TopRSS管理
やっぱり幸せではないあの崖ップチ犬
やっぱり幸せではないあの崖ップチ犬
テレビの番組で徳島の話題になった崖ップチ犬と妹犬の再会と近況を報道していました。当時あのような性格の犬を初めて犬を飼う高齢者に譲渡した事でかなりの批判もありました。
やはり今日のテレビを見てそのぐらいのレベルしかない飼い主であった事が分かりました。

真夏の日陰も無い玄関脇にボブハウスが置かれ、このリンリンと名付けられた崖ップチ犬は車の下でハーハーよだれを出してあえいています。この日温度は33度。レポーターの方が「抜け毛が凄いですねー、あと匂いが臭いですね。お風呂にいれましたか?」と聞くと一度も洗っていないとの返事。そして譲渡犬の同窓会に行かれなかった理由が「車に乗らない」とか。

見ていると車の所にダンボールを置いてそこへ、クサリごとぶら下げていれようとし、犬は暴れて乗せられないと言っていました。一度もリンリンを抱いた事も無く怖いとの言葉。食事も人間の食べているものがおいしいかと思ってやっていた。

センターの譲渡会の講習会を受けているはずなのに、このような状態です。いかに行政のやっている講習会、譲渡会が名目だけで実質が無いものかが分かります。地方のセンターのレベルの低さが浮き彫りされた事実です。

リンリンは不妊手術、フィラリアの予防もきっとされてはいないのでしょう。妹犬はやっと良い飼い主に巡りあえ本当にきちんと飼われています。再会したときリンリンは繋いであった雨でさびてきているクサリしかないのかそのまま連れられて、妹犬は赤いリードで川辺で再会しました。やはり姉妹は覚えているんですね。お互いに顔を舐め合っていました。

話題になったがために引き取り合戦にまでなったこの犬。しかし徳島県では1万頭の動物が1年間に処分されているそうです。またこの事件に便乗し「飼えなくなった犬を早く貰い手が出るように崖に置いたら落ちてしまった、どうしたらいいでしょう」というブログがありました。なんとひどい人間でしょうか?この「タロー」はどうなったのか心配です。日本中こんな事件はどこかで毎日おきているのでしょう。

犬を飼う事の知識があまりにも低い国。これが空前のペットブームという日本の現実でしょう。
[2007/09/22 17:13] | 気になること | page top
| ホーム |