TopRSS管理
育てママさんありがとうございます
http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-2179.html

眼も開かない生後7日ぐらいの10匹の子犬達の預かり場所が見つからず、最後に残った6匹の赤ちゃんを当会で全部お引き受けすることにいたしました。命を繋ぐために手を上げて頂きました皆様、本当に有り難うございます。一応6匹の子を育てて頂けるご家族様が見つかりました。今後大変なお世話になると思いますが、健康に成長してくれることを祈っています。全部男の子。

しかし母犬を何とか捕まえないとまた出産してしまうので毎日現場にボランティアさん達が出向いています。最初の日は子犬の声を聞きつけて出てきましたが捕獲箱には入りませんでした、次の日は姿を現さず、今日もそこにはいないようです。母犬も可哀想です。我が子を産んだ場所の農家の方が取り上げてしまいセンターに依頼してきて委託会社の方が引取りに向かいました。以前でしたら乳呑児は処分の運命でしたが、現在は何とか生かす方向で努力して下さっています。

しかしセンターでは土日は職員もいないしウイークデーは夕方4時に終われば翌朝の9時ごろまでミルクも飲めません。それでセンターのお世話に行かれている方々が分散して保護されました。しかし3時間ごとの哺乳は仕事の合間にしなければならないのと、車の中に置いておかなければならない状態。小さな子犬には過酷な環境であり、委託会社の方も余りにもお気の毒なので当会で引き受けることにいたしました。成長過程は掲載してまいりますのでどうぞ皆様大きく成りましたら家族として迎えてあげて下さい。ママの顔も見られなかった悲運な子犬達です。1回の手術で野良犬も増える事はありません。今後も「不妊手術の必要性」を多くの方に周知していただく活動も合わせて行ってまいります。多くの皆様、小さな命に温かなお気持ちをありがとうございました。


[2020/04/09 17:38] | 生後間もない子犬達 | page top
| ホーム |