TopRSS管理
過密なセンターの中から
茨城センターは現在200匹を越える収容犬で危険な過密状態になってしまいました。そこへまた30匹の放棄犬が収容され、もう管理不能な逼迫状態です。職員の方々も1匹でも譲渡に繋げようと毎週、譲渡犬情報を認可団体に配信しています。しかしどこの団体様も20キロ越える人馴れしていない野犬を引き取りは出来ません。

殺すなと叫ぶ団体の行動でどんどん加算されて行く犬達。ただ息をしているだけの毎日を2年以上過ごし、ついに来るべき日が来てしまいました。名前まで1匹づつ着けてお世話をしてきた犬達を見送る職員の気持ちを思うと辛さが痛い程分かります。

しかし収容されて来る犬達にとってこの環境は余りにも過酷です。この先、いかに収容を減らし、返還率を上げる為の努力は自治体は真摯に取り組んで行かなければならないと切に要望致します。

過密な頭数を1匹でも減らす為にアルマ様がセンターに行くとの事で放棄された30匹の中から人馴れをした2匹引き取りをお願いしました。25日葛飾までK様がお迎えに行って下さいます。
2023-2-25-1.jpg

2匹の引き取りでは焼け石に水ですがせめて今当会が出来る事は過密を少なくするしか出来ません。愛しい犬達の命を消さなければならなくなった「殺処分0」の犠牲者は犬達ではなかったでしょうか。


[2023/02/25 13:04] | 動物収容センター 引き取り等 | page top
| ホーム |