TopRSS管理
黒ラブぐりちゃんの訃報
14年前の2006年8月22日に東京都多摩支所から引取った放棄の黒ラブ「1歳」のラブちゃん。8月12日未明に静かに旅立ったお手紙を頂きました。

d337-0.jpg

子供のアレルギーのために放棄されたぐりちゃん「譲渡名」。亡くなる数カ月前から少しずつ体力も無くなって来ていたけれど前日まで食事をし自力で立ちトイレも庭に出て済ませていたそうです。ご主人様がお亡くなりになられた後もT様の良きパートナーとして側にいてくれたそうです。今でもこのお手紙を書きながら涙が流れて。。。と本当に愛しい存在であったかお察しいたします。

大型犬の15歳は良く頑張って長生きしてくれました。旭区のT様、長い間可愛がっていただき心より感謝申し上げます。「ぐりと巡り会い一緒に過ごせたことは人生で貴重な時間でした」と言うお言葉にこの子の存在の重さが感じられました。これからはお体に気を付けられて健康に明るく生活されます事お祈りしております。ありがとうございました。



PS
いつも思うのですが亡くなる時期が収容された月、日にち、譲渡した日等何かしら関係がある時に天国に召される子が多いのが不思議だなと感じています。合掌

[2020/10/18 14:38] | お便り・お礼・お知らせ等 | page top
| ホーム |