TopRSS管理
やはり20キロ圏内封鎖です
避難指示圏を[警戒区域」に切り替えると新聞が報じました。
各県警は20キロ圏内に通じる道路を封鎖するなど立ち入りを制限する事になりました。
住民の一時帰宅は容認されますが、
愛護団体などの動物保護のためには禁止される事になると思います。

どうか皆さま時間の猶予がありません。
動物の避難、保護、移動を嘆願してください。
飼い主を待って誰もいない家に動かないでいる犬達も沢山います。
繋がれたまま餓死している犬、
牛舎、馬小屋に繋がれて餓死寸前の「餓死している」家畜達も助けを求めています。

日本中から動物保護の声をあげないと政府は動きません。
動物愛護協会等の団体もさ迷う動物は助けないようです。何でですか?
何のための「動物愛護。。。」というネーミングがあるのですか。
民間団体が走り回り助けても追いつきません。
獣医師会の先生達[立ちあがってください」。
先生達の救いを求めている動物達が沢山います。
皆で力を合わせて動物の命を守ってあげましょう。

多くの愛護団体の皆さま、この時には力を合わせて動いてください。
見ているだけで[可哀想]では話しになりません。
1匹でも保護してあげてください。
当会も金曜日3匹来る予定です。
また今日の夜中からある方が福島まで引き取りに車を走らせます。
1匹1匹でも手を差し伸べてあげてください。
津波の恐怖から奇跡的に助かり、今一生懸命空腹に耐え、
飼い主の面影を抱いてさ迷う犬猫達は生きようとしています。
見捨てて餓死させることは人間としてしてはいけません。
皆さま、立ちあがってください。
お願いします。

[2011/04/20 15:27] | 東日本大震災による被災動物 | page top
| ホーム |