TopRSS管理
繁殖場から
最近高齢の繁殖業者が病気や廃業が増えてきました。
そうなった時に犬猫達は世話もされず糞の山の中に放置され最悪餓死したりしています。
繁殖業者は犬猫の命は全て「金儲け」のため。
何度も無理な繁殖をさせられた親犬達は「犬の引き取り屋」という陰の業者に引き取られ、
まだ繁殖に使える子達は再度売られていきボロボロになるまで産まされます。
病犬、老犬はケアーもされず死を待つのみ。
たった10数年の生涯を小さなワイヤーケージに入れられ
外を思い切り走ることも出来ず一生を終えて行きます。
それは「店頭にいる子犬子猫を買う人がいる」からこの悪商売は終わらないのです。
日本中で「殺処分0」がいくら公言されても
陰で市場から2万5000頭もの小さな命が消えています。
この子達はどこに行ったのでしょう。
売れ残った子犬子猫は陰の業者が処分したり、
繁殖業者が遺棄したり殺したりし消されていきます。
市場に溢れるほどの「余剰動物」が蔓延しているからです。
この現実を皆様はいかがお考えでしょうか?

昨晩、姫路から運ばれてきた2匹の子達を当会で引き取りました。
シーズー「メス、5歳ぐらい」本当におとなしい、いい子です。
お腹を見ると何度も出産させられた為、お乳が腫れています。
2017-1-29-002.jpg

マルチーズ「メス、5歳前後」この子も人懐こく可愛い子です。
ケージにはもう入りたくないのか「だしてー」と泣いていました。
2017-1-29-001.jpg

これからケアーをし「里親様募集」をしていきます。
この子たちが今まで辛い思いをさせられた日々を忘れ
楽しい生活をさせていただけるご家族様を探したいと思います。
2月19日「緑山譲渡会」に参加いたします。
夜8時過ぎまで運搬していただきましたWチョコママさんありがとうございました。

[2017/01/29 17:16] | 繁殖店廃業&悪徳ブリーダーからのレスキュー | page top
| ホーム |