達が絶叫したとのこと。


今センターに確認しましたら
「トリミングをするとボランティアさんが連れて行き収容期限内なので今日返してきます」とのこと。
やはり同じ犬でした。
もう言葉がありません。

可哀想に今まで長い年月どれだけ辛かったことか。
体中にウジ虫が肉のを食い破り入っていくその痒さ痛さは想像を絶します。
動物を飼うこととはエサ、散歩してればいいことではありません。
毎日の継続したお世話が出来ないのなら絶対に飼育してはいけないのです。
動物愛護法なんて何の効力もありませんが「動物虐待」で検挙して欲しいです。
茨城県はこのような犬が多いのはどうしてなんでしょう。
許せません。


[2012/07/02 09:40] | 放棄・虐待 | page top
千葉県でもブリーダー放棄?
5月26日に千葉県のセンターにパグ、Fブルドッグ4匹
「1匹はボストンとありますがこの子もFブルでしょう」
パピヨン、ダックス計7匹が千葉県印西市傘神で収容されています。

散々繁殖に使い、自分達の金儲けの手段に命を道具のように扱い、
いらなくなれば、ゴミのようにこうして捨てていく。
本当に許せないブリーダー。
日本の「動物愛護法」とは何なんですか?
飼い主が見つかったシーズーといえ、
飼い主自身もこの悪らつブリーダーと同じレベルの人間です。

このように底辺の動物達を長年見てきた私たちは
「法律」とは[愛護法]とは命を守るために施行されるのだと思いたいし思っていました。
しかし今のこの法律では何一つとして動物達を守ってあげる、
救ってあげることが出来ません。
気がついてももらえず、
誰にも心止めてもらえずに悲惨な最期を黙って終えている動物達の多さ。
いつになったら、このような記事を書くことが無くなる日が来るのだろうか。
千葉県のこの7匹は6月2日までが期限です。

[2011/05/30 22:30] | 放棄・虐待 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>