TopRSS管理
昨日引き取った子達
茨城県動物指導センターより2匹の期限が切れて飼い主が来なかった子達を連れてきました。台風でなかなか行かれずやっと引き取りに行く事が出来ました。

ベンジーのような元気な男の子。まだ若いようでリードにじゃれて咬んでいます。
それは今後止めさせるようにトレーニングしていきます。
2018-8-22-001.jpg


もう1匹のプードルさんはどうしてお迎えが来なかったのでしょう。洋服、ハーネスを付け、カットもされていました。甘えん坊さんですぐに「抱っこして」とせがんでいますが今シーズンが来ています。収容房には沢山の子達がニコニコと寄って来てくれました。この子達を今まで育てていた人間がどこかにいるはずなのにどうして迎えに来てあげないのでしょう。
2018-8-22-002.jpg


また医務室では衰弱の犬、猫、怪我をしている犬などを手厚く治療して下さっていました。少しずつ回復に向かっているとの事です。本来、センターとは「動物のために一番良い対応をしてあげる事」が優先されるべき場所だと思っています。今、茨城県では引き取りが難しい犬猫達が終の棲家になるかもしれない状態でも気持ちよく生活が出来るように職員の方々がお世話して下さっています。有難いです。


医務室で治療してもらっている「ラムネ」君。センターでは名前も付けてもらっています。小さくて大人しくて可愛い子です、当会でも引取ってあげたいと思いましたが譲渡が難しいようです。何とか快方に向かう事が出来るように祈っています。ラムネ君頑張れ。
2018-8-22-012.jpg

2018-8-22-011.jpg




次回引き取り予定のたれ耳さん。
2018-8-22-003.jpg

もう1匹の柴犬系の子も人懐こく職員に抱き付いていました。
2018-8-22-004.jpg

みんな幸せになりたいよね。
2018-8-22-005.jpg


また黒いダックス系の子があまりくさいのでとトリミングをしシャンプーをされていました。
2018-8-22-007.jpg
カブトムシのような臭いにおいで職員の方がシャンプーをしてくださっているワンちゃん。

2018-8-22-008.jpg

2018-8-22-009.jpg

2018-8-22-006.jpg

1匹1匹に出来る限りのお世話をしてくださっていて愛護団体としても1匹でも沢山引きとってあげたいという気持ちになります。次回引き取りの子も予約し戻ってきました。お預り人の皆様宜しくお願いいたします。
[2018/08/22 14:07] | 動物収容センター | page top
| ホーム |