TopRSS管理
4日連続の引取り
繁殖場から4匹の子達が救い出されました。ポメチワさんとチワワ君は他団体様へ。

2020-8-25-003.jpg

2020-8-25-004.jpg



当会はシーズーを2匹お引き受けいたしました。
2020-8-25-002.jpg

2020-8-25-001.jpg


可哀想なほど外の世界が怖いのか出してあげると抜き足差し足状態。帝王切開した糸がついたままで「いらない子」になった小さなシーズーちゃん。糸が痛々しい傷跡、かなり子犬に吸われた伸びたお乳。小さな体で一生懸命子犬を生み育てたのでしょう。これからはもうお腹も切ることはないし楽しく生きていきましょう。遠距離の搬送をして頂きましたS様、チョコママ様ありがとうございました。



2020-8-26追加
この様にお腹を切られ子犬を生まされている繁殖用母犬達。ある繁殖場の販売子犬の値段を見て唖然とした。

ポメラニアン「超々小型犬」575000円、チワワ328000円など。小型小型と小さい犬同士を掛け合わせて「ティーカッププードル」とか「ポケットサイズ」等小さい方が高額で売れると無理な繁殖をすることで内臓疾患、遺伝疾患を持って生まれてくる子犬も多くいます。小さくすると言う事は将来必ず体のどこかに無理が生じ疾患が出てきます。消費者側も知識を持って利口にならなければなりません。この現実を変えるのも皆様の意識にかかっています。

「命をお金で買わないでください」

[2020/08/25 14:32] | 多糖飼い崩壊&繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |