TopRSS管理
玉林市犬肉祭りに進展
毎年6月の夏至の日に1週間行われる地獄の祭り「玉林市犬肉祭り」廃止に
多くの皆様が署名をしていただき、当会からも2回に渡り玉林市長あて、
中国大使館宛てに署名を郵送いたしました。
しかし何の進展もなく昨年もこの地獄のような祭りは開催され
1万頭もの犬猫が虐待され「生きたまま茹でられる、バーナーで焼き殺される、
小型犬はナイフで袋に入れられたまま刺殺される、生きたまま皮をはがされる、
首つりさせられ撲殺されるなど」祭りで肉として食される
怖ろしい行事が行われてしまいました。

今年は日系の活動家マーク、チンさんが初めて
「玉林市政府、外交担当部署」と話し合いを持つことが出来ました。
世界中からこの祭りに対して「憎しみを抱いている」事を伝えました。
マークさんは「今後は政府と協力してこの現状を変えていく事が
唯一の解決方と信じている」事を話されました。
政府はマークさんの団体と協力することに同意しました。
今年の祭りには「やはり開催?」犬達を搬送するトラックが玉林市に入る際、
止めてマイクロチップの確認をさせてほしいとの要望をマークさんは提出。
2月に2回目の会議を予定しこれにはアメリカの犬肉問題に前向きな
ヘイスティング議員も同行していただく予定だそうです。

犬達は飼い主から盗まれ食肉用に売られているケースがとても多いのが現状です。
そしてマークさんはこの後、
再度韓国に戻り「犬肉市場」から助け出された1匹の犬からマイクロチップで飼い主が判明。
1年以上前に盗まれたこのシェパードは繁殖に使われ
今回肉にされるために処理場に送られ危機一髪のところを助け出されました。
マークさんが飼い主に電話をすると飼い主の方は電話口で泣き出したそうです。
なんとも嬉しいようなまた他にもそのような子がいたのではないかと言う
悲しい思いが交差してしまいます。
飼い主と再会したこのシェパードさんは大喜びで
飼い主と再会でき尾を振りお迎えの車に乗っていきました。
本当に犬は「感情のある動物」であり一番人間と心の交流が出来る動物なのです。

今後マーク、チンさんお活動に期待をし何とかこの野蛮な祭りを阻止できるように
当会では今年も「玉林市犬肉祭り廃止」の署名を集めたいと思います。
どうぞ皆さま再度のご協力をお願い致します。
後日署名用紙を掲載いたしますのでプリント、又はご依頼があれば
当会から郵送いたしますのでお申込みください。
皆様のお気持ちは必ず届きます。届けなければならないと思って活動いたします。
それも「中国の愛すべき友である犬達」を救う唯一の方法なのです。
この切な思いが必ず叶いますように。

追伸「ももこひめ様ブログより」
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12241793259.html

[2017/01/29 17:23] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |