TopRSS管理
多頭飼い崩壊救出その2
今日は崩壊現場から14匹の子たちが救出されました。朝からボランティアのSさんが走り回り川崎に9匹、藤沢に3匹そして町田に2匹を運んでくださいました。

大きめのヨーキー達は毛もボサボサに伸び、毛布をぶら下げているように汚く劣悪ブリーダーの犬達と同じでした。飼い主はあと40匹いると言っていたそうです。また産まれているようです「子犬が10匹とのこと」。この間も出産した親子2組を引き取っているのにどういうことでしょうか。あと10匹は老犬と肝臓障害などの病気の犬でその子は飼い主が飼うそうです。

このような飼い主に一生飼われる犬達は悲惨です。第1陣で来たチワワミックスの子は今日お見合いし、家族にしていただけることになりました。この方も10年前当会のポメラニアンを引き取って下さりそのナナちゃんが亡くなり、ペットショップで買わないで待っていてくださいました。このようにリピーターになってくださる里親様が増えています。有難いことです。

今日引き取りましたチワワたちは、やはり怯えていますが、声をかけると、力なく尾を振ってくれます。これから医療ケアーと心のケアーをしていきます。募集まではしばらくお待ちください。


[2010/02/07 15:17] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム |