TopRSS管理
最後まで守ってくださった里親様
保護犬をお願いする時とは年月が過ぎる間に
いろいろな生活環境が変わってしまう事も当然だと思います。
15年前ある娘さんから「犬を飼いたい」というお申込みを頂きました。
丁度東京都の世田谷センターに処分になる1匹の6-7か月のミックス犬の男の子がいました。
その子をK様と一緒にセンターに向かい引き取りました。
「トム」と名付けて頂き可愛がられていましたが
その後お父様も亡くなり仕事で遅くなるK様はご近所から
「1日誰もいない家に犬を置くのは酷い」という張り紙までされました。
悩まれて、相談を受けました。
そこで仕事に近い東京にマンション「ペット可」を借りることになりました。
引っ越し先が決まるまで動物病院に預け
当日はタクシーでトムをお迎えに来て一緒に新居に引っ越しされました。

そのトムが昨日亡くなりましたと涙声でお電話下さいました。
「一緒に寝ていて気が付いたら亡くなっていた。
最後気が付いてあげられなかった」と後悔されていいましたが
「気が付かないほどに安心して静かに天国へ旅立ったのでしょう。
きっと感謝していたと思いますよ」と申し上げました。

心臓、腎臓も悪くなり点滴にも通い、バギーに乗せて公園まで散歩に行ったそうです。
その晩お別れになるとは思わなかったそうです。
このように大変な生活環境の変化が起きても
最後まで1匹の犬の生涯を守ってくださったK様には本当にお礼申し上げます。
トム君の16年の生涯は幸せでした。
どうぞ悲しまないで下さい。
トム君は立派に一生を終えて行ったのですから「おめでとう」と褒めてあげて下さい。
町田から中央区までこの子を抱え長い間、守ってくださって本当にありがとうございました。
[2017/02/18 19:59] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |