TopRSS管理
この現実を知ってください
高知県ケーブルテレビで高知県小動物管理センターの実情が放映されているものがあります。
飼い主に裏切られ明日はガス室行きの犬たちの顔を
多くの方に見ていただき飼い主の心に届けばとの趣旨の物です。

http://tanabe-animal.jp/publics/index/68/


高知県では22年度6669匹の犬猫達が苦しいガスで命を絶たれました。
心痛める放棄の1匹の老犬の姿。
大部屋に入れられ他の犬に押されヨロヨロと倒れてしまった子。
ガス室の中の画像にも倒れ掛かっている姿が映っています。
せめて麻酔薬で眠らせてあげてほしかった。

日本全国で毎日行われている「無責任な飼い主がさせている残酷行為」。
皆様はこの画像をご覧になりどのように感じられましたか?
助けても助けても後を絶たない無責任な人間が棄てる動物たちの命。
高知県では飼い主が「処分してくれ」と放棄した犬猫、
または乳飲み子の子猫たちは即日処分されています。
頭数が多すぎてセンターでは管理ができないのです。

私は遠い地域のセンターまで助けに行く事は出来ません。
せめて東京からそのような県に要望をしていくことしか出来ません。
どこの県の子も、どんな子も同じように大切な命。
どの子も同じように救ってあげたい。
しかしそれは叶わぬ現実です。
「不幸な命を産ませない」ためにも手術を受けさせることが
どれだけ大切な事かを多くの飼い主は自覚しなければなりません。
このケーブルテレビをご覧になり1人でも心に止めていただけた方がいらっしゃる事を願います。

http://tanabe-animal.jp/publics/index/68/

[2015/04/13 16:34] | 動物収容センター | page top
| ホーム |