TopRSS管理
茨城のセンターは看取って下さっています
鼻を咬み切られた?老犬「ゴッホ」君が亡くなったそうです。どこからも引取りの声もなく通常でしたら、とっくに「処分対象」の子でした。お世話されていた方からの内部報告です。

世の中「コロナウイルス感染」で亡くなる方も出ている大変な時に「センターは隠れて犬を殺している」と今だ懲りずに無駄な行動をしている団体もありますが県庁も「人間の命優先で犬どころではない」のが現実でしょう。少しは空気を読むことも大切な事ではないでしょうか?しかしこのゴッホ君のような犬は処分されていないことをどう説明されるのでしょうか。私達はすべての犬を引取りする事は致しません。そうしたら反って犬達を不幸にすることになるからです。

犬は置き場所があれば大量になっても生かしておけば良いのだという思想はいかがなものでしょうか?犬という動物は「1匹ずつに愛情かけてもらえる飼い主の元で飼われることが幸せ」なのです。ですので多くの常識ある団体様は無差別に引き取ることは致しません。また最後を看取るのは「飼い主」であるはず。しかしながら無責任に放置、遺棄する飼い主が後を絶たずいるのも現実です。

昨日ある方からの電話がありました。「ヘルパーさんから相談があり高齢の身寄りがない方が施設に入るため飼っている15歳位のダックスを病院で安楽死させる」と言う事でした。ご本人は飼い主としての最後の責任を取る覚悟で決断されたのでしょう。センターなどに迷惑をかけることなく決断したことは、なかなかできる事ではないですがそれも大きな愛情と思いました。あと数年で一生を終えられたはずのダックスさん。でも飼い主との幸せな思い出を持ちながらこのような形で一生を閉じる事も、ある意味幸せだと思います。「命の尊厳」という言葉にはその犬の「生きる事」に対して人間がどこまで責任を持つことが出来るのかという事だと思います。無責任な人間の作った収容犬達。センターでは生かすために努力して下さっています。無差別な処分はしていないことを皆様に知っていただきたい。

「ゴッホ君」のお顔を見てあげて下さい。
センターから天国へと旅立ちました。
あにまるサポートきずな様から転載しました。
https://ameblo.jp/kizuna-st/entry-12593080862.html

[2020/04/29 15:47] | 動物収容センター | page top
| ホーム |