TopRSS管理
緊急支援お願いします
茨城県で飼い主が17日に死亡。50匹にまで増やされて残された犬達は庭の囲いの中でエサもなくがりがりに痩せて弱った犬を共食いしたり地獄のような場所になっています。土手の上に上がって下を見なければ外からは見えない場所。すでに5匹の犬の死体が放置されていて内臓もなっているイヌもいるそうです。

エサをばらまいたところ一斉に群がり喧嘩が始まり弱っていたメス犬を多くの犬達が襲い掛かり、音を出しても攻撃を止めずついに目の前でその犬は咬み殺されてしまったと書かれています。

「LIFEの会」様がフード、毛布などの支援を緊急にお願いをしています。皆さまここの犬達を助けてあげて下さい。「LIFEの会」様のブログに現場の様子が出ています。またまた悲惨な多頭崩壊が起きてしまいました。
https://blogs.yahoo.co.jp/meru331201

支援の送り先。

〒311-1301 

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8227-3
ヤマト運輸 茨城大洗センター
電話 0570-200-000
LIFE


犬達は食べるものもなく終いには共食いが始まります。何とか出来ないのでしょうか?手術もしないで飼育し多頭崩壊になり犠牲になるのはいつも動物です。雨が降ればずぶぬれ。とりあえず食べる物、寒いので毛布などを送ってあげて下さい。


追記
フード「安いもので構いません」、首輪「中型犬用」。鎖、リード、毛布。緊急事例なので早急に動かないと犬達がもう3週間ぐらい飢餓状態で死んだ犬の遺体も転がっています。地獄絵図です。センターにもとりあえず半分でも保護してもらうように働きますが県庁の衛生課に相談した方がいても無理だったとか。どこの地域でもこれから起こるこのような無責任な飼い主が増えています。飼主は死んでしまえばそれでいいでしょうが残された犬達は誰かが手を差し伸べなければ共食いするしかないのです。こんなことが「殺処分0」と言っている日本で起きている現実です。ただ誰でもいいからもらってくださいと言う形は行いません。愛護団体が協力しセンターに入れた犬達を引き取る形で解決したいと思います。


「飢餓状態の犬のフード支援」

飢餓状態で共食いまで起きている犬達に全国から沢山のフードが届きました。今お陰様で倉庫に置けないほどのフードが届き犬達はお腹いっぱい食べられたことで顔つきも穏やかになりました。そこでLIFEの会様宛のご支援を一時中止させてください。しかしこの場所の犬達は順次「茨城県動物保護センター」に少しずつ収容していきますのでセンターの方にご支援いただけましたら有難いです。

〒309-1606茨城県笠間市日沢47、茨城県動物指導センター宛て。
ウイークデーの4時ごろまでに着くようご配慮お願い申し上げます。
皆さまの暖かなお気持ちを感謝申し上げます。
[2018/03/04 08:39] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |