TopRSS管理
どこの国の繁殖場もひどすぎる
日本では「改正動物保護法」で繁殖業者の犬猫は
自治体が引き取り拒否が出来るようになりました。
「終生飼養」を義務付けていますが
業者はそんなエサ代がかかるだけの犬猫を最後まで飼うはずがありません。
そこに目を付けた悪質な「犬の引き取り屋」と言う新商法が現れました。
朝日新聞で2015年3月24日朝刊で掲載されたパピヨンが
今回入手した写真では金網の上で生きてはいるが糞の山の中でうずくまっている姿。
皮膚病になり治療もされていない。爪も伸び毛玉だらけ。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ohtamasahiko/20160516-00053862/

なかには精神疾患になり常動行動をする犬、眼球が飛び出してしまった犬など、
繁殖業者は処分のはけ口が無くなったために売れ残った子犬、
繁殖リタイヤー犬などをお金を払い「引き取屋」に渡す。
しかしその子達は一生「生かされている」だけで
死ぬまで地獄のような日々を送ることになります。
このような「引き取り屋」と言う商売を行政は強く規制することもなく、
劣悪業者と同じに廃業まで持って行かれない。
犬150匹、猫20匹は掃除もされていない施設に置かれていたが、
連絡してからセンターの職員が行くため
「掃除もきれいにしていて問題はなかった」とのこと。
しかし愛護団体が今年5月12日に栃木県に訴え「動物愛護法違反」で送検されたそうです。

また韓国でも「ペットブーム」で子犬工場の悲惨な現実が
「ももこ姫様」のブログに書かれています。

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12161731371.html

もう言葉にすることも気がめいってしまう酷さです。
何度も子犬を産まされ、獣医でもない業者が自分で「帝王切開」をして子犬を取り上げ
「育ての親」の犬に渡し、お腹を切られた犬は次の繁殖に使われる。
そして最後は「食肉用」に出してしまうと書かれていました。
「心がある動物」の犬達にこんなひどい仕打ちをして良いはずはありません。
食肉用の犬の中にシーズー、シュナウザー、ゴールデン、ハスキー、プードルなどの犬が
混ざっているのはどうしてかと思っていましたが分かりました。
このようなルートで出されていたんですね。
中国も韓国も「家族である犬」を物のように残酷に扱い
何のためらいもなく食べるとは犠牲になっている犬達は日本もアジア諸国も同じです。
どうしたらこのような悲劇を終わらせることが出来るのでしょうか。
辛い思いをさせられている犬達。いくら頑張っても助けてあげられない。
せめて日本の繁殖業者を1カ所でも廃業に持って行き将来は
「店頭販売禁止」「繁殖場絶滅」になるよう活動していきます。
皆様は「ペットショップ」で犬猫を買わない事。
お願いします。

[2016/05/20 23:00] | お知らせ お願い お礼等 | page top
| ホーム |