TopRSS管理
緊急 子犬 飼い主募集
茨城県の工場で飼い主が産ませてしまった子犬6匹。母犬は手術もせず工場の番犬として放し飼いされています。今まで生まれた子犬たちは捨てていたそうです。何回も生まれては捨てられる小さな命。

今回は飼い主を説得し残っているオス1、メス2匹を「しっぽの仲間」のSさんが引き取りました。この子たちは人懐こくニコニコと可愛いモフモフの子たちです。将来は大きめの中型犬になりそうですから「完全室内飼い」でなくとも「昼は外、夜または天候悪い時には玄関内にでも入れてくださる飼い方」でも応募受付いたします。

メス
2019-2-11-1.jpg

2019-2-11-2.jpg

2019-2-11-3.jpg


オス
2019-2-11-4.jpg

2019-2-11-5.jpg


飼い主が渡してしまったメス子犬3匹もどんな飼い主に渡したとか、また手術もしないで放し飼いしたら生まれてしまいます。どうか皆様、手術をすることを世の中の飼い主に啓発してください。そして今回捨てられる前に引き取ることが出来た3匹を責任をもって飼って頂ける里親様を求めています。2月17日「緑山譲渡会」に2匹を連れてこられますので会いにいらしてください。応募は当会のアンケートからお申込みください。子犬の条件は「生後6か月時に不妊、去勢手術を受ける、最後まで飼育していただくために里親様ご家族が60歳ぐらいまで、お留守番時間は4時間ぐらいまで、成犬時には室内室外両方可能」
[2019/02/11 09:35] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
| ホーム |