TopRSS管理
大規模な保護団体の虐待
昨日の東京新聞に掲載された古河市のNPO団体が動物虐待で告発される記事が出ています。

2019-3-29-1.png


ここは以前から「酷い施設で犬達はごみの中に入れられ満足に世話もされていない。あそこに保護されたら死亡する」という話しは耳に入ってきていました。

自ら犬を繁殖しある媒体で「保護犬」として里親探しをし経費を請求しています。また小型犬は手術もせず募集をかけています。自分の犬とすると経費をもらえないために「保護犬」として掲載しています。

2月の初旬センターから指導が入り10匹の犬達が「指導引取り」されていますが本人は手離したくなかったようです。今センターは満杯状況にされていて「ある団体のせいで」とても100匹位いる犬を保護は出来ないと思います。以前にも水戸で「茨城県譲渡団体」だった愛護団体が「動物虐待」で訴えられ、施設は閉鎖されました。犬達はセンターに収容され愛護団体様に引き散られていきましたが今回は数が多くとてもセンターに保護は出来ないと思います。

このように非常事態が起きることがあります。だからこそ、その時にセンターで保護できるように収容頭数を維持しておかなければならないのです。「愛護ビジネス」として商売にしているような愛護団体は他にもあります。犬猫達のために活動をするのではなく自分の生活のために犬猫を利用するのです。愛護団体と名乗りこんな酷い事を平気でするような人間は「業者より悪辣」です。いつも被害を受けるのは弱い立場の犬猫達です。どうしたらいいのでしょうか?

またセンターには電話を絶対にしないでください。現在センター内の「殺処分」を攻撃し阻止している団体がいる中で職員の仕事が増えてしまい管理にも支障が起きています。さらなる迷惑が掛からないように皆様は常識ある判断をお願い申し上げます。
[2019/03/29 22:07] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム |