TopRSS管理
茨城県殺処分数激減
29年度、茨城県動物指導センター
「笠間市」に収容された犬1325匹「譲渡828匹、飼い主返還122匹」
猫1758匹「譲渡1281匹」。犬は44%減。猫77%減となった。

今まで17年―24年の8年間は処分頭数ワースト1.25年―27年でもワースト2という不名誉なことになっていた。そこでこの汚名を何とか返上しよと県の条例が成立し施行された。愛護団体に生活用品補助金「フード、首輪、ペットシーツ代など」の支給を始めたり、手術券の発行等県として出来る限りの支援を考えて下さいました。そうした中で県民の意識が変わり年々処分頭数が減少した。県民の意識が変わることが一番の効果がある事と当会も納得します。

また現在収容犬の不妊去勢手術実施、ワクチン、フィラリア検査「予防、治療も含む」、病気治療等を行い「真の生かす施設」として改善されました。これは全国に先駆けて賞賛に値するセンターとして認めます。そして今どこのセンターも子猫の収容が最盛期。茨城県のセンターも1か月に350匹もの子猫が収容されます。今まででしたら処分されて来た乳飲み子なども愛護団体が引き取りに来れるまで職員自ら自宅まで連れ帰り哺乳し命を繋いで下さっています。

神奈川、東京都に比べまだまだ収容頭数が多い中、職員を始め県が一体となり「命を繋ぐ」事業を推進しています。頭数が多くとも職員の動物に対する愛情の如何によってこのように上手く「譲渡事業」が推進されています。その姿勢を見て多くの団体様も協力しようという意識が強くなるのです。愛護団体の意見も真摯に受け止めて頂いておりますがさらに良いセンター、自治体として進歩していただくよう私達愛護団体も協力体制で応援したいと思います。

産経ニュース5月19日号より
[2018/05/25 20:02] | 動物収容センター | page top
| ホーム |