TopRSS管理
茨城県のセンターヘ
29日はあいにくの雨。渋滞予報も出ている中10時にトリマーさんのみさりんさんと出発しました。やはり首都高速は全然動きません、その上あちこちで事故発生の情報。センターに着いたのは午後3時を回っていました。冗談で「いつ地震にあって、閉じ込められるかもしれないから、出かけるときは食べ物を持っていくのよ」なんて話していた後、車のラジオから「茨城県で地震がありました、津波の心配はありません」と言っているではありませんか。なんとも悪いことの予感が当たる私はびっくりです。

センターに到着し、長靴と白衣を着て収容房に入り外まで子犬の声が聞こえてきていましたから、今日も子犬がいっぱいいるのだろうと、覚悟してドアーを開けました。母犬が3か月位の5匹の子犬を守り吠えていました。20匹ぐらの子犬が入れられていましたが何組かの兄弟犬はまだ1か月位の子達でした。なんでこんなかわいい子を産ませて捨てるのでしょうか。消されていく子のお顔を見るのも毎回辛いです。

そして今日の予定していた子たちにご対面。耳たれチャンは職員に甘えていて、「この子はいい子ですよ」と職員の方たちもお別れを惜しんでいました。もう1匹の白い子は「こんにちわ?」と声をかけると、緊張したようなお顔でしたがすぐに尾を振ってくれました。ケージに入れてもおとなしく乗って来ました。それから気になっていた子を探しましたが、見つかりません。この子かな?と思った子を予約しましたが、結局気にしていた子ではなかったのですが、代わりに助けられた子ですから、なんとか期限まで病気にかからず、元気でいてほしいと願うばかりです。帰りは6時半に病院に着きました。診察を終えて今日の1日は終了いたしましたが、あー、やはり遠いですねー。でも頑張って2万名の署名「今現在16300名」を早く集めて不妊去勢手術を普及させなければと切望しています。運転して下さった、みさりんさん、ありがとうございました。



[2009/05/30 16:25] | 動物収容センター | page top
| ホーム |