TopRSS管理
与論島の犬達の引き取り
今日はハニーちゃんのお届けから戻ると
子犬達、中犬、成犬合わせて10匹もの犬達をI様が保護されているとお聞きし
少しでも楽になればと急遽Sさんと引き取りに向かいました。
皆小ぶりで可愛い子たちです。
与論島にはセンターも処分場も無く1カ月に1度獣医が鹿児島から来て処分をするそうです。
しかし帰った後に収容された犬は次に獣医が来るまで
檻「捕獲檻」に入れられたまま外に置かれています。
雨が吹き込み、また夏は猛暑の下に置かれます。

今回はI様の熱意をもった交渉で
最初は絶対に県外の人間に渡さないと言い張っていた自治体が譲歩し
今回の運びになりました。
台風の影響で檻の上にダンボールを乗せたり、
ブルーシートを張ったりしたらしいですが
隙間から雨が入り生まれたばかりの小さな子犬達は
ずぶ濡れになり1匹は与論島に残されましたが今日亡くなったそうです。
今後与論島の職員も施設を良くするように鹿児島県に働き掛けると言っていたそうです。
1人1人の努力がそこの地域の動物環境が変わる事になっていかれれば
少しずつですが進歩していくと思います。
ただそれは愛護団体としても個人ボランティアの方々にも大変な労力となります。
ただ引き取って里親様に渡すだけでしたらどこの団体でも出来るでしょう。
しかし行政を動かすことは並大抵のことではありません。
今回のことで少しでも離島の犬猫達の状況が改善出来るように
愛護団体PAK様、今回のキューピットのI様とともに頑張ります。
茨城の処分頭数も減らすように活動していきますが合わせて応援、ご支援お願い致します。





2012-6-7-1.jpg


2012-6-7-2.jpg


2012-6-7-3.jpg


2012-6-7-4.jpg


2012-6-7-5.jpg


2012-6-7-6.jpg



2012-6-7-7.jpg
[2012/06/07 04:35] | 与論島の子犬達 | page top
| ホーム |