TopRSS管理
いなくなった繁殖業者
犬を置いて廃業し業者はいなくなってしまいました。残された繁殖場の犬達。大阪の団体様からのSOSです。犬種は「柴犬」「ジャーマンピンシャー」「イタグレ」「ミニチュアプードル」の中型犬です。

しかし当会もお預り人がいないため救ってあげられません。お預かり協力可能な方は当会のアドレスからお申込みを頂ければと思います。



2018-2-27-003.jpg


2018-2-27-001.jpg


2018-2-27-002.jpg

2018-2-27-004.jpg


現在茨城からも柴犬を助け出しますがお預かり場所が無くなったため探している状態なのでここの子達は救えません。無責任な人間がこうして不幸な運命の犬達を増やしています。いくら救っても「子犬子猫をショップで買う人」がいる限りこの悪の連鎖は終わりません。あちこちで繁殖場が潰れて行っています。「命をお金に変える」こんな仕事がのさばる社会はいつか衰退していくと思います。


2018-3-1追記
繁殖場崩壊の犬達に応募される方は下記事項を了承の上でお願いいたします。

① 繁殖は出来ません。全て手術が済んでからのお渡しになります「一部経費はご負担ください」

② 血統書はありません。再度それを悪用し犬達を繁殖用に引き取る業者もいる事から血統書はありませんがあったとしてもお渡しは出来ません。

③ 繁殖場の子は社会から孤立した環境で生かされてきました。トイレトレーニング、散歩もできません。そこも1から時間をかけてしつけをして頂ける覚悟が必要です。

今回「ピンシャー」のでメスで応募頂きました方は「血統書が欲しい、手術はこちらでする」というようなお話ですから申し訳ございませんが関係者には引き継ぐことはご辞退申し上げます。今までさんざん繁殖に使われ再度そのような事に使うための応募は受付いたしません。


2018-3-4追記
16匹の犬達は全頭愛護団体が手分けし助け出されました。ご心配ありがとうございました。それぞれの団体様が里親募集をしていく事になります。
[2018/02/28 06:41] | 保護、団体関連 | page top
| ホーム |