TopRSS管理
群馬県のセンターから

28日雨の中放棄されたシーズーの女の子が到着しました。まだ若い子ですが角膜潰瘍があり早速先生が治療をして下さいました。北関東の栃木、群馬はどうしてでしょうか?シーズーが多く収容されてきます。向こうの愛護団体さんだけでは助けられないほどの数だそうで今回もレスキューの依頼がありました。団体同士連携をし命を守っていきます。

可愛い子ですからケアーが終わるまでスタッフの所でお預かりしていただきます。また今日男の子のシーズーも来る予定でしたがもう1週間センターでワクチンをして経過観察後引き出しをして頂くため延期になりました。どこの子達にもどうぞ皆さまの温かいお気持ちを届けてあげて下さい。助けた以上は良いご縁に繋げてあげたいと思います。

2017-10-29-001.jpg


2017-10-29-002.jpg
[2017/10/29 13:40] | 動物収容センター | page top
| ホーム |