TopRSS管理
船橋で逃げているシーズーミックス
アルマ様のブログから転載いたします。
https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12490683145.html

※クリックすると拡大します
o0788108014492981119.jpg


当会にも同じところから保護した子達がいます。緊急に茨城のセンターから保護した子達は飼い主が認知症で頭数も把握していなかった。4月12日にセンターは満杯なために置き場所もなく団体様が来所され緊急引き取りされた中の1匹です。


崩壊現場からの子は皆、捕まえようとすると逃げます。矢張り「ハーネスだけは非常に危険」です。必ずWリード「首輪2本とリード2本、またはハーネスと首輪にそれぞれ2本のリードを付ける」。

当会から譲渡する犬達には里親様とお約束の条件です。皆様も再度ご確認ください。これは鉄則です。呼べば来るような子ならともかく逃げて行ってしまう性格の子たちは捕まりません。当会でもメロンちゃんは決まりました。オス犬の「コウ君」はトライアル中「要注意」、イチゴ、ピーチ、ピコはまだまだ油断できません。

アルマ様の子を見かけた方は呼んだり、追いかけることはしないでください。どんどん逃げてしまいます。全てのワンちゃんには、子犬であっても油断せず必ず「Wリード」で散歩を再度ご確認ください。雨の中早くに保護出来ますように。


2019-7-7追記
逃げてしまったシーズーハーフは今日午前11時に見つかったそうです。怪我もなく無事に保護出来たそうです。皆様、慣れてきた時に心に緩みが起き思いもしないことが起きています。今回は「W」リードは注意されていたのにハーネスに2本リードを付けていてハーネスが外れたそうです。それではWリードの意味が無かったですね。

当会も里親様にかなり厳しくお願いをしております。2度とこのような事が起きないように皆で気を付けましょう。
[2019/07/06 14:21] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |