TopRSS管理
やっと動き出したネット販売規制
22日の朝日新聞を御覧になられた方も多いかと思いますが、
インターネットで犬猫を販売し、届いた犬猫が衰弱していたり、
希望した犬猫でなかったりのトラブルが急増しているとのこと。

家族になる犬猫に一度も会ったことも無いまま
安易にネットで買う側にも問題があると思いますが、
このように販売業者の実態を今まで環境省も摘発に乗りこまなかったことで、
悪らつ業者が蔓延し、いくら愛護団体が苦情、
要望書を送ったところで、改善はされませんでした。

新聞によると栃木県では猫の繁殖をしていた女を初めて
「登録取り消し処分」にすることを検討しているとのことです。
これも背後に「動物取扱業」の登録制の安易さがあるのです。
事業の責任者氏名と事業所の住所を記載し申請すれば登録が出来てしまうこと。
そしてこの氏名が実名であるかどうかも確認しない。
一度注意を受けて自主廃業「茨城の阿見町の業者もそうでしたが」しても
再登録出来てしまう。

また取り消し処分になっても2年経てば再度申請が出来る。
これでは何のための登録制なのか。
これは以前からも問題視してきたことで、
いくら環境省に訴えても重い腰を上げてはくれませんでした。

今回「動物愛護法」の改正に向けて、
ネットオークションの販売に関し規制をまとめると言っています。
先日当会からも劣悪な環境下で
繁殖をしていた業者の内部写真をつけて環境省に提出しました。
「早急な改善策」を要求したところでした。
しかし悲しい事に何か問題が急増しなければ改善しようとしないお役所仕事には
歯がゆい思いをいつもしています。

この「取扱業の登録制」になってからペット業者は
それ以前の数より数倍増えているそうです。
どれだけの不幸な犬猫が増えた事か。
動物愛護法とは何のために制定されているのですか?
名前だけで効力のないものなら、中途半端なものを紙面上だけで作らないでほしい。
底辺の現実を環境省の方々は足を運び見ていますか?
動物が置かれている場所を知っているのですか?
もっと早くに取り組むべき「ペット業者」の問題に踏み込んだ
厳しい規制を切に要望いたします。
また諦めずに訴えていくことも重要ですので
悪らつ業者、ペットショップ、劣悪繁殖場を見られたら皆さまも抗議してください。

[2011/02/23 05:56] | 自治体 行政関連 | page top
| ホーム |