TopRSS管理
D1059 ヨーキーハーフ アナ君
トレーニングに出ていたD1059ヨーキーハーフのアナ君。
とってもいい子になって戻ってきました。
あの激しい吠え方もなくなり大人しいです。
お顔も穏やかになっていました。
違う子のようです。クレーとにも入っていきます。
2年間お預かりしてくださりトレーニングしてくださいました
「NANUK VON GLAND STERN]のN様、
どうもありがとうございました。


2017-4-23a-003.jpg

2017-4-23a-004.jpg


2017-4-23a-005.jpg


2017-4-23a-001.jpg


2017-4-23a-002.jpg
[2017/04/24 05:47] | お知らせ お願い お礼等 | page top
0プロジェクト参加しました
全国の殺処分0を目指すためのイベントが開催されました。
当会からも8匹の犬達と12名のスタッフが朝から集合し用意をし
皆様の御来場をお待ちしました。

当会のブースには多くの方が犬達にお声をかけて下さいまして有難い忙しさでした。
このような保護犬が沢山いることも知っていただくために良いイベントと思います。
また沢山の卒業犬達がお顔を見せに来てくださいました。
どの子もピカピカの幸せいっぱいでご家族様に抱っこされている姿は
あの収容施設で汚くなって怯えていた面影は全くありません。
「命を繋ぐ」ことも必要なことですが
どうか飼い主の皆様は家族の一員である犬猫を最後まで飼ってあげて下さい。

「殺処分0」がこの先達成していかれるように皆で頑張りました。
今回は子犬のホップ君、パピヨンハーフのベルちゃんがトライアルに進みます。
柴犬のハルちゃんも良いご縁がありましたが
これから手術しなければならず保留になっています。

雨の予報が出ていた16日の開催も天気に恵まれて
夏のような日差しの中で楽しい1日を過ごすことが出来ました。
皆様お疲れ様でした。
そして当会の保護犬達にお心かけて下さいましたご来場者様、
卒業犬の里親様方、ありがとうございました。


2017-4-16-002.jpg


2017-4-16-003.jpg


2017-4-16-004.jpg


2017-4-16-001.jpg


2017-4-16-006.jpg


2017-4-16-005.jpg
[2017/04/18 14:17] | お知らせ お願い お礼等 | page top
4月、5月、6月の譲渡会のお知らせ
4月16日「第3日曜日」0プロジェクト 藤沢市辻堂海浜公園北芝生広場にて

4月23日「第4日曜日」横浜緑山譲渡会

5月21日「第3日曜日」横浜緑山譲渡会

6月」18日「第3日曜日」横浜緑山譲渡会

6月25日「第4日曜日」サンデー譲渡会in伊勢原 伊勢原市役所にて「初めての試みです」。
地域の動物愛護、福祉向上のため数団体合同譲渡会を開催いたします。



それぞれの譲渡会については順次詳細をお知らせいたします。

保護犬保護猫の「幸せな譲渡」に繋がるよう皆様ご協力お願い申し上げます。


[2017/04/07 09:06] | お知らせ お願い お礼等 | page top
海浜公園イベント参加犬
4月16日「日曜日」神奈川県立辻堂海浜公園にて
開催予定のイベントに参加予定の犬猫達です。

子犬「ホップ君」、
柴犬「ハルさん」、
パピヨン「ブランディーちゃん」、
シュナウザー「ノア君」、「ムック君」、「クララちゃん」
ミックス犬「パン君」、
プードル「クッキーちゃん」、
パピヨンハーフ「ベルちゃん」、
シーズー「てんちゃん」
猫ちゃんが予定しております。

当日当会のスタッフはピンクのエプロンを付けています。
そして33番ブースで皆さまをお待ち申し上げております。
楽しい1日になりますように。

前回は大雨で開催中止になりました。どうかお天気でありますように。
来場されます同伴ワンちゃんたちは必ず鑑札、名札を付けてくださいね。
広い公園なので万が一逃げた場合捕まりませんし、いなくなる可能性があります。
里親様は皆様今までも守っていただいていますが再度確認です。

[2017/04/03 16:35] | お知らせ お願い お礼等 | page top
東京都動物愛護管理審議会の基本構想
先日28日に審議されました「東京都動物愛護センター整備基本構想」が公表されました。
今後東京都の動物行政が
全国の見本になるような構想になれるよう見守っていきたいと思います。
また日本の自治体の収容動物が正しい方向性の真の意味のある
「殺処分0」に繋がるように努力していきたいと思います。
どうぞお読みください。


http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/03/31/20.html

[2017/04/01 16:22] | お知らせ お願い お礼等 | page top
HUG ANIMALS Vol 3
2017年4月15日「土曜日」、16日「日曜日」神奈川県立辻堂海浜公園 
北芝生広場において犬猫保護団体を一堂に会したイベントがあります。
当会は16日のみの参加です。
譲渡会の他数々のイベントが企画されています。
どうぞ「保護犬猫」「殺処分0」を多くの方に浸透していかれるように
ご参加くいださいますようにお願い致します。
当会のブースではスタッフはピンク色のエプロンを付けて皆様をお迎えいたします。
お遊びがてらお声掛けお願い致します。
参加犬、猫は後日お知らせいたします。

2017-3-26-1.jpg
[2017/03/26 16:37] | お知らせ お願い お礼等 | page top
19歳の旅立ち
平成11年にヨーキーハーフを家族にしていただきました
相模原市上九沢のI様より昨日
「今チョコちゃんが亡くなりました。またご連絡いたします」という
かすれたお声で留守電が入っておりました。
そして今日22日再度お電話を頂きました。
I様はご親戚の方も柴犬を貰って下さり
今までに3匹の保護犬の里親様になってくださいました。
チョコちゃんの事は今でもお届けしたことをはっきり覚えています。
まだ若い子でした。
1匹目の子をきちんと飼っていただき再度当会にお申込みを頂き
この子をお願いした経緯があります。
病気もせず1週間前まで食事もしおむつが汚れると
「ワン」と言って替えてくれと教えたそうです。
でも寝たきりで体重も2キロ台までに落ち骨と皮になるほど痩せてしまったそうです。
老犬になると食べていても栄養が吸収されず痩せてしまうのは仕方ない事。
でも最後まで下の世話から毎月の健康診断と手をかけて下さいました。
「私たちも高齢になり今後は犬を迎えることは出来ないけれど
可愛い子をお世話頂き有難うございました。
まだ活動されていらっしゃること本当に素晴らしいです」と有難いお言葉を頂きました。
感謝いたしますのは私たちの方です。

このところ沢山の「幸せな旅立ち」のご報告を頂いております。
1匹1匹の思い出はいつも私の記憶の中にあります。
それぞれの不幸な過去を新しい家族になっていただきました里親様方が
消して下さり幸せな思い出を沢山抱えてお空に登って行った子達。
みんな本当に良い御家族に巡り会え幸せでしたね。
立派に生きてくれたこと本当に嬉しいです。
みんな「おめでとう」。
[2017/03/24 16:23] | お知らせ お願い お礼等 | page top
ありがとうございました
おやつ、タオル、ペットシーツを武蔵野市のTあき子様から頂きました。
食いしん坊な子達は早速箱の中を「クンクン」と臭いを嗅いで
「おいしそうだなー」と見ていました。
保護犬達と分けて頂きますね。
とても有難いです。どうもありがとうございました。

2017-3-22-10.jpg


[2017/03/22 16:42] | お知らせ お願い お礼等 | page top
看取りのダックス
d921-0.jpg

2012年7月に茨城のセンターから引取りましたダックス「キララ」ちゃんは糖尿病で募集を諦め、
ずっとお預かり人のS様がインシュリン注射などをし治療してくださいました。
引き取り時には「3か月ぐらいの命」と宣告されましたが
その後5年間も頑張って生き抜いてくれました。
それもS様の愛情があっての事。本当に感謝いたします。

この子の、もと飼い主は病気が分かり遺棄していったのでしょう。
命あるものは犬でも人間でも同じです。いつかは病気もするしいろいろな事件も起こります。
しかし家族として迎えることになったら最後まで責任をもって見てあげることは当然と思いますが、
そう思わない飼い主も多くいるのですね。
「プリンセス」という神々しいお名前を付けてもらい3月13日に一生を終えて逝きました。
お世話頂きましたS様。
ありがとうございました。

[2017/03/20 07:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
シラミだらけだったヨーキー
d641-0.jpg


2009年に神奈川県動物保護センターから引取りましたヨーキーのチョコ「旧綾ちゃん」が
16日に天国へ行ったとのご連絡を頂きました。
この子は飼い主様は東京都小平市の方でしたが
その親戚の方が平塚なので神奈川県に放棄に連れてきた子です。
当時4歳との報告でしたが飼い主が亡くなっているため分かりませんが
とても4歳の犬ではないと思いました。
シラミだらけでやっと治療しその後茅ヶ崎のっ様の元で8年間を大切に育てていただきました。

胆のうの病気で治療をしていただいていましたが
最後痙攣が起き病院で「お預かりしまう」と言われたそうですが
もう家族の元で見送りたいとの気持ちでご家族の見守る中、
暖かな腕に抱かれて静かに天国へと旅立ったそうです。
まだお話されながら涙声でいらっしゃいました。
多分14歳過ぎになっていたと思いますし目も真っ白だったそうです。大往生でした。
最後まで責任と愛情をもって見送っていただきました。
S様ご家族の皆様。本当にありがとうございました。
チョコちゃん安らかに。
[2017/03/20 07:35] | お知らせ お願い お礼等 | page top
東京都動物愛護管理審議会第3回の開催
3月28日「㈫」PM5時―PM7時。都庁第2庁舎31階27特別会議室にて開催いたします。
傍聴を希望の方は直接お申込みをお願いいたします。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/03/16/15.html
[2017/03/17 11:10] | お知らせ お願い お礼等 | page top
シーズーのココアちゃん
2017-3-12.jpg
12年前当会から御家族のもとにお嫁入りしましたココアちゃんが
3月2日に静かに天国のお友達のところに旅立ったとのお葉書を頂きました。
この子は本当に美人さんで可愛いシーズー犬でした。
飼い主様は毎年お正月にその年の干支を
ココアちゃんに着飾ってお写真を撮っていただきました。
そのお写真を見るといつも可愛いお顔でカメラ目線でこちらを向いてくれています。
幸せに育てていただき本当にありがとうございました。
「ココアがいて本当に幸せでした」というお言葉を
私たちも有難く受け取らせていただき助け出す犬達に受け継いでいきたいと願っております。
鶴見区のS様、長い間ありがとうございました。

[2017/03/13 10:19] | お知らせ お願い お礼等 | page top
一夏さん
当会から譲渡されサンデー譲渡会で幸せをつかんだ「一夏さん」。
トレーニングが必要なので毎週トレーニングスタッフのTさんが通って下さっています。

2017-3-6-3.jpg
[2017/03/06 13:40] | お知らせ お願い お礼等 | page top
サンデー君
「サンデー譲渡会」で幸せになれたサンデー君。
1年半もの長い間冷たいコンクリートの上で生きてきました。
里親様どうぞこの子を宜しくお願い申し上げます。



2017-3-6-001.jpg

[2017/03/06 13:38] | お知らせ お願い お礼等 | page top
幸せな旅立ちのお知らせ
皆様にお願いをした子達が
幸せな一生を終えて旅立った報告をたくさんいただきました。

アメリカに娘様が連れていかれたマック君「旧コウタ」。
茨城の譲渡用子犬だった子でした。
しかしご縁がなく職員の方の移動もあり8年前にお引き取しました。
しかし「門脈シャント」という疾患を持っていました。
大学病院に手術もお願いしましたが肝臓内シャントのため出来ませんでした。
長生きは出来ないこの病気を持ちながらアメリカに渡り
その後食事療法で太って元気に新地での生活がはじめられたそうです。
しかし耳に腫瘍が出来、肝臓が悪い中、
アメリカの獣医さんが「大丈夫」と言われ手術を受けたことで残念でしたが
9歳の生涯を終えてしまいました。今「メモリアル墓地」で眠っていると
お母さまが譲渡会に報告にいらしてくださいました。
大和市のF様ありがとうございました。

黒ラブのクレアちゃん12年前にお嫁入りさせていただき
14歳の年月を大切に育てていただきました。
漏出性蛋白腸症でお薬の効果も効かず
ご家族様の愛情に見守られて天国に登っていきました。
M様にはもう1匹Sプードル「ルーク君」も家族に迎えて頂きました。
リンパ腫で9年前に亡くなりました。
今回クレアちゃんの存在の大きさに乗り越えることが
お気の毒の程のメールを頂きました。
でもルーク君の分までもクレアちゃんは頑張りました。
きっと天国でルーク君と会えて喜んでいると思います。
港南区のY様2匹の子達をありがとうございました。

マルチーズのクリームちゃんが2月3日に天国に行かれたお知らせを
御丁寧なお手紙で頂きました。
お母さまが「私の自慢の子でした。
我が家の一員になった時部屋中を走り回っていた姿を鮮明に覚えています。
こんな素晴らしい子に巡り会わせていただき感謝いたします」という
有難いお言葉が書かれておりました。
お体の都合で娘様と交代で介護してくださり
亡くなる前日まで自力でフードを食べ水も飲んだそうです。
大往生でしたね。長い間お世話頂き、調布市のY様ありがとうございました。

その他にも病院からのお知らせで12年前にお願いをしました
ダックス「モカ」ちゃんが推定14歳の生涯を終えたと知りました。
町田市のS様ありがとうございました。

また譲渡会にお知らせにいらしてくださいました青葉区のA様、
やはりダックスの?ちゃん「お名前をごめんなさい分からなくて」が
亡くなったお知らせに譲渡会にいらしてくださいました。9年ぐらい前でしたでしょうか。
12,13歳になっていたと思います。可愛がっていただき本当に感謝いたします。



このように縁があり
家族にしていただきました子達の旅立ちのご報告をきちんと頂けました事は、
皆さまが「保護犬」の里親様として本当に責任をもって
バトンタッチして下さった素晴らしいご家族様でした。
心より感謝いたしております。
本当に長い間、命を守ってくださいましてありがとうございました。
[2017/03/01 16:34] | お知らせ お願い お礼等 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>