TopRSS管理
2万名署名の中間報告
皆様にご協力して頂いております茨城県においての子犬、子猫の殺処分数を減らすために不妊、去勢手術の補助金を県から出して頂けるようにする為の署名数は2240名程が集まりました。期限は設けておりおりませんのでどうぞ2万名に到達するまでご協力お願い致します。

9月に茨城県知事と茨城県健福祉部長宛に下記のような要望書を提出いたしました。
①不妊去勢手術に補助金を出すこと。子犬子猫を殺処分に持ってきた飼い主に手術を確約すること。しなければ子犬子猫の引き取りはしないこと。

②センター収容犬猫の譲渡予定動物にワクチン接種をすること。

③広報を通じ不妊手術の必要性と適正飼育「放し飼いの禁止,登録狂犬病予防接種の実施,首輪をつけ鑑札を装着すること」を繰り返しPRすること

の3件を要望いたしました。

しかし期限の9月30日を過ぎても何の返答はありません。此方から電話をした結果「確かに受け取っていますがもう少し待ってください」との回答。今までどこの自治体も必ず期限の日にちまでには何らかの返答を頂きました。しかし茨城県は団体連名の要望書にも無視をされました。また再度連絡をとってみます。詳しくは後日お知らせ致します。
[2008/10/06 17:24] | 行政関連 | page top
| ホーム |