TopRSS管理
玉林市の犬肉祭りは開催
マークチンさんが玉林市政治局長、警察署長の声明で
「いくつかの動物保護団体が主張しているような
祭り期間中の犬肉販売禁止措置は存在しない」とのこと。
犬肉業者20人以上と話し「犬肉販売禁止」は誰1人として把握していなかった。
やはり「犬肉祭り」は開催されるそうです。
2000匹の犬が肉にされるそうで
1000匹もの犬を置いている業者は輸送の準備に入っているそうです。

40時間以上もトラックに押し込まれ
「そんな長時間はかかったら死んでしまうのではないか?」と聞くと
「死ぬ犬もいる。着いた時に死んでしまうのもいる」と
業者は心痛めることなく吐き捨てる言葉。

すでに食堂は注文を取り始めている。
犬肉業者の横に置かれている口を縛ってある袋を開けると
小さな子犬、小型犬が入っていた。盗まれてきた犬もいる。
殺される寸前まで尾を振り人間を信頼している気持ちを思うと心が潰れそうです。

まだ生きている犬をつるして尾から皮を剥いでいる。
泣き叫び助けを求めている犬達。
本当に地獄のような悪魔の人間がここには存在する。
あの情報は何だったのだろうか。
完全廃止とはいかなくともせめてその期間犬達を殺さないでほしいと願った多くの皆様。
何とか止めさせる手段はないものなのでしょうか。
皆様の安堵した気持ちを逆なでするような情報が発信されています。

「ももこ姫様」のブログ参照。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12278315714.html



[2017/05/29 17:38] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |