TopRSS管理
韓国のキムさんが訴えられています
とんでもないニュースが入ってきました。
韓国の犬肉レストランの店主が活動家キムさんを
「犬を盗んだ」と窃盗罪で訴えました。

この店は犬の首にひもを付け木にぶら下げています。
この写真は以前にも閲覧し人間としてこのような虐待をする人間に怒りを感じました。
キムさんも同じように思い2匹の子犬を助けたのでしょう。
英語でも通じるそうです署名だけでなく意見も書いてくださいとのことを
「ももこひめ」様ブログで書かれています。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12059233083.html

訴えを取り下げるよう多くの方の非難の声を上げてください。
今回日本はいかに動物に対して関心のある人が少ないと感じました。
中国の「犬肉祭り」の事もメディアは殆ど無視、芸能人たちは現実も知らないでコメントをする。
一時的に「可哀想ね」だけでは永久に犬猫の苦しみは無くなりません。

先日ライオンのセシルが人間の趣味の猛獣狩りで虐殺され皮をはがされ首を切断されていた
ニュースにアメリカでは抗議のデモが起き、メディアでも大きく取り上げ
あのエンパイア―ステートビルにセシルの姿が映し出されました。
動物を殺すことに何の敬意の気持ちもなく尊厳もなく、ただ商売のために殺す。
中国も、韓国も同じこと。中国ではそれも多くは飼い主から盗んだ犬猫であるのです。

日本の「繁殖業者」の酷い扱いもありますが、
生きたまま鍋で茹でる、口を縛ったままバーナーで焼き殺す、
圧力鍋に猫を入れて煮る、生きたまま料理するなど苦痛を与えれば、
せめても日本ではこのような虐待に対し犯罪として罪に問われます。
「食するために殺されている犬猫」より
「食べるためではなく処分される繁殖場の犬猫のほうが非難するべき」と言われている
ある愛護活動家がいらっしゃいますが、比べるべきレベルではありません。
身動きが出来ないぐらいに押し込まれている中国の犬の姿は
繁殖場の犬と同じとも言われています。

しかし繁殖場は最低限エサ、水は与えていますが中国の犬猫は水もエサも与えられず
運搬の途中で衰弱死したり、肉にされるまで狭い檻に入れられたまま放置され、
精神的肉体的虐待をされています。
どれだけ苦しいことでしょう。苦痛で絶叫する犬猫の声を聞いても
何も感じない人間の精神状態のほうが異常です。
毎日苦痛を与えられ虐殺されている犬猫を世界中から非難の声を上げていき1日でも早く
このような残酷な「犬食、猫食」を止めるようにしていかなければいけないのではないでしょうか?

日本の繁殖場崩壊には多くの愛護団体が入りレスキューしています。
しかし韓国、中国では反対に助けている愛護活動家、
愛護団体が非難されたり訴えられることはやり場のない怒りを感じています。
どうしてこのように非難されているのかを中国、韓国は考えなければいけません。

今後この「犬肉食」の廃止に向けて
多くの方に現実を知っていただくことを活動してまいります。
どうぞ皆様、風化することなく「犬食」廃止まで見守ってください。
1人の力が大きな動きになっていきます。諦めないでください。


署名は「ももこひめ」様のブログに掲載されていますので
ご協力と「拡散」お願いいたします。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12059233083.html


[2015/08/08 20:50] | 中国犬肉祭り韓国食用犬肉虐殺 | page top
| ホーム |