TopRSS管理
今日も15匹
毎日収容されてくる犬達の写真を見ることが辛くなってしまいます。茨城県動物指導センターには15,16,17日で33匹の犬が収容されています。

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/dobutsu/humei/hogo01.html


やはりほとんど首輪が着いていません。横たわって寝ているように映っている子は麻酔の吹きやで眠らせて収容された子です。また檻に入れられている写真は捕獲檻で捕まった子たちです。怯えて映っている子犬の顔は本当に可哀想です。まだ3か月位なのでしょうか?産まれてこなければ、こんな思いをしなくて済みました。ここにいる犬達の飼い主はこの写真を見ることはないのでしょうか?

Sプードルは返還されるかもしれませんが、多くの雑種の子たちは、ここから出ることは殆どありません。茨城の雑種の人慣れしている子は本当に性格のよい子達で、この子たちが東京、神奈川のセンターに入っていたら、まず100パーセント譲渡に回ることと思います。しかし茨城ではこの収容頭数の数の多さから、とても譲渡用に残しておく事は不可能です。1匹1匹の犬達の目を見ると、何とかしてあげたいと、思ってもどうする事も出来ません。期限が切れれば消えて行ってしまう子たちです。ここには子犬は掲載されていませんが沢山の子犬達が毎日収容されています。職員の方々も一生懸命子犬達のお世話をして下さっていますが、期限が来れば眠らせなければならないのです。むなしいでしょう。茨城の収容犬が日に1-2匹なんていう夢のような日々が来る日はいつになるのでしょう。
[2010/03/17 23:15] | 動物収容センター | page top
| ホーム |