TopRSS管理
中国政府が少しの進展
玉林市犬肉祭りが残念ですが21日から10日間開催されています。
今年は非難の声がかなり政府にも圧力がかかったらしく
「祭りの縮小」「祭りの中止」などに動いてきたようです。
そして犬肉レストランは昨年と比べ客足も少なく悲鳴を上げたそうです「当然の成り行きです」。

そして「犬肉」をメニューから消した店も出たようです。
しかし今年も拷問され殺された犬猫達はいます。
そんな中、愛護団体などが祭り用に用意されて
屠殺場に運ばれる運命の犬達を1000匹助け出しました。
犬達は今まで拷問されたりし、かなりの恐怖の中で生きていました。
でもそんな人間への恐怖も「この人は助けてくれる」と言う事が分かり
尾を振ってくれると言う記事を見て、何と純粋な犬達なのかと泣けてしまいます。
叩かれ顔が腫れ上がっていたり病気の犬達も多く
HISに助けられた犬達は病院に運ばれ治療をされ食事を与えられ安堵の様子だそうです。
立つことも出来なような小さな汚い檻に数頭ずつ詰め込まれ
トラックから運び出された犬達の画像を見て本当に可哀想でなりません。
画像を見て思わず犬達を撫でてしまいました。
中にはいかにも飼い犬が盗まれたと思える首輪がついている犬達も多く
犯罪を政府は見過ごしています。
来年こそこの「地獄祭り」である「犬肉祭り廃止」にできるよう
さらに大使館への要望を続けてい行きます。

そして23日に「楊さん支援金第2便」を振り込みました。
助け出した犬達の生活費の足しに出来るようこれからも
皆様からご支援いただきました支援金を送ります。
詳細は「ももこひめ」様のブログ中の
「犬肉業者の金儲けのために仕立てられた地獄祭りを終わらせる動き。。。」を見て下さい。
http://ameblo.jp/momokohime7/page-2.html


助け出された犬達の安堵した可愛いお顔が
せめても心痛めている皆様の張りつめた思いが少し癒されることと思います。
中国の方々も犬達は「食用」ではなく「伴侶動物」であると言う意識が
浸透していくには時間がかかると思いますが明らかに昨年とは違う動きが出てきました。
それも皆様の遠い国にいる犬猫達への愛情の賜物です。
きっとその気持ちがいつの日か達成できることを信じています。

[2016/06/25 16:15] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |