TopRSS管理
都知事の殺処分0と言う事は?
選挙公約に「殺処分0」も挙げて戦った今回の知事選挙。
「ペットの殺処分0」と言う事は簡単です。
しかしその言葉の裏側にはどのような困難と動物にとって
真の幸福をもたらす結果にはならないこともご理解をして話されていたのかは疑問です。

「殺処分0」に反対する人はまずいないでしょう。
しかしそのことを実践したK県では飼い主からの放棄犬猫が増えてしまった。
それも無責任に飼いきれないほどの頭数にまで増やしてしまい
「処分されないなら」と言う気持ちでセンターに放棄申請をしてくる。
そうなることは目に見えていた事。

真の「殺処分0」を公言するのであればまず「繁殖場の制限」をするべきです。
日本全国で子犬子猫が売られるために生まされ、
余剰動物「売れ残りなど」がコンビニのおにぎりのように陰で処分され、
繁殖に使われた親犬、親猫達は
「引き取り屋」と言うブラック業者に引き取られ再度売られていったり、
引き取られた場所で病気になっても放置され生き地獄の一生を終えて行く。

また自治体の収容房に置かれている犬猫を
「殺処分0」と言う事でセンターでは処分が出来なくなったため
目も開いていない乳飲み子の子猫でも
愛護団体が引き取らなければ息絶えるまで置かれることになる。
また事故病気で苦しんでいる動物を1分でも早く楽にしてあげることも出来ず
愛護団体が引き取り最期を看取る事も有る。
これは「殺処分0」と言う言葉だけが光り輝きその裏で
どれだけの問題を抱えているかを熟知しているのだろうか。

この公約を底辺から改造していくものでなければ
「殺処分0」は無責任な飼い主を増やす手助けになってしまう。
業者の犬猫を引き取らないことになった結果
どれだけの過酷な運命を強いられる動物が増えた事だろう。

「引き取り拒否」するとどうなるかは初めから分かる事。
目の前にあることだけを解決しても結局、何の解決にはならないことは少し考えればわかる事。
「飼い主放棄0」に舵取しなければ「殺処分0」は意味がない言葉ではないだろうか。
選挙のためだけのパフォーマンスではなく公約した以上中途半端な改革はしないでほしい。
「オリンピックまでに処分を0」にと言っていた方がいました。
その言葉だけが独り歩きしない事を願います。
[2016/08/01 07:20] | 行政関連 | page top
| ホーム |