TopRSS管理
子猫の引取り
センターには現在乳呑児も含め50匹以上の子猫が収容され職員の方が毎日お仕事の合間にも子猫達の哺乳をし生かす努力をされています。少しでも職員の方のお仕事の負担が軽くなるならと思い4匹の子猫をひきうけました。2腹の子猫達。生後1か月ぐらいの小さな命です。でも元気にリボンを垂らしてあげるとじゃれている姿は「処分されなくてよかった」と本当に思います。しかし全国ではこのような子猫達は毎日処分されていきます。喉を撫でてあげるとゴロゴロと喉を鳴らして喜んでくれて本当に可愛いです。

茶トラ「男の子」640グラム。
キジトラ「女の子」420グラム。
シャム風「女の子」490グラム。
キジトラ「男の子」500グラム。

2020-11-9-003.jpg

2020-11-9-002.jpg

2020-11-9-001.jpg

2020-11-9-4.jpg






生き延びてくれた2腹の兄弟姉妹。すくすくと大きくなって幸せな家族の元へとお渡しできるように育てます。

2020-11-9-5.jpg

預かりボランティアさまのインスタ
https://www.instagram.com/yumefukuyuki/

1回の手術でこのような不幸な小さな命が生まれません。猫こそ不妊手術をすることが如何に大切な事か皆様、良く理解してください。



今日は運搬ボランティア様のK様が4匹の子の引取りにセンターまで行って下さいました。本当に有り難うございました。
[2020/11/10 23:35] | 動物収容センター | page top
| ホーム |