TopRSS管理
中国の動物園
中国の動物園
昨日ニュースでショッキングな映像が流れました。中国の動物園ではトラに有料でエサを与えることが出来、来園者はバス「サファリパークのバスのようなもの」に乗り、それを体験するもの。

そしてエサとして与えられるものが生きた牛、ヒツジ、ニワトリなど。大きなトレーラのような車が後ろが下がって痩せた牛が車からトラの沢山いる場所に落とされました。同時に沢山のトラに囲まれ本能的に怯えていましたが、すかさず、トラ達が襲いかかりました。

それをバスの中から笑いながら見ている女性、子供の顔が写りました。また子供が生きたニワトリをトラの顔の前にちらつかしている場面も…以前にも犬猫の毛皮業者の残酷な扱いに心痛めましたが、これが国民性なのであれば、日本の片隅で叫んでもどうにもならないことなのでしょう。

自然界で動物達が生きていく上での獲物の淘汰は仕方ない事と思います。しかし、営業のために、逃げられない所にエサとして運ばれて人間の楽しみのために食い殺される動物達の扱いはあまりにも、ひどいのではないでしょうか?

他にも小さな小熊が重い荷物を首にかけたロープを引っ張り動かしているイベントも報じていました。劣悪な環境で置かれている動物達も多く、このことは日本の業者も同じことですが。

中国の愛護団体「中国にもあるんですねー?」が動いたそうですがこれを止めたら中国の動物園は運営の危機になるとか。結局人間のために、命がもてあそばれ、哀れな死を迎えている動物達が世界中にいるんですね。
[2007/05/25 11:58] | 気になること | page top
| ホーム |