TopRSS管理
日本国内への犬肉輸入を即時禁止に
残酷な殺され方をされる犬達の肉が中国から日本に輸入されてきています。
即時「輸入禁止」を一生懸命訴えていらっしゃる神野様に、
犬肉メニューを出している店が多い名古屋市、
神奈川県への訴えに対し2カ所から同じようなお決まりの返答がありました。

「虐待される中国の犬達」「6割は飼い主から盗まれて肉にされ売られる飼い犬」が、
動物虐待、犯罪になっていても日本の法律では「違法」ではないと言うお決まりの言葉です。
そうかもしれないけれど明らかに日本での犬達猫達への対応は「家族」であり「食物」ではないはず。
「今の法律では輸入禁止にできない」ならどうしたら出来るようになるかを自治体は考えてほしい。
最初から「出来ない」と言う考えでは先に進むことは出来ません。
国外でどんな扱いをしていても審査に通れば
「肉」としてペットの犬猫まで取引をしてもいいと言うのはおかしいでしょう。
犬肉取引が中止になれば中国で殺される膨大な数の犬達は減るでしょう。
まして最近は「ペット用繁殖場」の繁殖犬、売れ残った子犬、
迷子の犬達まで犬種、成犬、子犬に区別なく生きたまま茹でられたり、
首つりさせ叩き殺したり、バーナーで焼き殺すなど
非人道的扱いをしている国からの輸入を許可している日本政府も
犯罪に加担している事と同じです。
「殺処分0」と唱えているのであれば「動物愛護」の観点からも
「犬肉輸入禁止」に動くべきだと思います。
歯がゆい対応しかできない日本政府には何度も抗議をしていく必要があります。




名古屋市からの回答 ←←クリック



神奈川県からの回答 ←←クリック

[2016/08/03 14:44] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |