TopRSS管理
年末は増えてくる放棄犬
今日は東京都と神奈川県のセンター2か所を回ってきました。
東京都もダックスだらけ。
放棄された2匹のシーズー「おす、めす」、
ダックス「オス」、
チワダックス「メス」の
4匹の放棄された犬達がいました。
その他にも収容犬達が沢山いて吠えていました。

そして神奈川県のセンターに。
最終の部屋には沢山の犬達がいましたが、
9月に収容された犬もまだ保護されていました。
その中柴犬のオスが放棄で入っていました「飼い主を咬む」という理由。
放棄のピレネー犬「1歳半」理由が分からりませんがまだ子犬のように可愛い子でした。
ダックスは4匹いましたが、2匹が放棄犬。
センター内で他の犬に噛まれて治療中でしたが
放棄の理由は[ヘルニア、結石」という理由です。
8歳のダックス「大人しい子」は飼い主が病気とのこと。
シーズーの子は全身皮膚病で爪は回転するほどに伸び
、眼やにでまぶたもくっいて痛々しい姿です。
でも食欲もあり職員の方も処分を伸ばしていました。

しかしここまで酷くする前にどうして病院に飼い主は連れて行かなかったのでしょうか?。
飼う資格がありません。
このように放棄される犬の多くが、何年間も家族として一緒に生活してきた子達なのです。
人間の安易な気持ちで購入し何か起きれば処分しか考えない飼い主達。

先日も参加したある「里親会」に15歳の雑種の犬を連れてきた家族がいました。
大人しく家族に寄り添っていましたが、貰い手さんはありませんでした。
どうするのでしょう。
センターに持ち込むのでしょうか。
またダックスの8か月の子犬「子供にせがまれて購入したが母親は病気、父親は犬が嫌い」。

センターに収容されてくる犬達は多くは野犬ではなくどこかに飼われていた犬たちです。
このような社会問題を作っているのは「犬が好きで飼った飼い主」なのです。
いかに衝動的に犬猫を手に入れ、いらなくなれば捨てたり、処分に持ち込む。
犬1匹を飼うと言うことの責任の重さをどのように考えているのでしょうか?。
高齢の方が子犬を買ってきて、1-2年で御自身が病気、入院、施設に入る、
散歩に行かれない等様々な問題が起きてきます。
そして行きつくところは「最終処分場」であるセンター。
このようなケースが最近とても増えてきました。

どうか犬猫を飼う前に
「御自身の年齢にその動物の生涯の年齢を足した年齢」を照らし合わせてみてください。
10年15年先は自分がどうなっているかを。
娘、息子さんがいてもそれぞれの生活があり引き取るケースは少ないのです。
ご自分でその犬猫を天国に送り出す事が出来るか、良く考えてみてください。

[2011/11/29 20:44] | 動物収容センター | page top
| ホーム |