TopRSS管理
シーズー翡翠君の旅立ち
11年前にお婿入りしましたシーズーの翡翠君。大切にして頂き11日夜10時ごろお別れの時が来てしまったとご連絡を頂きました。先住のシーズー君のいらっしゃるご家族様の所で家族にして頂きました。今でも覚えておりますがトライアルの最初は2匹が余り仲良くとはいかず1週間目では「だめかもしれません」というご連絡を頂き2週間目に「まだ離れています」と言う事でした。「3週間やってみて下さい。きっと大丈夫になりますから」とお伝えしたところ「ソファーの端と端にはいますが前よりは進歩しました」と言う事で「譲渡」という運びになった経緯がありました。

2019-10-13.jpg

それから11年。やはり腎臓を悪くしN様は本当に良くケアーをして頂きここまで命を繋ぐことが出来ました。まだ悲しみの中にいらしてこのご報告をして頂く事が精一杯の状況でした。そして火葬を済ませたとの事ご報告いただきました。お言葉1つ1つの中に翡翠君をどれ程愛して下さっていたかが良く分かります。いつもハンサムだった翡翠君。N様長い間可愛がっていただき有難うございました。まだまだ「一緒にいたかった」というお気持ちは本当にそうですね。お別れの日が無ければと願う事は里親様の皆様が願っていらっしゃるお気持ちでしょう。でも残念ですが天国へ旅立たなければならない日が来てしまいます。頑張った翡翠君。沢山の思い出をお土産にきっと先に行ったお友達と楽しくお話をしていると思います。ご縁を繋いで頂きました事、心よりお礼言申し上げます。


[2019/10/14 05:10] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |