TopRSS管理
ベアちゃんのご支援
動脈管開存症の黒ポメ「ベアちゃん」にいつも医療費のご支援を頂いておりますT様。一時は咳が酷くなりお薬が増えてしまいましたが今はまた通常の生活をしております。

茨城のある場所の側溝に数匹の犬が捨てられていたその1匹のベアちゃん。お陰様で4月で1年が過ぎました。これからもお薬が切れませんがこの子の生命力に期待をして当会で命を繋いでまいります。いつもありがとうございます。



【預かりさんからのコメント】
最近は咳は出るものの、お散歩が大好きになり、朝一番の日課になりました。花の匂いを嗅いだり、見知らぬワンちゃんと挨拶したり、楽しんでいる気がします。あまり長い散歩ははぁはぁし始めてしまうので出来ないですが、それはベアちゃんもちゃんとわかっていて、帰りは抱っこということもままあります。獣医からは心臓は相変わらず良くないらしく、いつどうなってもおかしくないと言われています。暑さに弱く、心臓に悪いので、先日トリミングでかなりカットしてもらいました。


2020-5-14-3.jpg

2020-5-14-2.jpg

2020-5-14-1.jpg
[2020/05/15 05:53] | ベアちゃん基金 | page top
| ホーム |