TopRSS管理
またしても聞き捨てならない事が
当会は繁殖業者の犬は引き取らないという信念で今まで活動して来ました。
しかし犬猫を買う人がいるため儲け目的で悪辣業者が非常に多くなりました。

今回ある県の繁殖業者からシーズー犬2匹を引き取ります。
広い敷地の中に繁殖工場があり100頭以上の犬猫達が押し込まれています。
そのような繁殖場は日本全国殆どがそのような状況で、
只お金にするためだけに子犬を産ませ母犬は使えるだけ使い後は闇から闇へと葬っています。

今回ここのオーナーは怒らせると「来るな」と言いだし
助ける事が出来なくなるため下でに出て説得し
十数匹の犬達をあるボランティアさんが助けて来ました。
話を聞くととても聞き捨てならない現実を知り
当会としてもほってはおけず引き取る事にしました。

繁殖に使われ役に立たなくなった犬達は
「追い込み」と言う倉庫のようなところに押し込まれ
処分業者がトラックで回収に来るそうです。
それを聞き動物愛護法とは何の効力も発揮していないザル法であり、
このような業者に「動物取扱業」の許可を出した自治体が一番問題です。
申請を下ろすときだけ視察に行きその後定期的に見に行く訳ではないので
このような悪辣な繁殖場がどんどん蔓延しているのです。
まして崩壊し廃業するならともかく、
ここはまだ繁殖業を続けて行くのですから黙ってはいられません。

ある県のペットショップが奇形で産まれた子犬を
ガラスに叩きつけて殺していると近所からの通報があっても
職員が見にも行かないそうです。
いつも犠牲になるのは口の利けない動物達。
自分では逃げることも出来ず劣悪な環境「ケージに入れら」で一生を送り最後処分されていく。
ペットショップで子犬、子猫を買う人たちは裏で
このような繁殖業者がいることをどれだけの人が知っているのでしょう。
知っていたらとてもペットショップで子犬子猫を買う気持ちにはなれないはずです。
買う人がいるから産ませる業者がいる。
この大元を断たなければ事態は改善出来ません。
生体販売の店、繁殖場を日本全国から断たなければ真の「動物愛護」等あり得ません。
先行きこのように生体販売を無くす方向に持って行くよう
働きかけて行かなければならないと思っています。

繁殖場の子たちは皆良い子です。
檻から出されたことも無く人間に頭を撫でてもらったことも無く、
優しく名前を呼んでもらう事も無く、一生のほとんどを寂しく、苦しく耐えて終えて行きます。
これが日本の動物達の陰の部分です。
センターで処分されていく犬猫達だけではなく
このような運命の犬猫達が多くいることも世の中の方たちに知っていただきたい。
[2014/04/07 09:37] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |