TopRSS管理
茨城県のセンターに行ってきました
春のようなぽかぽか陽気の中、今日は3匹の引き取りにIさんの運転で行ってきました。
今日は気がついたら、5、10日の金曜日。
やはり高速道路は混んでいて、行きは3時間半、帰りは4時間ぐらいかかりました。
あちこちで事故が起きていて、そのために渋滞でした。

センターに到着し、かわいい子犬と柴犬を車に乗せて、
収容房に保護されているセッターちゃんとご対面。
体格の良い、性格の落ち着いた女の子です。
最近毎日のようにセンターにはセッターが多く収容されるようになりました。
今日の雌のセッターがダメなら、他の3匹のセッターの1匹を引き取ろうと思っていましたが、
残念な事に今朝全部を処分してしまったとのことでいませんでした。

メスのセッターちゃんに首輪をつけて引き取ろうと檻の外に出すと、「あれっ?、しこりがある」。
かなり固い、しこりが前足の真中にありました。
以前引き取ったセッターが、やはりしこりがあり、悪性腫瘍で2匹は死亡してしまった経験がありました。
その時に里親様には多大なご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆さまは一生懸命に治療してくださいました。
そんなことがあり残念でまた可哀想でしたが「ごめんね」と言って、
この子の首輪をはずし職員にお渡ししました。
このセッターちゃんは最後の檻に入れられてしまいました。
本当に辛い選択をしなければならない事に直面する事も多々あります。
情に流されないように、心を鬼にして決断しなければならないのが活動の辛い一面です。
犬達に本当に申し訳ない気持ちになってしまいます。

何の罪も無い良い子なのに、処分の刻印を押してしまうことも、
この子をどなたかにお渡しをしていかなければならにという観点から
引き取りを決断しなければならないからです。
毎日毎日どこからか湧いて出てくるように、沢山の犬達が収容されてきます。
そのような中から助け出された犬達ですから、
責任を持って最後まで育てていただける里親様を探さなければなりません。
1匹1匹に本当に条件が合う方が出るまで、
その子の一生にかかわる事ですから、妥協は出来ないのです。
今日の2匹も募集を近日中に掲載いたしますので宜しくお願い致します。


2011-2-25-1.jpg


2011-2-25-2.jpg


[2011/02/25 22:48] | 動物収容センター | page top
| ホーム |