TopRSS管理
協力病院にお詫び申しあげます
協力病院にお詫び申しあげます
私たちの保護犬達は、素性も病歴も何も分からない犬達ですが、そんな大変な犬を本当に丁寧に、診察、治療、手術、お預かりをして頂いている、協力病院の先生をはじめ、スタッフの方達にはいつもありがたく感謝申しあげております。

しかしこの度、Wテリアのことで、御迷惑、誤解をお掛けしてしまい大変に申し訳ございませんでした。

里親様になられる方達も、一時的な治療と言えど、患者さんのワンチャンたちと同じ様にきちんと管理して頂いている事を、御理解して頂きたいと思います。
そして私たちも日々、仕事の合間に、お届け、引き取り、取材など本当に走り回って1日を終えている現状を御理解いただけなかったことも残念に思いました。

センターの犬を引き取る、里親になると言う事、この1匹の犬達が廻りの人間にどのような影響を与えることは長所も短所もあります。しかし人間が作り上げた不幸の結果を償うのも人間なのです。その過程において病院の協力は不可欠なのです。

今回、異物を見つけてくださり胃切開を済ませていただき、この子の命を救って頂いたこと、本当に感謝申しあげております。しかし、それに反し、お心に御負担をお掛けするようなことになりましたこと、深くお詫び申しあげます。

NPO 『保健所の成犬猫の譲渡を推進する会』 理事W
[2008/02/01 10:25] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |