TopRSS管理
乳呑児にありがとうございました
生後2日に母犬から引き離された臍の緒が付いた10匹の子犬達。当会で6匹の乳飲み子を引き受けました。茨城の団体様がセンターの管理をしながら車に乳呑児を乗せて哺乳をされていました。いつも一生懸命犬猫のお世話をして頂いていますのでせめて乳呑児だけでもこちらで引き受ければお仕事も楽になると思い協力させていただきました。

この1か月間、3時間おきの哺乳は正直大変でしたが皆すくすくとご支援いただきましたミルクを飲み、現在はドッグフードを柔らかくしたものに粉ミルクをかけて1日4回食べています。もう2キロ超えてコロコロです。

今回は22名のご家族様からご希望を頂き本当に感謝申し上げます。この子たちはオス犬なので飼育を間違えると「困った君」になってもいけませんので、かなり選考に時間と状況把握をさせて頂き、お見合いをさせて頂きました。「子犬は大変ですよ」という覚悟の上での「予約」をさせて頂き生後2か月になってから順番にご家族様の元へとお連れいたします。

6匹の子犬達を大切に育ててきました。どうかこの子たちの一生が幸せいっぱいであることを願っております。そしてどうぞ「お渡しして終わり」ではなく「お渡ししてからの付き合い」ですので今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。また多くのアンケートを頂きました皆様。今回はご縁が繋がりませんでしたが、きっと「家族を待っている子犬達」は沢山います「いなくならなければいけませんが」。どうぞ探してあげて下さい。

多くの方に心かけて頂きこの子たちは幸せです。しかし世の中には心無い飼い主が生まれた子犬を捨てたり、処分に保健所へ持ち込んだり。命をごみのように扱う人間がいるのも現実です。生まれないように「不妊手術」をして飼いましょう。このことに自治体はもっと力を注いでほしいと熱望します。今後この対策を多くの団体様と取り組んでまいります。皆様どうぞお力添えをお願い申し上げます。

[2020/05/12 09:24] | 生後間もない子犬達 | page top
| ホーム |