TopRSS管理
テレビ番組の取材に思う
ある動物テレビ番組から再度取材のご依頼がありました。「志村動物園」時代にもお話を頂きましたが趣旨に賛同出来ずお断りを致しました。しかしその番組は無くなり新しく違う形での動物番組になり放映されています。

今回当会にも協力していただけないかと再度お申込みを頂きました。相葉さんが汚い犬をトリミングし綺麗にするという内容。それで撮影まで汚い犬を集めておいて欲しいという何とも動物のためにならないようなお話でした。毛玉だらけで皮膚がひきつれ、ノミだらけで痒がっているような犬達を撮影までそのままにしておくことなど出来るはずはありません。

それよりもテレビ放映の影響力は甚大であるのですから「保護犬、保護猫」が責任ある里親様の元にスタートできるように「保護犬猫の譲渡」に当たりメリット、デメリット等を伝えていくような番組にして欲しいと思います。「譲渡会」〜「お見合い」〜「お届」。そして家族になった犬猫が数年後こんなに幸せになった姿を交えての番組内容なら協力を受ける気持ちです。

しかし単に「相葉さんが綺麗にしてくれた犬だから」と言うような事で里親希望が入るような面白おかしくするだけの番組には賛同できません。私達の活動は1匹の犬の一生を託すのですから真摯に里親様を選別し、お渡しした後もフォローをしていく事があってこそ「譲渡成功」と言える事で、テレビに出たというだけで譲渡が進むようなそんな簡単な活動ではないのです。

今世の中はコロナで「リモート」での仕事で在宅の時間が増え犬猫がかなり売れたと聞きました。コロナが収束し元の状況下に戻った時、売買された犬猫達は再度放棄されたり遺棄されるケースが危惧されます。テレビ番組での報道は世の中にインパクトを与える力は大きいです。がその反面責任が重大であると言う事なのです。

「他の団体さんは協力してくれた」と言ってましたがそれはその団体の考え方ですので当会は内容が趣旨に反している番組への協力は今後も受けることは無いと思います。

[2020/12/17 15:10] | 気になること | page top
| ホーム |