TopRSS管理
茨城センターの収容犬たち
昨日見てきた収容犬たちがどんな犬たちだったか、
短い時間の中で覚えている事を記録しておこうと思います。


最終の部屋にいた5日月曜日収容の4番のオス、
体は大きく毛色は濃い茶、強面ですが、
ステンレスの柵から一生懸命前脚を伸ばして鳴いていました。
寄って来てくれたので飼われていた犬だと思いますが、
飼い主は探していないのでしょうか。
この部屋にいたほかの犬たちは寄って来ませんでした。
全身皮膚病の犬もいました。老犬もいました。
5日の収容頭数は9匹。公示期間は過ぎています。


6日収容の犬は13匹。
1番の白黒のメスはまだ若く、
不安なのか部屋の中を行ったり来たりして鳴いていました。
とても可愛いお顔をして、
首輪なしですが人をあまり警戒している様子はなく、
首輪が抜けたのかもしれません。
収容場所は八千代町平塚新田。
2番の白茶のメスは部屋の1番奥でこちらを見ていて
寄ってくることはありませんでした。
きれいな優しそうなお顔でした。
収容場所は小美玉市柴高。
5番のメスは出産したばかりのようでお乳が張っていました。
子犬はどうしたのでしょうか。
収容場所は坂東市大口。
4番のオスも同じ坂東市大口で収容されています。
ジッとこちらの様子を伺っていましたが、近くには来ませんでした。
6番のメスは全身皮膚病で毛が抜け落ちていました。
具合も悪そうで丸くなっていてお顔は見れませんでした。小さな子でした。
収容場所はかすみがうら市安食。
7番のテリア系のオスは譲渡希望が出ていて個室にいました。
小さくておとなしい子でした。
収容場所は神栖市大野原中央。
11番のシーズーは体調が悪いらしく個室にいました。
収容場所はひたちなか市釈迦町。
12番のオスは唯一首輪が付いていました。
静かな優しそうな子でした。
収容場所は日立市西成沢町。飼い主さんは探してないのでしょうか。
公示期間は12日まで。


7日収容の犬は19匹。
1番のオスのポインターは大柄で逞しい体でした。
他の収容犬にマウントしてしまうため個室に移されました。
収容場所は東海村照沼。首輪なしですが飼い犬ではないでしょうか。
飼い主さん、探してください。
2番のオスはとてもおとなしく、他の犬にマウントされてもジッとしていました。
収容場所は水戸市田谷町。
3番のJRTは飼い主さんがお迎えに来ていました。
男性の方が「良かった良かった」と言いながら
リードを握って走ってお迎えに来ていました。
6番の白黒茶のオスはこの部屋で
一番愛想良く尻尾を振っていて可愛い子でした。
まだ若い感じでした。首輪はなしですが、
人馴れしています。抜けてしまったのでしょうか。
収容場所は茨城町小幡。
7番の老犬は他の犬にいじめられてしまうため空いている横の子犬舎にいました。
白内障であまり目は見えていないかもしれません。
ジッと伏せていて動きませんでした。耳もあまり聞こえていないようでした。
首輪はなしですが飼い犬だと思われます。
最期は飼い主といたいはずです。探してあげてください。
収容場所は鉾田市上沢。
9番のオスは大柄ですが人懐こく尻尾を振っていました。
澄んだ瞳が印象的な子です。
収容場所はつくば市寺具。
11番の老犬は返還になったそうです。
12番の秋田系のオスも人懐こく寄って来てくれました。
まだ若そうでした。体格は大きくありませんでした。
収容場所は土浦市おおつ野。
13番のヨークシャテリアはとっても小柄でした。
譲渡予定で個室にいました。
白い首輪をしていました。あまり汚れていないので
家から出てそんなに経っていないのかもしれません。
飼い主さん、探してください。
収容場所は土浦市おおつ野。
14番、15番、16番の犬たちはお揃い(?)の首輪をしていました。
同じ場所で収容されているため兄弟か親子だと思われます。
飼えなくなって放したのでしょうか。
3匹とも個室にいました。16番の子は不安そうでした。
収容場所は筑西市海老ヶ島。
18番のバセット系のオスは前脚が不自然に変形していました。
それでも一生懸命歩いて寄って来てくれました。
この部屋で唯一この子が声を出していました。
黒い首輪をしていました。飼い主さんは探していないのでしょうか。
収容場所は小美玉市羽鳥。
19番のメスはフレンドリーに寄って来てくれました。
まだ若いらしく、黒い毛がツヤツヤでした。
収容場所は桜川市椎尾。
この部屋にいた犬たちはほとんと吠えたりすることなく、ジッとこちらを見ていました。
公示期間は13日まで。


8日収容の犬は6匹。
1番のメスは出産後間もないと思います。
子犬たちはどうしたのでしょうか。
とても人懐こい可愛い子でした。
収容場所はかすみがうら市坂。
4番のオスは白い首輪をしていました。きれいな子でした。
収容場所は神栖市波崎。飼い主さん、探してください。
5番の犬はまだ子犬だと思いますが寄って来ませんでした。
毛がフワフワした可愛らしい子でした。
収容場所は神栖市矢田部。
公示期間は14日まで。


9日収容の犬は4匹。
私たちが行った時にちょうど運ばれてきた犬が1番と2番。
1番のオスはとてもきれいな子で赤い首輪をしていました。
声を掛けると尻尾を振って寄って来てくれました。
歩く時に足が痛いように見えました。
収容場所は常陸太田市亀作町。飼い主さん、探してください。
2番のテリア系のメスは小さい可愛い子でした。
暑さのためか元気がないように見えましたが、個室でドライフードを食べていました。
収容場所はひたちなか市新光町。飼い主さん、探してください。
公示期間は15日まで。


他に子犬が7~8匹いましたが、みんな寄ってきてくれませんでした。
人馴れしていない子犬のようでした。


毎回放棄に出くわしますが、
今回もダンボールいっぱいに仔猫を詰め込んで
持ち込んでいる夫婦がいました。
猫部屋では可愛い仔猫たちが「ミャーミャー」と
一生懸命サークルのふちに手を掛けて鳴いていました。


あまりに収容されている犬猫が多く、
もれてしまっている子がいると思います。ごめんなさい。
番号は 茨城県動物指導センターの公示情報 の番号です。


センターでは本来の性格が見えない場合もあります。
警戒していて寄って来ない犬もいます。
ここに記載したのはあくまで私が1時間ほどの短い時間で見た感じです。
収容場所はあくまで収容された地域で、そこで飼育されていたとは限りません。


飼い主さんは今すぐいなくなった家族である犬を探してお迎えに行ってあげてください。
そして一人でも多くの方がこの犬たちに関心を持っていただけたらと思います。



                                       スタッフ:I
[2011/09/14 16:23] | 茨城動物指導センター収容犬情報 | page top
| ホーム |