TopRSS管理
5匹の引き取り
12月になり今年最後の引き取りになるかもしれないと茨城に向かいました。
予定していたチワワ3匹「被災犬と収容犬」。
そしてこの子達を車に乗せて考えました。
センターの中にいる子犬6匹が
母の温かい背中に皆乗って寝ている姿は本当に哀れに思いました。
寒さから母親のぬくもりに安心して眠っています。
しかし母犬はエサも満足に食べられず、
子育ての疲れからあばら骨も出るほどにやせ細り
このままでは母犬の方が弱ってしまう姿です。
目の開かない子犬6匹が先に収容されてきて
次の日母犬が捕獲され親子は再開できました。
普通は目の開かない子犬はすぐに処分されますが、
職員の方の思いやりの心で「譲渡用にする」と言う決断をされて
1か月親子は置いてもらえました。
子犬たちは丸々太り健康優良児。
そこで2匹でも減れば母犬の負担も減ると考え引き取りました。
2015-12-18-001.jpg

まだセンターには4匹の小犬とママは生きています。
子犬たちは緊急で里親様を募集します。
白い子「オス」体重1,4キロ、
2015-12-18-003.jpg


茶色の子「メス」体重1、6キロ。
2015-12-18-002.jpg

とても可愛い子です。

2015-12-18a-004.jpg


2015-12-18a-006.jpg

2015-12-18a-005.jpg

飼い主申込は当会HP「飼い主申込」ページよりお進み下さい。


2015-12-18追記
センターに残されている母犬と4匹の子犬達は2団体様の協力で助けることが出来ました。引き出してくださった茨城の団体様のS様、親子の保護をしてくださいます鎌倉の団体様のK様、命の連携レスキューを有難うございました。こちらにいる2匹の兄弟たちとともにすくすくと大きくなってもらえるよう願います。
[2015/12/18 06:50] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集 | page top
| ホーム |