TopRSS管理
キャリーバッグごと捨てられる犬達
最近小型犬をキャリーバッグごと遺棄する飼い主がなぜか目立って多くなりました。たまたま茨城県の収容情報を見ていて、「一般の方が保護している動物」のコーナーを開けてみると、どういうことでしょうか。11月8日ポメラニアン、オス、白、緑と白のキャリーバッグごと、保護場所が茨城県那珂市常磐道上り車線と書かれています。車にひかれることを目的でそんな危ないところに置き去りにしたのでしょうか?

当会も今までこのようなケースは沢山経験してきました。
入国の検疫の札がついたバッグに猫「ヒマラヤン」が入れられて公園に置き去り。
チワワが3匹キャリーバッグごと保健所の前に置き去り。
川崎のゴミ捨て場でバッグにシーズー2匹が入れられて遺棄。
川崎市のトイレの中に首輪リード、食器などの一式ごとバッグに入れてポメラニアンが置き去り。
土手にバッグごとチワワが捨てられているとの通報。
電車の中にバッグに入ったダックスが置き去り。
交番の前にバッグごとシーズーが置き去り。
警察の前に犬舎からクサリまで一緒にミックス犬が放置。
覚えているだけでもまだまだありました。


一体どういうことなのでしょうか?動物を捨てることは「犯罪」なんですよ。いかに衝動的にペットショップで購入し後先考えもせず安易な気持ちで手に入れ、何か起きれば簡単に自分の手元から放棄してしまう。このようないい加減な無責任な人間が増えてしまったことは何が原因なのでしょう。いつでも被害者は罪のない動物たちです。犬猫を飼う前にもう一度良く良く考えて最後まで飼えないような事が1つでもあれば飼うことは止めて下さい。それも動物に対する真の愛情なのですから。
[2009/11/12 22:21] | 放棄・虐待 | page top
| ホーム |