TopRSS管理
茨城県のセンターから神奈川県のセンターへ
茨城県のセンターから神奈川県のセンターへ
毎日のように子犬達が茨城県のセンターでは処分になってしまうほど頭数が多い反面、神奈川県のセンターでは全く子犬がいなくて譲渡会も開けない現状です。

以前から県の自治体間で子犬の引継ぎができないのだろうか?と考えていました。そして今日この試みが実現したのです。茨城のボランティアさんのI様がセンターに7匹の子犬を引き取りに行って下さり町田まで搬送してくださいました。全員ノミだらけ。暑い中子犬達は泣くこともなく静かにケージに入っていました。お水を飲ませて、こんどは東名高速で神奈川県のセンターまで運びました。県の職員も「自治体同士で子犬のやり取りは話も出たことはあるけれど、やはり現実は直接は無理なんです」と言っていました。「行政ができることは正直あまり力はないんです。やはりボランティアさんの力を借りないと。。」

今回の7匹の子犬達は今後このような形で命を救えることなら良いお手本になってくれたことでしょう。朝9時半ごろ出発し神奈川についたのが午後3時、この日5時間半かかって移動した子犬達は本当に疲れたことでしょう。どうかこの7匹の子犬達全員が病気にならず譲渡会に出られ輝かしい幸せな将来があることを、心より願っています。

また今日搬送してくださったI様と付き添いのワンチャンもお疲れ様でした。7つの命を預けさせてくださった茨城県動物指導センターと引き受けてくださった神奈川県動物保護センターに感謝申しあげます。また皆で力を合わせ頑張りましょう。
[2007/07/04 06:29] | 動物収容センター | page top
| ホーム |